離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」

島根県の北、隠岐諸島のひとつ中ノ島(海士町)にある料理学校「島食の寺子屋」。 海へ山へ…

離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」

島根県の北、隠岐諸島のひとつ中ノ島(海士町)にある料理学校「島食の寺子屋」。 海へ山へ里へと、食材の現場に足を運び和食を学んでいく。四季を通じて学ぶ1年間コースに通う生徒たちの日記です。 【島食の寺子屋HP】https://washoku-terakoya.com/

マガジン

  • 離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」2024年度

    離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」1年間コース(2024年度生)の生徒たちによる日記。季節ごとに感じたことや、日々の料理の振り返りなど、食にまつわる記事をお届けします。

  • 2023年度1年間コース 卒業生インタビュー

    島食の寺子屋「四季を通して学ぶ1年間コース」の2023年度卒業生のインタビュー記事。受入コーディネーターの恒光が聞き手となり、生徒たちの1年間で島食の寺子屋で感じたこと、島での暮らしで感じたことをまとめています。

  • 寺子屋を卒業して

    卒業生の岡村さんからのお便りコーナー。島食の寺子屋の現役生徒からも返事をする時があるかも。

  • 島食の留学弁当 生徒インタビュー

    島食の寺子屋の生徒達が、講師の指導のもと自分でお品書きを組み立て、そして料理の仕上げまでやり切る企画。その季節ごと、つくる生徒ごとに、お弁当の特徴が出てきます。お弁当を作った生徒たちのインタビュー記事です。

  • 離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」2023年度

    離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」1年間コースの生徒たちによる日記。季節ごとに感じたことや、日々の料理の振り返りなど、食にまつわる記事をお届けします。

最近の記事

  • 固定された記事

蒼碧

4月に入って、新たなメンバーでの1年間コースが始まった。 2022年度で5期生となる。前年度の生徒を見送ったあとに、少しリセットの時間を持って新年度に臨むものの、それでも入れ替え時期はいつも気持ちが騒がしい。 3月には生徒達の学びの集大成としての卒業制作弁当を、お世話になった生産者の方々へ渡したばかり。卒業制作の形は、表向きは弁当配布ということで変わらないけれども、そこに至るまでの出来事は毎年異なる。 自然や人を相手しながら進んでいく授業なので、まったく同じ年は一つもない

    • 適度に適当に。

      気が付けばまた1ヶ月が経ち、noteをまたこうして書き写して日々を思い出す。 そして題を考える中で思いついたのがこれ、 「適度に適当に」気負い過ぎないで良い感じに何事もこなそうと思いました。 何故そういう考えになったのかなって自分自身で考えてると、やっぱり大袈裟に考え過ぎて不安になったり心配になったりしてしまう事が多くて、でもその不安を解消できる程の努力をしない、出来ないことが多くてモヤモヤして悩む事がとても多くありました。 寺子屋生徒の皆んなから自分が感じた事はあまり気負い

      • 涼暮月のいろは

         梅雨の時期になった。洗濯物は乾かず、部屋にカビが生え始めるじめじめして嫌な季節だったけど、今年はそんな梅雨を楽しんでいる。田んぼの稲は順調に背を伸ばし、寺子屋ファームの野菜たちは登校するたびに大きくなっている。ちゃんと季節が巡っていることを感じ、自然は本当に良くできているなと感心する。 ◎梅仕事  崎地区には娑婆訶梅という大きな梅林があり、収穫のお手伝いをさせていただいた。青くぷっくりした南高梅、黄色に赤く紅がさしたような紅映(べにさし)、梅酒作りに向いている梅郷(ばい

        • おいしい肴をつくれるように。

          海士町は地域行事がとっても盛んで、私たち寺子屋生も来島してから3か月のうちにお花見、綱引き大会、ソフトボール大会といくつものイベントに参加させていただいている。そしてイベントの後には、お楽しみの打ち上げも。海士町では打ち上げのことを『直会(なおらい)』と呼んでいて、地域のみなさんと料理やお酒を囲んで、わいわいとおしゃべりをしながら過ごす。その日の好プレー珍プレーを振り返って盛り上がったり、海士の自然や昔のくらしについてお話を伺ったり。寺子屋の授業の時間だけではきっとお話するチ

        マガジン

        • 離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」2024年度
          28本
        • 2023年度1年間コース 卒業生インタビュー
          8本
        • 寺子屋を卒業して
          5本
        • 島食の留学弁当 生徒インタビュー
          18本
        • 離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」2023年度
          36本
        • 離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋 」2022年度
          34本

        記事

          ひきだし

          6月は梅しごとから。晴天に恵まれ、収穫日よりに。 梅農家丹後さんの梅畑にて、梅郷(ばいごう)、紅映(べにさし)の収穫のお手伝い。 島民の方から引き継がれた梅畑は、綺麗に整備され、農薬、肥料も不使用。海士町崎の自然の中で育まれ。 背の高いところは、はしごをつかって。手を伸ばしながら葉っぱに隠れた梅を取り逃さぬよう、みんなで念入りに1本1本確認。 大ぶりでつるっとした梅郷。ほんのり紅色を帯びた紅映がコンテナいっぱいに。収穫後は、丁寧に目視で選別。 選別機をころころと転がる、まん

          6月「始まる」

           梅雨を飛び越えて夏が来たような暑さに、ユニフォームの白いポロシャツがみんな半袖になった6月。より一層お揃い感が増した気がして、うれしく眺めている。 【畑仕事が始まる】  先月種蒔きした夏野菜。弱々しいものもあるけれど、苗になってだんだんと畑に植え付け。  寺子屋の畑は一人一畝、それぞれ好きな野菜を育てる。私はミニトマトと万願寺唐辛子とバジルを育てている。  背の高い草に覆われていたシェアハウスの庭も、腰を痛めながら何とか畑に変えた。こちらには種から育てるモロヘイヤ、

          島食の寺子屋 2024 : 6月

          離島キッチン海士 本格始動! 予約制の和食のお店「離島キッチン海士」のスタッフとして先生の指示に従い2日前から仕込みをし、当日はキッチン とホールに分かれて提供するというもの。 どちらも難点はあるが、仕込みの段階から全体を把握しておくことが大切だと思った。 料理の種類が増えて多少の慣れも出てきたが、それと同時に先生の言う通りの事をこなしているだ けでもあるので、そこをどう留学生弁当などの個人制作に落とせるかまだ不安が残るし、盛り付けの バリエーションも学んでいきたい。 個人

          二◯二四年六月

          一週間前まで五月やった気分。一日十二時間やったと思うし、六月は一週間ぐらいしかなかったと思えるぐらい早かった。 目の前にあることだけしか考えれなかった。 離島キッチン六月は離島キッチンが多かった。 仕入れ、仕込み、調理、提供。 離島キッチンはいつも仕入れから始まる。 海士町で採れたそのときの食材を。 有機農家さんのところに行ったりお世話になっている方の畑に行ったり、定置網漁港にいったり。 離島キッチンで提供する料理にはいろんな方が携わっていて、食材ひとつひとつに想いが込めら

          始まり

          離島キッチンが、いよいよ本格始動した。 調理班と接客班とで分かれ、先生指導のもと、昼は箱膳、夜は会席と料理を作っていく。先生が、ホワイトボードに献立名と大まかな材料名は書いてくれるけど、使用量や切り方、味付け、調理方法など、詳しくは書いてないので、先生に指示を仰ぎながら仕込みを進めていく。全体の完成像は先生の頭の中にあるため、ゴールが見えない中走っているような感覚だ。 盛り付けられた時に、こうなるのか!と毎度、自分自身も驚く。 炊き合わせ1つでも、5種類くらいの食材を美味

          ステップアップ

          6月から本格的に離島キッチンが始まって、忙しい日々を過ごしている。4月から段々と月日が短くなってきているように感じる。島になれたってことかな。 先月は何をした?と振り返っても離島キッチンの仕込みと提供の事しか思い浮かばない。7月からの目標は毎日日記を書くことにして、いつでも振り返れるようにする。 離島キッチンでは先生主体で料理を考え、作り提供している。正直、先生頼りになって自分のものになっているのかなと思う時が多々ある。今のままだと成長しないまま卒業を迎えてしまう。今まで失

          早苗月のいろは

           春めいていた季節は夏に向かっている。大阪に住んでいた時は、ゴールデンウィークが過ぎたと思ったらすぐに真夏の日差しが照りつけていたのに、まだ少し肌寒く日差しもやわらかい。そんな季節のグラデーションを楽しむ日々。  5月は初めての離島キッチン、まかない担当や、地域の方の田んぼのお手伝いがあり、毎日が充実していた。気がついたらいつのまにか5月が終わっていたような感覚。 迷っていたけど日本料理を学びに寺子屋に来てよかった。と心から思う。 ◯魚をさばく  5月になると、毎日のよう

          一本勝負

          大敷で漁れた大きな鰤や鯛、沢山の鯵や飛魚、シマメなどを朝に仕入れて、ひたすら捌く日々。こうして贅沢に魚を扱えるのは、海と漁港が近くにあって、小中学校の給食に使われて食べてくれる人がいるから出来ること。恵まれた環境で学べていることに、とてもありがたみを感じている。 魚の命をいただくからには、絶対無駄にしない覚悟で臨むけれど、まだ先生のように鮮やかな包丁捌きを出来る程の技量はなく…三枚おろしでは骨に身を残し過ぎたり、梳き引きする時に、鰤のお腹に痛々しい切り傷を作ってしまったり…

          2024年5月

          一瞬で過ぎ去った五月。ほんまに一瞬やった。 魚、離島キッチン、まかない。 何をするにも考えることが多くて頭がぐるぐるグルグル回っていた1ヶ月だった。 魚この一ヶ月捌いたお魚の数はすごい多いと思う。数えとけばよかったなあ お魚屋さんになる練習をしてる気分だったくらい グラム、骨、形、出来上がった数。 どんなけ大量にやっていてもいーーーっぱい考えることがある。 骨一本見逃さない目と指の感覚。自分で骨があるかを二重チェックをしても、先生に最終チェックをしてもらうと骨が見つかる。

          魚、魚、魚!

          春の柔らかい日差しの中、野山を歩いて食材を探し、じっくりと包丁の基礎を練習する…穏やかだった4月から一転、5月は緊張感ある仕入や調理の実践が始まりました。朝8時集合の日も船が早めに帰ってきたと連絡が入ったら、ダッシュで校舎に向かってクーラーボックスを積んで大敷へ!朝ごはん中も臨戦態勢です。 * * * 私が島食の寺子屋で料理を学びたいと思った理由の一つは、自分で漁港に行き、魚を仕入れるところから経験できるということでした。前職は食品の宅配会社で、食材とレシピをお届けする献

          頑張れ自分

          寺子屋に入学して2ヶ月ちょっと経った。 5月は4月とは違って主に魚を捌くのが授業の中心になって自分でもまた新たな学びにワクワク、と同時に自分に出来るのか、という不安に駆られ少し怖くなっていました。1番初めは確か鯛を先生がデモンストレーションで捌いてくれてそれを観て自分たちも捌くという形でした。今までの人生で魚を捌いたことは無く構造もよく知らない状態でした。よくそんな無知な状態で寺子屋に飛び込んできたなと自分でも感じる。 先生のデモンストレーションが終わりいざ自分で捌く時間に

          5月「繋がる」

           新たな出会いに毎日幸せを感じた4月。たくさんの“初めて”を繰り返した。それは2か月を過ぎた今も同じ。次々と出会う人、自然、食材、文化に、新鮮な感動をもらい続けている。 2か月間の生活の中で、繰り返し関わりをもつことも増えている。積み重ねることで、点と点に散らばっていたことに繋がりを感じるようになった。    人のこと、自然のこと、食材のこと、自分のこと。繋がることで気付くこと、繋がることで味わえることがある。 【人と繋がる】  引っ越して2か月。これが本土のどこかだと