戦後レジーム

#10【日本の安保理常任理事国入り】

#10【日本の安保理常任理事国入り】

『コロナ後の世界には』何があってほしくて、どうすれば皆が楽しく暮らせるのか、一つずつ自分の望みを書いていきたいと思います。現状の固定。 インド、南アフリカ、ブラジル、インドネシアやベトナムなど、発展著しい国々は、今にも先進諸国を追い越そうとする勢いであり、生活水準もGDPも何もかも、2050年とかそういった未来予測では我が国日本は圧倒的に差を付けられている可能性が濃厚だ。 もちろん、悲観ばかりして希望を失ってしまっても仕方ない。我が国は我が国として、課題先進国なる地位を活

日月神示 覚醒と実践 中矢伸一 ㉔

日月神示 覚醒と実践 中矢伸一 ㉔

第五章 新世界秩序は日本が中心と知る ④ ・スピリチュアル系にも反日思想者が大勢いる 「精神汚染」の浄化について日本は節目を迎えています。 それは戦後レジーム(体制)からの脱却というハードルであり、戦争で負けた反動から反戦への動きが広まり、左翼系の思想が拡大しました。 マスメディア、大学、法曹界などの頭脳職と呼ばれる労働世界には左翼思想が跋扈(ばっこ)し、国家権力=悪、資本主義=悪という考えに染まった。実現不可能な理想主義に拘っている状態です。今、その左翼に振れ過ぎた反動が

2
船橋洋一の新世界地政学 コロナ危機後の国際秩序を構想せよ

船橋洋一の新世界地政学 コロナ危機後の国際秩序を構想せよ

今、世界では何が起きているのか? ジャーナリストの船橋洋一さんが最新の国際情勢を読み解きます。 コロナ・ウイルスをめぐる戦いは、国際間の通常の戦争とは異なる。敵はウイルスであり、人間ではない。国家でもない。本来であれば、すべての国が手を携えて共通の敵に立ち向かうときである。 しかし、いま世界はそのような状況にはない。米中対立は修復不可能なほど激化している。世界中がマスクと人工呼吸器の奪い合いを演じている。グローバル・サプライチェーンは断絶し、各国とも医薬品はじめ戦略的な素

7
よくあるデマをブチのめすコツ

よくあるデマをブチのめすコツ

「日本は衰退している」 「日本はもうこれ以上成長できない」 「日本はもうだめだ」 「日本はもう諦めろ」 これらのキーワードをきっちり連呼しにくるのは、 まあだいたいシナチョんパヨクの寝言なのだが、 「そんな日本からフッ化水素を輸入してる韓国は地獄だなw」 「そんな日本で就職したがってる韓国人は無能だなw」 など、事実を粛々と突きつけてやればいいわけだ。 なにせあいつらの言い分って、 具体的なデータを伴っていたことが一切ないからね。 ・・・・というか、うん。 「もうだめ

アメリカと中国、どちらが悪質か?

アメリカと中国、どちらが悪質か?

できるだけシンプルに比較しよう。 だがそれゆえに、 以下の文章は前提条件をしっかり読んでくれないと、 全く意味のないものになる。 そこんとこヨロシク。 1、日本から見た評価 A:過去の悪質さではアメリカ100、中国65 B:今後の悪質さではアメリカ55、中国110 アメリカ最大の悪性は戦後レジームの直接の原因であること。 中国や韓国の悪質さはあくまでも副産物にすぎず、 アメリカ(GHQ)が公職追放やプレスコードをやらかした後遺症が、 日本にとって何よりも重苦しく迷惑極

3
「戦後レジーム」←具体的には何か?

「戦後レジーム」←具体的には何か?

戦後レジームと呼ばれるものは、簡単に言えば4種類ある。 ひとつは、「公職追放」の後遺症。 GHQが「まともな日本人」を公職・要職から追放してしまったせいで、 共産主義者や在日コリアン(スパイ・テロリスト・工作員の類)などが、 行政・司法・立法・教育・報道に代表される各機関に浸透してしまった。 最も象徴的なお話として、 「国公立大学の教授が、税金でメシを食いながら体制批判をしている」。 国や政府・自治体に文句があるなら税金でメシを食うなという話である。 ひとつは、「自虐史観

日本の戦後処理(戦後レジームからの脱却)

日本の戦後処理(戦後レジームからの脱却)

2020年7月18日 「日本の教育では、戦争での被害者の立場は大いに語られますが、加害者としての「日本」は全く語られません。非難を受けても仕方がありません。 でも、日本によって被害を被った諸外国と和解できれば、最も良い解決策だと思います。」 (Shig) ドイツも日本同様、今でも戦後補償で被害国ともめてるみたいです。 社会学者の宮台真司によれば、「ドイツは過去の行いを反省しているけど被害国に謝罪はしていない」そうです。 (参考) ドイツ「債務削減しろ!」ギリシャ「じゃあ

1
【百科詩典】せんごレジームからのだっきゃく【戦後レジームからの脱却】

【百科詩典】せんごレジームからのだっきゃく【戦後レジームからの脱却】

東京オリンピックそのものが、安倍政権による「国民の教化」、「人づくり革命」の一環なんだと思いますよ。 人権とかツベコベ言う市民から、自発的に国家の事業に献身する臣民に創り変えること。 それが安倍晋三のいう「戦後レジームからの脱却」の意味です。 ~ishtarist@馬の眼

1
大和民族としてのDNA:左翼教育とマスコミに負けられない

大和民族としてのDNA:左翼教育とマスコミに負けられない

大和魂や国の行く末を大事に思う心(略して愛国心)は多くの日本人の心の奥に封印されているだけだと思いたい。 大和民族の長い長い歴史に比べたら戦後70年など微々たる年月だ。 現代日本人の殆どは生まれてからずっとどっぷりと日教組支配の左翼教育を受け、マスコミの洗脳を毎日浴び続けて生きている。 その人達が左翼の道に進まなかったとしたら、、、 それにはきっと心のどこかで引き留める何かがあったのだろう。 しかしまだ目覚めていない日本人は多い。10年前よりもマシになったと言っても

5