離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」

島根県の北、隠岐諸島のひとつ中ノ島(海士町)にある料理学校「島食の寺子屋」。 海へ山へ里へと、食材の現場に足を運び和食を学んでいく。四季を通じて学ぶ1年間コースに通う生徒たちの日記です。 【島食の寺子屋HP】https://washoku-terakoya.com/
    • 離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋 」2022年度

      離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」1年間コースの生徒たちによる日記。季節ごとに感じたことや、日々の料理の振り返りなど、食にまつわる記事をお届けします。

    • 離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」2021年度

      離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋」1年間コースの生徒たちによる日記。季節ごとに感じたことや、日々の料理の振り返りなど、食にまつわる記事をお届けします。

    • 離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋 」2020年度

      離島で和食を学ぶ「島食の寺子屋 」1年間コース(2020年度)の日記

    • 大人の島留学「島食枠」報告書

      1年間のお試し移住制度「大人の島留学」に参加している妹尾くん。海士町役場地産地商課の職員として野菜の直売所などで働きながら、島に並ぶ食材の背景を伝えていきます。

    • 実践授業の振り返り

      実際に料理を作ってみた時の、レシピや振り返りを日々続けています。

    • すべてのマガジンを表示

精進料理な休日

海士町で生活をしてみて、特に驚かされるのが、図書館の充実具合です。ラインナップが豊富で、海士町の歴史に関する本も充実している上に、リクエストをお願いすると、余程…

定置網を繰り返す

島食の寺子屋が始まってから、今まで年に1度は定置網漁に乗船してきた。 自分が定置網を知る為に乗船したのを初回に、以降は生徒たちの乗船体験のアテンドや、取材対応で…

梅を待つ

子どもの頃から梅が苦手だった。梅味のおかきやおせんべい、梅ゼリー、梅酒、梅味噌に梅和え。年を重ねるにつれて、おいしく食べられるものが増えてはいるけれど、梅干しだ…

美味しいですか?

あっという間、島に来て2ヶ月半が経った。 初めての場所、初めましての人、初めて教わること。沢山の初めてで溢れて毎日忙しいけど、楽しい。疲れも吹っ飛ぶくらいの好きな…

さんぽ

気がつけば海士町に来てあっという間に2ヶ月が過ぎていて、もう6月も半ばになりそうです。 今日から海士町に住むのか〜。どんな生活が待っているのかな。 なんてドキドキし…

学ぶとは

学ぶ姿勢、という言葉をよく耳にする。 それはとても大切なことで、生涯、いつまでも続けていけたら。 なんなら習慣にしてしまえたらと思ってしまう。 この4月から島の…