最新動向

年収700万円を捨てて「山奥で起業」を選んだワケ 原点は東大野球部での経験
参照元:https://www.sankeibiz.jp/econome/news/191112/ecc1911121132001-n1.htm?utm_source=coins&utm_medium=push&utm_campaign=COINs

Merci beaucoup
1

日立・ホンダ 自動車部品4社を合併 国内3位に:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51569340Q9A031C1MM0000/

Merci beaucoup
1

staticおじさんの逆襲

今から約10年ほど前、あるオッサンSEがIT系サイトのコラムで「実はオブジェクト指向ってしっくりこないんです!」と題するコラムを書いた。
当時は「Javaを知らずしてプログラマと名乗るなかれ」的な風潮で、どこもかしこも「オブジェクト指向」マンセー!な風潮であったと記憶する。そのコラムに誹謗中傷まがいなコメントが多数寄せられたのだが、あれから約10年が経った今、スッカリ「Javaはオワコンじゃね?」

もっとみる
( ノ゚Д゚)毎度~!
4

”顔認識”技術の活用は「パンダ識別」まで及ぶことに

中国における”顔認識”技術の使用用途。ついにパンダの顔識別までに

May 22, 2019 本投稿では海外動向を投稿致します.最新情報としてご活用下さい。

パンダの顔識別開発

パンダの顔を識別する開発にはおよそ2年を要している。12万枚の画像と1万本の動画を分析して本技術は完成。

研究者の話によると山奥に生息して個体数や分布、年齢層など、追跡が難しい野生パンダに関するより正確で総合的なデー

もっとみる
Merci beaucoup
2
数量限定で販売中
残り 10 / 10

「広告」から「購買行動」へ 多企業間の争い -米国-

Alphabet (アルファベット)が新しい広告のプラットフォームを打ち出し話題となる

May,22.2019

本投稿ではGAFA,Uber,等海外動向を投稿致します.最新情報としてご活用下さい.

先週、Alphabet が新しい広告のプラットフォームを発表し話題となるこれはどういった戦略なのか?

関連商品をグループ化したショーケースでの広告、Youtube上の商品を直接購入できる新サービ

もっとみる
Merci beaucoup
5
数量限定で販売中
残り 2 / 2

自分の適職を”AI”によって知ることができる

”自分の適性スキル”を数値化。なんとなく「受かった」、「落ちた」というもやもやした気持ちをもたずに自分自身の価値を数値化してくれる

本Noteは、新事業創出における”STORY”の論拠となるデータ・事例を紹介していくシリーズになります。

「技術力3.74、ビジネス3.56、影響力3.44」——これはAIヘッドハンティングサービス「scouty」で算出された、エンジニアのスコア評価の一例。

もっとみる
Merci beaucoup
3
数量限定で販売中
残り 5 / 5

”スポーツ選手の緊張度合い”が可視化される

「勘」に頼っていることが多い運動選手の体調。身に付けるだけで緊張度合いが分かる”hitoe”

もっとみる
Merci beaucoup
3
数量限定で販売中
残り 1 / 1

これまで見えなかった様々な事実が新技術によって可視化される

遺伝子検査キット等、従来では分からなかった事実情報が個人でも手に入るようになる。人々はどんな振る舞いをとるか

本Noteは、新しいサービス・技術の登場によって人々の生活や価値観変化が起こる。台頭するサービス事例と、アイデア創出のための「問い」を記載していくシリーズになります。

ハリウッドスターのアンジョリーナ・ジュリーが、乳がん発生の確率が高いと乳房摘出手術した。これをキッカケに、日本でも遺伝

もっとみる
Merci beaucoup
4

Amazonサイトでの「独占的な​製品」の囲い込み

January 29, 2019 本投稿ではGAFA,Uber,等海外動向を投稿致します.最新情報としてご活用下さい.

Amazonは、小売店に対して、Amazonサイトで積極的に利用者が購買してくれるように「Amazon専用の製品の製造」を依頼している。

現在取り扱われている製品はスーツケースから電池まで、ベビー用品が売られている。

AMAZONは消費財メーカーにとてますます重要なポジシ

もっとみる
Merci beaucoup
5

最近わくわくしてる?研究所に行こうよ 〜研究所一般公開日程を厳選ピックアップ〜

2019年4月15日(月)から4月21日(日)は科学技術週間!

今日から1週間は、「科学技術について一般の方々に理解と関心を深めていただき、日本の科学技術の振興を図ることを目的として、1960年2月に制定された科学技術週間」らしい。
出典)http://stw.mext.go.jp/outline.html

でもそんなこと言ったって科学技術に興味ある人は年中科学技術のことばっかり考えてるし、

もっとみる