本田篤嗣(Master Honda)

社会起業家。NPO法人まなびデザインラボ理事長。作家、作編曲家、アーティスト、講師、コ…

本田篤嗣(Master Honda)

社会起業家。NPO法人まなびデザインラボ理事長。作家、作編曲家、アーティスト、講師、コーチング、先生の先生、経営者としての活動が中心です。「教育」×「芸術」×「経営」。著書に『18歳からの「夢を実現する人」のルール』ほか。山口県最大級の塾を経営し数千人を指導してきた経験を持つ。

マガジン

  • 先生のための教え方講座【シン・センセイゾウ】動画シリーズ

    先生のための教え方講座「シン・センセイゾウ」シリーズ

  • 豊かな道を生きる人が大事にしていること。【一言エッセイ】

    豊かな道を生きる人が大事にしていること。【一言エッセイ】

  • 動画・地方発!『地域教育カフェ』

    地方発!『地域教育カフェ』ライブ配信動画。ライブ配信のアーカイブをお届け。 教育、まちづくり、地方創生について、地方から発信します。 語り手 本田篤嗣 Honda Atsushi (NPO理事長、コーチングコーチ、作家、アーティスト)@周南市 https://ameblo.jp/mrhonda 山口功 Yamaguchi Isao (美術博士、美術作家、翻訳家、英語講師)@山口市 http://zengonokenzya.blog21.fc2.com 坪郷浩一 Tsubogo Koichi (工学博士、数学講師)@防府市 小松範之 Komatsu Noriyuki (フリースクールまなポート、コーチングコーチ、通信制高校)@光市

  • 地方から発信する『地方論』〜サルではわからないまちづくり〜

    地方におけるまちづくりを地方から発信するマガジンです。 世にある多くの発信は、東京を中心としたものばかり。 地方でのまちづくり実践者や地方の人自身が発信しているものは少ないのが現実です。それらは、都市部の人から見た地方像でしかありません。 このマガジンでは、地方からの本音や現実を発信します。 (無料または有料記事の両方を含みます。有料記事は記事ごとにご購入くださいね)

  • 有料記事(単体)集

    単体で購入いただく有料記事を、わかりやすいようこちらに集めました。 ※記事はおひとつずつご購入ください。 ※マガジン単位で購入できる記事は入れていません。

最近の記事

  • 固定された記事

【重大予測】この先起こること/「○○ができなくなる」/教育・学校・教師・子育てに関わる重大事項

この先起こることを、予測的に、これまで、 動画配信(ライブ配信)や記事で、随時お伝えしてきています。 そして、ご覧いただけている皆様には、予測をしてきたことが、現実化して来ていることもご確認いただけるのではないかと思います。 教育と子育て、親と子、そして教師に関する、あらゆることが大きな変革を迎えた今、どういう教育が、どういう子育てが、本当に必要なのであろうということを考え、その軸を定めることは、大変難しい状況をむかえていると言えます。 また、どの世代の子どもたちも、順

有料
400
    • 再生

      【シン・センセイゾウ】今日のテーマ「形や器を学ぶ/質問に答えます/モンスターペアレント問題」先生のための教え方講座シン・センセイゾウvol.14 ライブ配信

      【シン・センセイゾウ】 今日のテーマ 「形や器を学ぶ/質問に答えます/モンスターペアレント問題」 先生と生徒のコミュニケーションが難しい今、威張ってはならないというのが前回。 その前回に続き、子どもたちが何を学んでいるのかをお話しします。 後半は、いただいたコメント、質問に答えます。 親御さんのご質問、「先生に気を使って意見が言えない、言うとモンスターペアレント扱いされてしまう、どうすれば?」 先生のための教え方講座シン・センセイゾウ vol.14 ライブ配信(FBにて 2024.2.21ライブ配信)    【シン・センセイゾウ】 新しい先生像獲得への教育ライブ配信。教育現場の最前線から、新しい先生像の構築のための、理論と実践をお届けします。 00:00 start 本田篤嗣(Atsushi Honda) プロフィール 社会起業家、作家、アーティスト。2005-2014年、県内外で10店舗以上の学習塾を経営(県内最大級の規模へ)後、譲渡。1年目で100人、2年目で200人、3年目で300人の生徒を集める。全国を代表する学習塾、日本を代表する講師(兼オーナー経営者)となる。県内を中心に数千人以上の子どもたちを直接指導。その指導は全国紙やTVなどでも多数取り上げられている。著書に『18歳からの「夢を実現する人」のルール』(総合法令出版)ほか。 企業経営を進める中、利益追求では教育実践は不可能だと感じ、2015年に法人をNPO化。教育としての場づくりとその発信に取り組む。2022年現在は、NPO理事長、受験指導まなラボスクール、フリースクールまなポート、通信制高校など社会起業家として活躍の場を広げている。 NPO法人まなびデザインラボ https://www.manabidesignlab.org NPOにて以下の3ブランドを展開中です。 まなラボスクール https://www.manalabschool.com まなポート https://manaportschool.wixsite.com/manaport 精華学園高等学校周南校 https://hondayahonda.wixsite.com/seikagakuenshunan 本田篤嗣ブログ(ameba)教育×芸術×経営 https://ameblo.jp/mrhonda 本田篤嗣 note(教育記事まとめ) https://note.com/masterhonda Stand.fm 本田篤嗣(master honda)教育チャンネル https://stand.fm/channels/6201de9aeb302d8b4846cc7d

      • 人生を競争だと考えている人には、"永遠に平穏はやって来ない"。/『明けない夜が来ることはない』槇原敬之

        人生を競争だと考えている人には、"永遠に平穏はやって来ない"。 競争をして順位をつける世界では、100人いれば、99人は必ず負ける。 一位だったその人も、別の場所に行けば必ずいつかどこかで負ける。 競争を煽るということ。 例えば塾のような場所にいる大人たちが、子どもたちに競争を煽るならば、 そこにいる子どもたちに、"自分(たち)には永遠に平穏がやってこない"ことを暗に示してしまうことに、もっと自覚的にならなければならない。 残念ながら人生は競争ではない。 人生は、ま

        • 再生

          【シン・センセイゾウ】今日のテーマ「いばらない/子どもとのコミュニケーションや指導で大事なこと」先生のための教え方講座シン・センセイゾウvol.13 ライブ配信 教師 文科省 本田先生 山口県

          【シン・センセイゾウ】 今日のテーマ 「いばらない/子どもとのコミュニケーションや指導で大事なこと」 なぜ、今、先生と生徒はコミュニケーションができなくなったのか。信頼関係を築けなくなったのか、嫌われてしまうのか。 その仕組みを紐解き、先生がいばらないことの重要性を語ります。 内容としては ・一番の現場の問題は「先生と生徒のコミュニケーションと指導」 ・なぜ先生は嫌われるのか ・なぜかこの指導が通じないのか ・スキルとマインドを変える必要性 ・威張ってはいけない  など 先生のための教え方講座シン・センセイゾウ vol.13 ライブ配信(FBにて 2024.2.17ライブ配信)  【シン・センセイゾウ】 新しい先生像獲得への教育ライブ配信。教育現場の最前線から、新しい先生像の構築のための、理論と実践をお届けします。 00:00 start 本田篤嗣(Atsushi Honda) プロフィール 社会起業家、作家、アーティスト。2005-2014年、県内外で10店舗以上の学習塾を経営(県内最大級の規模へ)後、譲渡。1年目で100人、2年目で200人、3年目で300人の生徒を集める。全国を代表する学習塾、日本を代表する講師(兼オーナー経営者)となる。県内を中心に数千人以上の子どもたちを直接指導。その指導は全国紙やTVなどでも多数取り上げられている。著書に『18歳からの「夢を実現する人」のルール』(総合法令出版)ほか。 企業経営を進める中、利益追求では教育実践は不可能だと感じ、2015年に法人をNPO化。教育としての場づくりとその発信に取り組む。2022年現在は、NPO理事長、受験指導まなラボスクール、フリースクールまなポート、通信制高校など社会起業家として活躍の場を広げている。 NPO法人まなびデザインラボ https://www.manabidesignlab.org NPOにて以下の3ブランドを展開中です。 まなラボスクール https://www.manalabschool.com まなポート https://manaportschool.wixsite.com/manaport 精華学園高等学校周南校 https://hondayahonda.wixsite.com/seikagakuenshunan 本田篤嗣ブログ(ameba)教育×芸術×経営 https://ameblo.jp/mrhonda 本田篤嗣 note(教育記事まとめ) https://note.com/masterhonda Stand.fm 本田篤嗣(master honda)教育チャンネル https://stand.fm/channels/6201de9aeb302d8b4846cc7d

        • 固定された記事

        【重大予測】この先起こること/「○○ができなくなる」/教…

        • 【シン・センセイゾウ】今日のテーマ「形や器を学ぶ/質問に答えます/モンスターペアレント問題」先生のための教え方講座シン・センセイゾウvol.14 ライブ配信

          再生
        • 人生を競争だと考えている人には、"永遠に平穏はやって来ない"。/『明けない夜が来ることはない』槇原敬之

        • 【シン・センセイゾウ】今日のテーマ「いばらない/子どもとのコミュニケーションや指導で大事なこと」先生のための教え方講座シン・センセイゾウvol.13 ライブ配信 教師 文科省 本田先生 山口県

          再生

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 先生のための教え方講座【シン・センセイゾウ】動画シリーズ
          本田篤嗣(Master Honda)
        • 豊かな道を生きる人が大事にしていること。【一言エッセイ】
          本田篤嗣(Master Honda)
        • 動画・地方発!『地域教育カフェ』
          本田篤嗣(Master Honda)
        • 地方から発信する『地方論』〜サルではわからないまちづくり〜
          本田篤嗣(Master Honda)
        • 有料記事(単体)集
          本田篤嗣(Master Honda)
        • ホンダアツシの【読むべし!】
          本田篤嗣(Master Honda)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          不登校と授業について/オンライン授業に関する3つの提案

          不登校と授業の問題について。 不登校にも個々で様々な形があり、そもそも欠席している子もいれば、学校には行くのだけれどもクラス授業には参加できず別部屋で学習する子、などが存在している。 まったく勉学に手がつかない子もいるが、ここでは勉学に取り組みたい子の話をしたい。 主に、中学での、オンライン配信での授業についてだ。 以前、これについては、某市教育委員会の部長課長クラスの皆さんとお話をした際にも、話題に上がった話。 その市では、学年のひとクラスの授業にカメラを設置し、

          不登校と授業について/オンライン授業に関する3つの提案

          「学校だけだと勉強は不安なので塾に行く」は本当か?

          一つ前の記事の続き、補足記事です。 (前記事はこちら) 先の学力低下の投稿の意味がわかると、最近目にしたニュースにある、 「勉強は、学校だけでは不安→塾に行く子が多い」、 という行動が、ほぼ、なんの効果もないことがわかるだろう。 同じことをただ、たたみかけて増やしても、何も解決しないからだ。 先の記事にも書いたが、 "塾の先生の方が学校の先生より教えるのが上手そう(だから塾に行く)"だとか、 "塾で、学習量を増やしたり、難易度の高い問題をやったりしたい”だとか言っ

          「学校だけだと勉強は不安なので塾に行く」は本当か?

          進み続ける学力低下/本当の現状は一般に把握されていない

          今起こっている学力低下、 起こっているというより、 近年ずっと、10年くらいのスパンで下がり続けてきたのが実情だ。 これが今、どのくらいの次元かというと、小中学校に通っているはずの子どもたちに対して、「僕が全部の授業を再度してあげないといけない」次元だ。 わかるだろうか。 それほどに衝撃的なのものなのだ。 難しいところだけ、わからなかったところだけ、苦手なところだけ、みたいな次元ではなく、全教科の全部の授業、という次元。 僕は小中に関しては全教科担当だけど、学校の5教

          進み続ける学力低下/本当の現状は一般に把握されていない

          再生

          地域教育カフェ「学校に通う意味/働き支えられるか/リアル・コミュニケーション」vol.122

          地域教育カフェ vol.122 「学校に通う意味/働き支えられるか/リアル・コミュニケーション」 (2023.12.7 FBライブ配信のアーカイブとなります)  00:00 スタート 語り手 山口功 Yamaguchi Isao (美術博士、美術作家、翻訳家、英語講師)@山口市 http://zengonokenzya.blog21.fc2.com ⭐︎山口功プロフィール 東京藝術大学 油画 博士課程修了 Griffith University(オーストラリア)1年間の交換留学 2016.2 第 8 回やまぐち新進アーティスト大賞を受賞 大学4年時に独学で英語学習を開始し、数年かけてTOEIC280 から935まで上げる。その後、英語を教える仕事に関わる。 英文法の全体像が掴めないことで、英語の学習効率が著しく 低下している生徒が多いことに気付く。 英文法の全体を俯瞰できる教材の必要性を感じ、2020 年にすべての英文法を1枚にまとめた「英文法地図」を制作。 本田篤嗣 Honda Atsushi (NPO理事長、通信制高校校舎長、コーチングコーチ、作家、アーティスト)@周南市 https://ameblo.jp/mrhonda 山口県より、地域の教育に関するトークをお届け。双方向型。コメント、質問も随時受付中です。 (リアルタイム・ライブ配信はFBにて行っています)。 語り手メンバー 坪郷浩一 Tsubogo Koichi (工学博士、数学講師)@防府市 小松範之 Komatsu Noriyuki (フリースクールまなポート、コーチングコーチ)@光市 NPO法人まなびデザインラボ https://www.manabidesignlab.org/ #教育 #子育て  #文科省 #教育委員会  #教師  #教員

          地域教育カフェ「学校に通う意味/働き支えられるか/リアル・コミュニケーション」vol.122

          再生

          仕掛けに騙されない受験対策の話

          高校入試の話。 受験対策、的中講座みたいなのものがただの営利企業の仕掛けに過ぎないということは書いてきた通り。 さらに気をつけなければならないことがあるので書いておきます。 それは、昨今の入試は、過去問が練習にならないということ。 理由は、難易度の高さと、その難易度が求める思考と中身。 中位から下位層の子たちにとっては、特に、過去問が力をつけるための練習にはならないので、注意が必要です。 以前なら、ここを、下位層のみ、で書くところなのですが、今は、大半の子にとって、

          仕掛けに騙されない受験対策の話

          目の前の事柄から何を学べるか/学び手の力量

          学びにおいて、今はすっかり忘れ去られたことを書いておこう。 ある学習者がいる。 本からにしろ、人からにしろ、そこから何かを学ぶその時、 目の前にある事柄から何を学べるか、 あるいは、そこから何を引き出せるか、 というのは、 実のところ、その学び手の力量によるところが大きいのである。 なぜか。 学習者は、それまで学んで来ていること全てを使って、 今目の前のことを学ぶからだ。 故に、目の前にある事柄が同じでも、学びとれることは学習者個々で変わってしまうのである。 そこ

          目の前の事柄から何を学べるか/学び手の力量

          語られなくなった学びの本質

          学校が塾によってしまって、なぜか、普段からテストの点数を取ることや受験で点数を取ることが、主たる目的、目標になってしまった。 この点が、この10年で公教育が大きく変わってしまった点だろう。 例えば、10年以上前に遡ると、民間塾(企業塾)は、「教育」という言葉を口にすることが憚られていた(タブー視されていた)時代がある。  しかし今は、そんなことを誰もタブーだとは言わない。 その変化を見ても、公教育の変化が伺えるのではないかと思う。 公も民も同じように、点数と偏差値を躍

          語られなくなった学びの本質

          なぜ、勉強ができなくなる方法で勉強させてしまうのか?

          なぜこれほどまでに、 学校では、"勉強ができなくなる方法"で、勉強をさせてしまうのか。 というくらいの状況が、近年はずっと続いている。 典型的にとられている手としては、プリントなどの「量をやらせること(量を増やす)」、同様に、「課題や宿題をやらせること(強制および量を伴って)」。 これらが学力低下へのアプローチだとするならば、(大量プリントや課題宿題の)出し手の側は、こんな安易な方法をとることはプロとして恥ずかしいことだと知った上で、もっと頭を使って策を練らなければな

          なぜ、勉強ができなくなる方法で勉強させてしまうのか?

          学校崩壊が進んでいる/現場からのリアル情報/教育を機能させるために

          その1 さて、ここのところも小中学生たちから、いつものように、学校の話を聞くのだけれども、想像する以上に、学校が崩壊してしまっている。 先生が、子どもに、攻撃を受けてしまっている、みたいなこともあるようだ。 想像している以上だ。 エリアの様々な学校で、学年やクラス単位で、相当にまずいところが多い。 倫理、道徳、いずれも欠如した状況。 もちろん学力も心配だが、そもそも、道徳観、倫理観が育たなければ、国や地域、共同体が成り立たないのだから、国の危機と言ってもいいだろう

          学校崩壊が進んでいる/現場からのリアル情報/教育を機能させるために

          通ってくれる子とそうでない子で開く大きな差/山口県公立高校入試

          入試のお話。(山口県公立高校入試) すでに何年もの間、もともと山口県は他県以上にその傾向が強かったのですが、公立入試は、読解問題の傾向に寄ってきました。パターンと暗記に頼らない試験にしたい、そんな国の狙い通りの傾向になってきました。 従来の"お金を出して塾に通う(ある意味で点数を買う)、じゃあお金がない人は不利になるのか"という格差問題への解決策という意味で、一定、評価ができるものでしょう。 事実、内容についてわかる人が問題を見れば一目瞭然、過去の入試対策など、ほぼ通用

          通ってくれる子とそうでない子で開く大きな差/山口県公立高校入試

          「勉強はやらされないとできない」に潜む危険性

          子が「やらされないと勉強をしない」と嘆く。 だから大人の多くが、「勉強は無理やりやらせる」を繰り返す。 「やらされること」ばかりに満たされた子たちは、頭を使うことなく、無意味なことへの耐性ばかりを身につけていく。いわゆる無意味耐性である。 やがて、それは、「考えない大人」を大量に生み出していくことへとつながっていく。 まずは、多くの大人が、自分の頭を使う事もなく、必要に応じて知識を学ぶこともせず、ましてや創意工夫などすることもなく、「無理やりやらせる」という最も安直な

          「勉強はやらされないとできない」に潜む危険性

          増える先生のニュース/先生を救う方法

          【教育に関心がある人向け】 ここのところエリア内、近いところで、2件ほど、学校現場での、ニュースになってもおかしくない出来事を聞いている。 いずれも、先生の問題だ。 公表及びニュースにするのかは、県及び市の教育委員会で検討するのだろう。今のところニュースに上がっていないのでこのままかもしれない。 それにしても、すでに、先生という仕事は、生身の人間がする仕事としては難しくなりすぎてしまったように思う。 とにかく、先生職は、多くの人にとっては、あまりやらない方が良い仕事

          増える先生のニュース/先生を救う方法