人気の記事一覧

田村俊子の作品を味読する

[書評]現実と小説がリンクする 文学者たちは、中央線沿線をどう描いたか

2か月前

文学フリマ東京38出店のおしらせ。

3週間前

 近代文学の短編に、5月のある日、女学生が朝目を覚ましてから夜眠りにつくまでのこころの移り変わりを描いたものがある。その小説についてのレビューをnoteに載せたいな、とふと思って、小説をイメージしたイラストを描いた。  私は誰か、おわかりになりますかしら。

2週間前

国立国会図書館デジタルコレクションで読める藤澤清造作品

森鷗外論:日本文学史序説(加藤周一)から

3か月前

2023年10月読書記録 青空文庫篇 プロ文と転向文学 

6か月前

ゲームの世界と文学のお話

1か月前

植民地支配における日本語教育と日本近代文学の成立(14)(2004)

3か月前

武者小路実篤、あるいはAnarchy in JP(1)(2004)

1か月前

植民地支配における日本語教育と日本近代文学の成立(3)(2004)

3か月前

与謝野晶子の作品と人生を追う②

4か月前

植民地支配における日本語教育と日本近代文学の成立(13)(2004)

3か月前

志賀直哉についての記事に注xxxviii [主観・自我・身体性〈柄谷行人・メルロ=ポンティ・志賀直哉〉]を追加。xiには加筆、一部は本文中へ。

植民地支配における日本語教育と日本近代文学の成立(11)(2004)

3か月前

Dの世界の日本文学を真剣に考えてみた/『力と交換様式/柄谷行人』読書感想文

気になる青空文庫 明治篇

9か月前

植民地支配における日本語教育と日本近代文学の成立(4)(2004)

3か月前

『吹雪物語』坂口安吾

7か月前

小学生全集を買ってみた話