学校改善に係る実践事例の普及活動(教職員支援機構の取組)

学校改善に係る実践事例の普及活動(教職員支援機構の取組)

学校をとりまく課題の解決に向けてチーム学校で実践した取組を広く募集・公開することで、学校管理職等の皆さんのご参考にしていただき、学校改善につなげる活動として、独立行政法人教職員支援機構(略称:NITS・ニッツ)が取組の実践を募集する「NITS大賞」があります。 今年度は主題を「子供一人一人が輝ける場となるように~教師の働きがいを再構築する学校づくり~」とし、子供たちを主語にするために、教職員が主語となり、教職員、児童生徒、保護者、地域の方々などの多様な人々との協働を含め、の

17
これからの時代|コーチングの必要性を解く

これからの時代|コーチングの必要性を解く

今回伝えたいメッセージは、 【これからの時代にはコーチングはMUST】ということです。 先日、文科省の中央教育審議会「新しい時代における教養教育の在り方について」の答申の内容について勉強しました。 その中で提言していることがまさにコーチングの有用性を証明していると思った話をお伝えします。 以下一部抜粋 「我が国は,戦後の経済発展と科学技術の進歩によって,便利さと物質的な豊かさを手に入れた。しかし,その反面,多くの国民が,この物質的な繁栄ほどには,一人一人の生活におい

1
教科書の元の学習指導要領を作っているのはみんなお年寄りの学者です。現場の教師は1人もいません。

教科書の元の学習指導要領を作っているのはみんなお年寄りの学者です。現場の教師は1人もいません。

一般の方はおそらくあまりご存じないと思います。 学校の教科書は「学習指導要領」(法的拘束力がある) に基づいて作られます。 これは10年ごと改定されます。 2017年に発表されました。 10年間変わりません。 英語がわずかに多くなり、プログラムが必修となり、 道徳が「教科」になりました。 アクティブ・ラーニングという 今までもやっていた 「深い学び、対話的な学び」 に現場は振り回されていますが、結局はあまり変わりません。 知識はもう検索すれば済む時代です。 知恵が必要

1
学校統廃合を決める権限のありか

学校統廃合を決める権限のありか

◆はじめに・児童数が減ったら統廃合をしなければならない?  そもそも日本には、法律で定められた児童数・生徒数やクラス数を下回れば必ず学校を統廃合しなければならない、という規定は存在しません。  小中学校のクラス数の「標準」を示しているのは、学校教育法施行規則です。小中学校ともに12~18学級、つまり小学校では1学年につき2~3クラス、中学校では1学年につき4~6クラスが標準とされていますが、地域特有の事情がある場合には、この限りでないということもまた、明記されています。

札幌在住大学生。オンライン授業だったが対面授業を始めようとする教員らの考えている事が分からない。

札幌在住大学生。オンライン授業だったが対面授業を始めようとする教員らの考えている事が分からない。

2021年7月2日発売のひろゆきの新刊だよ! 対面授業にしようとしているのは文科省の意思です。 文科省のルールで大学が単位を認定する場合に、確かね。 「50%以上対面授業をしてないと単位をあげてはいけない」って方針を出しているんですよ。 なので、それに従ってやってるだけなので。 教員の人が、まぁ本当にバカで「それが正しい」と思ってる可能性ありますけど。 基本的には[教員がバカ]なのでは無く[文部科学省がバカ]なんだと思います。 なので、教員の人はそれに従わなきゃいけ

2
無尽蔵に出てくるモダンな標語につきあわされる現場の断末魔

無尽蔵に出てくるモダンな標語につきあわされる現場の断末魔

 今日は会議をハシゴした日だった。置物会議もあれば、主催した会議もあり。学内の会議もあれば、学外の会議もあり。ずーーっとZOOM。会議資料を見ながら思ったのは「ベンチがアホやから野球でけへん」という名言だ。実に名言だ。今日のとある会議資料をみて「お上がアホやから研究・教育がでけへん」と叫びたくなった。  このところのお上は失策続きだ。お金をかけてやろうとするプロジェクトを次々と失敗させている。記憶に新しいだけでも、入試改革(記述式導入と英語民間試験の導入)、法科大学院、教員

11
部活動改革に取り組む、つくば市立谷田部東中学校の八重樫通先生インタビュー【後編】

部活動改革に取り組む、つくば市立谷田部東中学校の八重樫通先生インタビュー【後編】

前編に続き、後編をご紹介します。 取り組まれる中で、御苦労された点、工夫された点について教えてください。ー学校にとって部活は伝統的な文化ともいえるもので、それを変えようとすることは困難を極めました。これまでに前例のない取組であり、いろいろな立場からの対極的な御意見や批判もいただきながら、手探りで改革を進めていくしかありませんでした。 特に、生徒や保護者はもちろん、部活に膨大な時間を捧げてこられた先生の理解が得られるか、財源、指導者の確保、責任問題、受け皿となる団体探し、社

4
【文部科学省】共通テストで民間英語試験・記述式試験を断念! また失敗ですか?【失態】

【文部科学省】共通テストで民間英語試験・記述式試験を断念! また失敗ですか?【失態】

そりゃあ無理だよね国の試験で金儲けに走ったり、経済的にも、試験的にも不公平になるとわかってやるのはおかしい。マスコミももっと文科省を叩くべきだ。某Youtuber31人と同じくらい批判されてもいい。 外部英語試験について都会の人や経済的に裕福な人はたくさん受けられる。格差が生まれる。センター試験は格差が少ない。1回きりで、費用も普通の入試に比べれば安い。資格間での格差もある。級やスコアで調整しても、本当に公正かどうかはわからない。 記述式も不可能無理に決まっているだろう。

3
教員免許更新制度は廃止??

教員免許更新制度は廃止??

今日のTOPIC ・教員免許の有効期限は10年 ・自腹で30時間の講義と試験を受けて更新 ・更新制度の目的は何なのか? ・研修ならば教育公務員は特例法で既に定められている ・2006年の教育基本法改正は外せない ・政権の流れが大きく影響している ・免許の期限は?研修は?予断を許さない ・発端は教員不足、資質向上の論理はどこいった? 前回の放送:ブラック校則③~解決に導くには~ Ken先生が現在取り組んでいることKen先生のプロフィールお問い合わせKen先生ホームルーム:配

3
人を評価することへの恐れ

人を評価することへの恐れ

人を評価する行為には、恐れ(畏れ)がなくてはならないと思っている。 誰かが誰かを裁く、そのようことは、ヒト個人レベルで見て、できることではない。 僕は、長く、また、一般的なそれよりは早い段階で経営者なり社長なりを務めてきたから、たとえば、雇用してきた人も多かったわけで、評価せざるを得ない立場に身を置いてきた。 ゆえに、仕方ないとはいえ、人を評価するという経験も多くしてきたわけだが、だからこそ、こうした行為はなんともおそろしいことだと、やはり思っている。 翻って。 子

10