アナスタシア 配役

遂に発表されました!

宝塚歌劇団宙組大劇場公演三井住友ミュージカル   アナスタシア です!

気になる配役の方はどうなっているのでしょうか?

メインキャスト

ディミトリ
真風 涼帆
アーニャ
星風 まどか
グレブ
芹香 斗亜

主なキャスト

マリア皇太后
寿 つかさ
アレクサンドラ皇后
美風 舞良
マルファ
花音 舞
ポリーナ
綾瀬 あきな
イポリトフ伯爵
凛城 きら
レオポルド伯爵

もっとみる

コノハナと蜜蜜子のヅカトークはじめました第5幕②

鉄さんぽアーティストで銚子ラブっ子のコノハナとちょうぱんズ・西瓜糖壺で遊んでる蜜蜜子が共に愛する宝塚を気ままに語るトーク。
5幕目の2場です。
ゆるくて、熱い。
熱いが、ゆるい。
宝塚を知らない方もこの愛を受けとめて!

西瓜糖を一緒にいただきましょ
4

一昨日、9月15日に誕生日を迎えた私ですが、なんと宝塚宙組元トップスターの朝夏まなとさんと同じ誕生日なのです。嬉しい💕

そして今度、帝国劇場で朝夏さん主演の「ローマの休日」が上演される!!

「ローマの休日」大好きなので、見に行きたいな〜。

9/16の滴り「FLYING SAPA・・・・」

阿保だから
梅田のSAPAは全滅でLVで観劇。
上田先生作品、しかも宙組なんだからLVだろうがなんだろうが1回で済ますわけもない。
観劇してさらにあと最低2回は観たいと思ったけれど
日生も全滅。
いや、でもまだこっちのLVがあるでしょうと思っていたら、
待て待て、LVはもうないぞ。
ならルサンクだ!ルサンクを読みふけるZ!

小箱の脚本は載りません。

(''_'')(''_'')(''_'')マ

もっとみる
好き好き大好き!
5

宙組『FLYING SAPA』のプチ感想

半年ぶりの宝塚観劇は、心が震える時間でした。劇場の高揚感は何事にも変えがたいものです。
トップスターの眩しさ、衣装の華やかさや夢のようなダンス、宝塚観劇の楽しみはたくさんあると思います。私がその中でも特に「あ~!これこれ!この楽しみは配信にはなかった!」と感じたのはお芝居中、台詞のない生徒さん達がどんな動きをしているのかチェックすることでした。表情一つとっても生徒さんの個性が感じられ、それぞれの登

もっとみる

宙組「フライングサパ 」考察(素数と偶然について)

今日は先日観劇してきた宙組「フライングサパ」の考察を書きます。

いろいろ気になることのある公演でしたが、まずは今作で重要な登場人物のナンバリングと素数、偶然について書きます。

あくまで素人の考察(しかもまだ考察途中)ですので楽しむ程度に見てください。

*以下ネタバレ注意*

登場人物たちのナンバリング

フライングサパ と素数について考えるなら、まずは登場人物たちのナンバリングについて整理し

もっとみる
いつもありがとうございます!!
13

noteで宝塚を広めたいと張り切った結果、自分がカラ回ってることに気付いた話。

大好きな宝塚をワイワイ語れる場所が欲しくて、思い切って作ったサークルに全然人が集まらず諦めたイトウカヌレです!

以前書いたこちらの記事。これからしばらく続くであろうライブ配信を一緒に観ませんか?という企画のご案内でした。

これがまあ、全然反応がなくてですね(涙)ライブ配信は1人で楽しみました。ショックでした。

何がショックって、自分が「これはいい!」「きっと他の人も必要としているはず!」と企

もっとみる
また普通に旅がしたいですね(去年の思い出)
20

当たり前に観劇できない日々の中で、宝塚を応援するということ。好きを絶やさないために。

先月、今月と久々に宝塚グラフを本屋さんで購入した。

(ちゃっかり瀬央さんの舞台写真もいれる🤳左の赤いお衣装の写真、リアル男子感がすごくて最高に好きだ!!「killer rouge」というショーの舞台写真です)

この状況のなかで、どうやって宝塚を応援していったら良いのか?最近よく考える。

感染対策を万全にして再開した公演は、本拠地である宝塚大劇場でクラスターが発生。現在も公演中止となっている

もっとみる
好きな食べ物なんですか?僕はあんこのおやつです。
16

宙組公演『FLYING SAPA』 2020/8/8・9

真風ファンの友だちが遠征してきて、一緒に観劇できた。

左右前後の空席が保たれているのもあるが、それを抜きにしても空席がちらほら目立つ。大阪の感染状況を鑑みて観劇を避けた人もいたのかもしれない。

ウエクミこと、上田久美子作・演出の新作、『FLYING SAPAーフライング サパー』は、ウエクミから許された以上に情報を極力漏らさないようにと注意喚起されており、あらすじ程度しか予習せずに観劇した。

もっとみる

考察不能という考察

小説を読み終わったり映画を観たりしたあとに、考察を重ねしばらくその世界観に浸る時間が好きだ。他人の考察が知りたくて延々検索することもある。
それがまったくできなくなるものに出逢ったのは、もしかして初めてかもしれなかった。

もともとSFは大好きで、今作も発表されたときから期待が膨らみまくった。
大好きな組で大好きなSFを、信じてやまない上田久美子で。期待するなというほうが無理だった。

それが。鑑

もっとみる