毎日映画コンクール

京都をこじらせて(映画『魔女見習いをさがして』感想)



京都を、こじらせている。

京都をこじらせていることを、本当はだれにも言いたくないくらい、真剣に、深刻に、シリアスに、私は京都をこじらせている。

これは映画『魔女見習いをさがして』の感想文で、だから本当は私が京都をこじらせている話も、この素敵な映画に出会わせてくれたアフロのおっちゃんの話も、するつもりはなかった。

長くなっちゃうから。

でも考え直して、やっぱり書くことにした。

だっても

もっとみる
もしよかったら、感想もきかせてね。
70

受賞ラッシュ!【罪の声】

罪の声から、またもや受賞が!

毎日映画コンクールの始まりは、 1946 年(昭和 21 年)。
日本の映画産業の振興に寄与し、国民に映画の楽しさを広く 伝えることを目的に、毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社によって創設された国内最高峰の映画賞です。
演技、作品以外にも 幅広い部門を設けていることが特徴となっています。

そんな中での、宇野祥平さんの受賞!
そして、梶芽衣子さんの受賞!!
どちらも

もっとみる
スキありがとう!嬉しいです!!
3

第75回毎日映画コンクール結果発表!鬼滅やヴァイオレットを抑えてあの映画がアニメーション賞受賞

こんにちは。
アニメ映画ライターのネジムラ89です。

今年も第75回(2020年)毎日映画コンクールの結果が発表されました!
この賞がどんなすごい賞かが分かる去年の結果紹介記事はこんな感じ。

で、今年の結果はこんな感じでしたよー。
アニメーション映画関連の賞は後ほど紹介します。

日本映画大賞 「MOTHER マザー」 (大森立嗣監督)
日本映画優秀賞 「アンダードック」(武正晴監督)
外国映

もっとみる
めちゃ嬉しいです。感謝。
5

映画の玉手箱②~「2020毎日映画コンクール」

 昨日、2020年度毎日映画コンクールの発表がありました。主要部門の受賞作品です。

日本映画大賞『MOTHER マザー』(大森立嗣監督)
日本映画優秀賞『アンダードッグ』(武正晴監督)
外国映画ベストワン賞『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)
男優主演賞 森山未來『アンダードッグ』
女優主演賞 水川あさみ『喜劇 愛妻物語』
男優助演賞 宇野祥平『罪の声』
女優助演賞 蒔田彩珠『朝が来

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです(*^_^*)
11

1000日分の169稲垣吾郎。きっと誰かが。そしてみんなが。

先週、慎吾ちゃんと剛くんのラジオ、bayfm「Shintsuyo power splash」(略してパワスプ)で、2人がそれぞれ現在撮影中の連ドラの話をしておりまして。

慎吾ちゃんはテレビ東京で1月25日(月)22:00からスタートする主演ドラマ「アノニマス」、つよぽんは2月スタートのNHKの大河ドラマ「青天を衝け」の徳川慶喜。
2人とも、今撮影中で、久しぶりの連続ドラマの撮影現場で、とてもあり

もっとみる
今日、きっといい夢見られます。
6