NPO法人みんなのコード

「子どもたちがデジタルの価値創造者となることで、次の世界を創っていく」をビジョンに、教…

NPO法人みんなのコード

「子どもたちがデジタルの価値創造者となることで、次の世界を創っていく」をビジョンに、教員研修の実施や授業教材の提供 、公教育におけるテクノロジー教育拡充に向けた政策提言や実証研究、子供たちの第三の居場所の運営に取り組んでいるNPOです。

マガジン

最近の記事

中学校「技術分野」の教員不足が解決されるのは2028年度?文科省の調査を解説!

こんにちは。政策提言部の田嶋です。 「文科省が調査を予告!中学校「技術分野」の教員が足りない?」を書いてから1年が経過し、予告されていた中学「技術・家庭科」技術分野(以下、技術)の教員の実態調査の結果が公表されましたので、ご紹介したいと思います。 中学「技術」の指導体制も充実しよう!2024年2月13日に発出された「中学校技術・家庭科(技術分野)の指導体制の一層の充実について(通知)」(以下、本通知)には、分かりやすくいうとこんなことが書いてあります。 参考までに、昨年

    • 高校の授業で生成AIを使ってみた〜生成AIが引き出す生徒の「創造力」と「健全な不安感」〜

      こんにちは。みんなのコード未来の学び探究部の永野です。 昨年は生成AIの普及が急速に進んだ1年でしたね。学校現場でも、どのように活用していくか、文部科学省が2023年7月に「初等中等教育段階における生成AIの利用に関する暫定的なガイドライン」を発表しました。このガイドラインに基づき、一部の学校がパイロット校として指定されました。これにより、今年はさらに多くの学校で生成AIを用いた授業が実施されることが予想されます。 昨年は、みんなのコードでも、多くの学校のみなさんの協力い

      • 「私なんて」と「困ってない」。それでも女性教員へのプログラミング教育機会が必要だと思う理由

        小学校を中心とした研修を担当している未来の学び探究部の竹谷です。 みんなのコードは、2021年度から、女性教員向けに特化したプログラミング教育の教員養成プログラム「SteP」を提供しています。研修に留まらず、参加された先生方の力でどんどんすてきなコミュニティになってきています。しかし、まだ十分とは言えません。そこで、なぜ、活動を広げる必要があるのか、そのために必要なことは何かについて考えてみました。 これまでの活動の様子については、以下記事もご参照ください^^ 女性教員の

        • -教育の未来を語る - みんなのコード、2023年学術会議参加記録

          みなさん、こんにちは。みんなのコード未来の学び探究部、部長の釜野です。普段は学校教育の授業研究のプロジェクトやチームのマネジメントをしています。もうすぐ2023年が終わりますね。 2023年、広報部を中心に発信により力を入れてきたみんなのコードですが、 メディアの発信だけではなく、様々な学会に発表者として参加しました。 ここ数年、未来の学び探究部では、2030年に改訂される予定の次期学習指導要領に向けて、複数の授業研究を行っています。 授業研究は、長期にわたることが多い

        中学校「技術分野」の教員不足が解決されるのは2028年度?文科省の調査を解説!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • みんなのコード_学校教育マガジン
          NPO法人みんなのコード
        • みんなのコード_子どもの居場所事業マガジン
          NPO法人みんなのコード

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          情報教育視点で解説「国際学習到達度調査PISA2022のポイント」

          こんにちは!みんなのコード代表の利根川です。 世界が注目する2022年の「PISA」の結果が、2023年12月5日に発表されました。 そこで、今回の記事では についてお伝えしたいと思います。 4年ぶりに実施された「PISA」って?「PISA(Programme for International Student Assessment)」とは、OECD(経済協力開発機構)が実施する、国際的な学習到達度調査のことです。 義務教育終了段階(15歳)の生徒がもっている知識や技能

          情報教育視点で解説「国際学習到達度調査PISA2022のポイント」

          5年ぶりにCSEdCon@ラスベガスに参加したら、日本の情報教育が進んでいることに気がついた話

          こんにちは。みんなのコード代表の利根川です。 先日、ラスベガスで開催されたコンピューターサイエンス教育のカンファレンス「CSEdCon」に参加してきました。私がCSEdConに参加したのは、2018年以来です。 今日は私の海外での学び、そこから見える日本のこと、そしてこれからのことについてお話ししたいと思います。 CSEdConとは?私が今回参加したCSEdConは、2013年に設立されたコンピューターサイエンス教育を推進するアメリカの非営利法人 Code.org が主催

          5年ぶりにCSEdCon@ラスベガスに参加したら、日本の情報教育が進んでいることに気がついた話

          Reflections on my volunteer experience

          今年の7月に1ヶ月間、みんなのコードでボランティアをしてくれたリサちゃんについて、今日はnoteで紹介したいと思います。 ボランティアとしてみんなのコードにjoinをしてくれていたリサちゃん。リサちゃんはアメリカで生まれ育ち、今年の6月までアメリカの大学でコンピューターサイエンスとデザインを学んでいました。 「テクノロジー教育を誰もが利用しやすいものにしたい」という熱い思いを持った素敵な女性で、私たちも彼女からたくさんの気付きを得ました♪ リサちゃんは、アメリカでの9月か

          Reflections on my volunteer experience

          小学生がAIと2,500回の会話〜印西市立原山小学校の実践授業〜

          小学校を中心とした研修を担当している未来の学び探究部の竹谷です。みんなのコードは、2023年4月に千葉県印西市と連携協定を結び、中でも先進的な取り組みを進めている印西市立原山小学校の情報教育に関わるカリキュラム開発を支援しています。 みんなのコードは、文部科学省が発表した「初等中等教育段階における生成AIの利用に関する暫定的なガイドライン」の有識者に選定されました。この授業の内容や得られた知見は、有識者として文科省にも伝えており、ガイドライン策定に当たっても参考にされた貴重

          小学生がAIと2,500回の会話〜印西市立原山小学校の実践授業〜

          生成AIの話題にイマイチついていけない感の正体 〜Stability AIさんとイベントをやってみて気づいたこと〜

          みなさん、こんにちは。みんなのコード杉之原です。みんなのコードでは、業務執行責任を担っています。私は、これまでITベンチャー企業で組織の成長フェーズを経験してきました。 先日、女性対象オンラインイベント「生成AIの話題にイマイチついていけない人のための画像生成AI体験講座」を開催しました!ゲスト講師には、磯﨑直美さん(Stability AI Japan株式会社 Community Management Lead)をお招きしました。 「生成AIの話題にイマイチついていけな

          生成AIの話題にイマイチついていけない感の正体 〜Stability AIさんとイベントをやってみて気づいたこと〜

          女性教員の力で学校の景色を変える!プログラミング教育コミュニティ「SteP」

          小学校を中心とした研修を担当している未来の学び探究部の竹谷です。 みんなのコードでは、2021〜2022年の2年間、女性教員向けに特化したプログラミング教育の教員養成プログラム「SteP」を提供し、2023年現在はその参加者の皆さんが集うコミュニティの運営を支援しています。 今日は、これまでの取り組みと今後についてお伝えします。 なぜ女性教員向けに特化?不自然な事実に直面みんなのコードは、公教育におけるプログラミング教育の普及活動を続けてきました。その中心となる取り組み

          女性教員の力で学校の景色を変える!プログラミング教育コミュニティ「SteP」

          みんなのコードMeetup2023開催報告 "サポーターと共に築く未来:Meetupでひとりひとりの思いに触れた話"

          こんにちは。みんなのコードの水野です。パートナー事業部で、個人寄付者の皆様や企業さまとのコミュニケーション、資金調達を担当しています。私生活では小学生の母親ですので、みんなのコードではリアルな「保護者目線」を活かしながら活動しています。 先日、私たちは、普段の活動を支えて下さるサポーターの皆様とのMeetupを、約4年ぶりに開催することができました。みんなのコードでは、ご寄付で活動を支えてくださっている皆様を「サポーター」と呼ばせていただいています。 Meettup当日を

          みんなのコードMeetup2023開催報告 "サポーターと共に築く未来:Meetupでひとりひとりの思いに触れた話"

          親子で楽しく遊びながらAIを学んでみた〜Papa to Children×みんなのコードイベント開催レポート〜

          こんにちは。みんなのコード未来の学び探究部の竹谷&政策提言部の田嶋です。 先日、一般社団法人Papa to Childrenさんとのコラボ企画で「”これからの情報(AI)教育”について子どもと遊びながら学ぼう!」というイベントを実施しました。 みんなのコードとしては、初のパパコミュニティとのコラボ。今回は、講師を担当した竹谷と、イベントの様子をレポートしたいと思います。 どんなイベントだった?【遊ぼう編】田嶋 さて、竹谷さん。今日は対談形式で当日の様子を振り返ってみたいと

          親子で楽しく遊びながらAIを学んでみた〜Papa to Children×みんなのコードイベント開催レポート〜

          脱・経営者のポエム。バリューをアップデートしたらシンプルになった話

          みなさん、こんにちは。みんなのコードCOOの杉之原です。みんなのコードでは業務執行責任を担っています。私はこれまで、ITベンチャー企業で組織の成長フェーズを経験してきました。 みんなのコードは、「誰もがテクノロジーを創造的に楽しむ国にする」というビジョンを掲げ、公教育におけるテクノロジー教育の普及活動を推進するため、主に教員養成事業、教材開発事業、子どもの居場所事業、政策提言を行っています。  今年、行動指針であるバリューをアップデートしました。 みんなのコードの新しい

          脱・経営者のポエム。バリューをアップデートしたらシンプルになった話

          情報教育の未来を考える”若手”勉強会第1・2回開催レポート〜情報教育の未来をみんなで構想中〜

          こんにちは。みんなのコード政策提言部の田嶋です。 みんなのコードでは、今年5月から「情報教育の未来を考える”若手”勉強会」(以下、若手勉強会)を月に1回開催しています。 教員、研究者、民間企業など多様な方々が集まって、毎回アツい議論が繰り広げられていますので、その一端をレポートしたいと思います。 なぜ始めたの?若手勉強会は、「主に小中高の情報教育のあり方に興味をもち、未来を創る視点をもった”若手”がフラットに議論できるコミュニティを構築すること」を目的としてスタートしま

          情報教育の未来を考える”若手”勉強会第1・2回開催レポート〜情報教育の未来をみんなで構想中〜

          文科省「初等中等教育段階における生成 AI の利用に関する暫定的なガイドライン」  〜自力で読みたい人のために、補助資料を作ってみた〜

          こんにちは。みんなのコード政策提言部の田嶋です。 みなさんは、文科省から発出された「初等中等教育段階における生成 AI の利用に関する暫定的なガイドライン」(以下、ガイドライン)をもうご覧になりましたか? ガイドライン公表後、解説記事や動画などを出している方々もいらっしゃるので、そういったものも参考になるかと思います。一方で、解説者の解釈が入っていたり、情報が漏れてしまったり、細かなニュアンスが伝わらなかったりするので、やはり一次情報であるガイドライン本体も読むことが望ま

          文科省「初等中等教育段階における生成 AI の利用に関する暫定的なガイドライン」  〜自力で読みたい人のために、補助資料を作ってみた〜

          静かに自信を失っていくメンバーを見て、女性向けChatGPTイベントをやってみた話

          みなさん、こんにちは。みんなのコード杉之原です。みんなのコードでは、業務執行責任を担っています。私は、これまでITベンチャー企業で組織の成長フェーズを経験してきました。 先日、女性対象オンラインイベント「生成AIの話題にイマイチついていけない人のためのChatGPT体験講座」を開催しました!ゲスト講師には、サイバーエージェント ソフトウェアエンジニア兼Tech DE&Iリードの神谷さんをお招きしました。 なぜ女性を対象にイベントを開催したか、当日の様子などを書きたいと思い

          静かに自信を失っていくメンバーを見て、女性向けChatGPTイベントをやってみた話