料理学校

天然自然薯の発掘

11月も終わりに近づき、風が強くなり海が時化てくるようにになってきた。「本日の高速船は、海上時化により欠航致します。」といった放送も流れ、いよいよ時化の季節が来たなと実感する。

風も強いし寒いし、だんだん外に出ることが億劫になってくるけど、
山の男・福井さんと自然薯掘りをする約束を果たす為に、もこもこ着込んで出かけた。

待ち合わせ場所では、福井さんが山の木を伐採しながら待っていた。
伐採しなが

もっとみる

出張のおともに崎みかん

出張で東京に来ている。出発の前日まで島の中をぐるぐる回る日が続いて、たくさんのことをしたようで、あまり頭に入ってない。ドタドタと準備をしながら、食卓の上にあったみかんを鞄の中に放り込んだ。

みかんの収穫は手伝えなかったけど、出荷用の箱に詰める作業にお邪魔した時にもらったみかん。崎みかんの2人とは、崎地区の青年団の活動でよく時間を共にするので、あまり気を張らずに作業に加われる。手伝いにいったという

もっとみる

牛の値段

年に4回開催される、牛の競りを見学しに。
海士町に住み始めて4年半にもなるが、競りの為の施設が島内にあるのを初めて知ったし、競りそのものを見るのも初めて。

朝9時過ぎに会場に着くと、既に子牛がずらっと並んでいて、
島では見たことのない人たちが沢山いた。
島外から買い付けに来ている人もいるし、
隣の隠岐の島や西ノ島から来ている人もいる。

競りにかけられる子牛のリストを手に持ち、
血統や生産者の情

もっとみる

船待ち日和

「島らしさ」というと、一般的には海であったり、
それに紐づいて漁港や魚料理を思い浮かべる人が多いと思う。

とはいえ、これまで海士町を訪れた殆どの人が、漁業の瞬間に立ち会ったことはなさそうな気がする。潮の流れ次第で、引き上げる網を変えたりするので、魚を積んだ船が港に帰ってくる時間もその日次第。8時前に帰ってくることもあれば、12時を過ぎそうな時もある。

人様の都合に合わせてられないのだ。陸にいる

もっとみる

腑に落ちる

「食べる」と同様
「作る」大切さを
年々強く感じます。

手を動かし
火を使い
自分に向き合う
ささやかな作業

その小さな積み重ねが
とても大切で
なにより難しい。
私でさえも。

お腹と同時に心を満たす
腑には心が宿ります。

少しお疲れの日々
自家製ホットジンジャーを飲んでゆっくり休もう

寺子屋の先輩・後輩

島食の寺子屋の一年間コースへ入学したいという女性が試験を受けにきた。

昨年の日本仕事百貨の記事が、島食の寺子屋を知ったきっかけ。
記事を読んだのが今年の3月31日で、今年の春の入学に間に合わず、
この一年間ずっと島食の寺子屋に入学したいと思い続けてくれていたらしい。

一年間コースに入学したいという方には、現地を見てもらいながら、
島の野菜と魚を使って一品か二品を校舎で作ってもらう。
試験では、

もっとみる

重ね色

ここ最近、色んな時間に島内を移動する。
朝の5時半に出かけることもあれば、
夕暮れ時や、飲み会のあと夜遅くに車で帰ることもある。

住んでいる崎地区とフェリーの着く港を結ぶ道は一本だけ。
かれこれ4年半も住んでいるから、1,000回は同じ道を往復しているはず。
そして、毎日のように同じ風景を目にしている。

「この時期になると、空がこんな色になるんだな」が、
「空がこんな色だから、そろそろこんな時

もっとみる

木こりの本業

山で生業をしている人を、なんと呼ぶのだろう。
海であれば漁師、里であれば農家。山が思い付かない。

今日会った山の人は、自らのことを「木こり」という。
普段は山の中で木を伐採する仕事をされていて、
山から里に下りてくる時にたまに遭遇してしまう。

まるで熊のようだが、熊のようにワイルドで、かつマイルドな人。
「今日もデンジャラスな仕事でクタクタだよ、恒光くん」と、
よく笑いながら話してくれる。

もっとみる

稲わらは大事なへそくり

稲刈りが終わり、秋の仕事はもう一段落かなと、
少し寂しい気持ちでいたところに、また新たな仕事が入る。
今度は畜産農家の方を手伝うことに。

島では人間の暮らしの中に牛がいたようで、家屋の平面図をみると「牛小屋」という記載があるほどに、寝食を共にしていたのだ。

今では島全体が放牧地のようになっていて、
牛たちが森から顔を出して草を食む姿が見られる。
こんなに自由な管理でいいのかと考えてしまうが、

もっとみる

稲刈りの「単位」

秋の恒例行事、稲刈り。

人生80年もあれば、生きているうちに一度は経験するかもしれない。
もしかすると、過去に経験したのを忘れてしまっていることもあるかも。
それ位に田んぼというのは、日本人にとって身近な存在だと思います。

鎌でザクっザクって刈っていく、あれです。
想像しただけで、やってみた気分になれそう。

とはいえ、平地でそんな方法で稲刈りをしていたら、
冬になってしまいますので、コンバイ

もっとみる