【20200722】1.息子がお尻をつかずに階段を降りられるようになった!

1.息子がお尻をつかずに階段を降りられるようになった!
手すりを上手につかみながら。

「みてみて」と言わんばかりに僕の手を引っ張り階段まで連れていき、
トコトコと上まで登ってから、こちらを見てニコニコしながら降りてくる。

できることが増えると、うれしい。
一生懸命階段を上り下りしている息子。

これは果たして「努力」と呼べるのだろうか。
努力は夢中に勝てない。
彼を見ていると、いつも勉強になる

もっとみる
スキありがとうございます!!
5

総合格闘家の朝倉未来氏の記事を読んで

東洋経済のこちらの記事。

朝倉未来という総合格闘家の方、RIZINで7戦全勝、YouTuber活動では1年で登録者数100万人を突破と、有名な方のよう。

まったく存じ上げなかったが、この記事を読めば、力があるのがビンビン伝わってきます。

ストイックであり、現状に流されず自分の頭できちんと考え、それをわかりやすく他人に伝える。

YouTubeは見ていないが、100万人を突破したと聞いても不思

もっとみる

IT革命が1995年でITバブルが今なのか 言われなければ分からない

https://toyokeizai.net/articles/amp/358683?display=b&amp_event=read-body

京都市民のご飯事情は何故かくも不可解であることか(詠嘆)・2〜全力の抗議を込めて〜

前回の記事はこちらです。

前回は前回で「えーっ」と思いはしたけれど、自分として最もひっかかったのは「モクモクは三重の店、そしてとっても素晴らしい店!」というところでした。
納得言ってない部分もありつつも、「まあそれはそれで」て感じ。

ところが書いた翌日、ふっと、「そういえば同じ方の別の記事とかあるのかしら」と思い見てみましたら、「これは看過できない……!」というものすごい記述を発見。

それが

もっとみる
富良野です。ありがとうございます!
5

京都市民のご飯事情は何故かくも不可解であることか(詠嘆)・1

はぁ〜、いやあ、東京のお客さんのお好きなチェーン店が少ないて、そらほんま申し訳ないことしましたわぁ、もう東洋経済さんからもきつぅ言うといてくれはりますぅ、もっと京都にもようさんおっきいチェーン店出してもらわんな、舌の肥えたよそさんが満足しはりませんよぉ、てぇ。

……と、カッ飛ばしたくなるレベルの素晴らしい記事でした(笑)。

そもそも一読して一番びっくりしたのは、

「 写 真 が 京 都 じ

もっとみる
富良野です。ありがとうございます!
2

Article of the Day! バイエ・マクニールさん、これで本当にいいんですか?

おはようございます
朝からちょっと激しく驚きと怒りに満ちてしまいました

https://toyokeizai.net/articles/-/356071?display=b

昨日リリースされたバイエ・マクニールさんの東洋経済の記事。内容はアフリカ系の人たちの日本人に対しての怒りがひしひし伝わる内容です。筆者のマクニールさんをはじめ、日本に住むアフリカ系の人たちのフラストレーションは今、徐々に日

もっとみる
嬉しいです♪ funtrap
17

人生の展望・目標について考える時間

AIやベーシックインカムが導入されて、人間がより多くの時間を、忙しい仕事ではなく、他でもない「自分」に向き合うことになると、「何の為に生きているのか?」「今まで、幸せになれそうな状況を追いかけて来たけど、そもそも一体幸せとは何なんだ?」と考えざるを得なくなってくるでしょう。

人は誰でもいつでも考えています。しかし、考え方がまずいのです。

だから、何の為に生きてるのかわからないまま、目先の事ばか

もっとみる

アビガン

このような記事があった。

いくつか問題があると思われる。

①アビガンは一般名をファビピラビルというが、この薬には先天異常という危険な副作用があり、実はこれまでにも特別な規制の対象になってきた。安倍氏は5月4日の記者会見で、その副作用は1950〜60年代にかけて何千もの奇形児を生み出した「サリドマイドと同じ」だと述べた。

⇒催奇形性があることをわかって使用することが重要である。なので、十分に検

もっとみる

あとはご自身の判断で

今はなき代ゼミ原宿校に通っていたとき、僕が参加したコースの古文担当が有坂誠人氏だった。
選択問題が主流の大学受験において、出題者はまず正解の選択肢を作る(当たり前だ)。今度はその正解をもとに、受験生を誤答に誘導する不正解の選択肢を仕立て上げる。正解のように見せなくてはいけない、でも絶対に正解であってはならないという、一見撞着する命題をクリアするために生じる(生じざるを得ない)出題者の心理的傾向を踏

もっとみる

中高一貫校

中高一貫校は、競争の激化が進んでいる。特に、少子化による優秀層の争奪戦がある。中堅校は特に、様々な特徴を押し出して単に大学への予備校にならないよう工夫をしている。それは、知識の詰込みではなく今後、必要とされるグローバル人材の育成という課題に取り組んでいる学校が見られる。

特色のある中学入試

①プレゼンテーション

②プログラミング

③PBL(問題解決型学習)

④ものづくり思考入試(社会問題

もっとみる
これからも、記事作成がんばります!
6