宝塚歌劇団 団歌

宝塚歌劇団の「団歌」って、いつから初舞台で歌わなくなったのでしょう?っていうかいつから歌ってたのでしょう?

あの「ターカラッヅカ!我がターカラッヅカ!」という勇ましいメロディで始まる曲、軍歌のような昭和のマーチサウンド、癖なるアクの強さ、けっこう好きで(笑)

「伝統のある学校って、ああいう『好き嫌いに関わらず卒業生が全員そらで歌える曲』があるよね〜」と思っていたら、最近の初舞台公演では歌ってな

もっとみる
やったー😆

銀の反射した鈍空色の用紙

夜明けの日がさせば昨日を捨てにゆこう。無残に噛みちぎられて名残りとどめぬ蝶の羽根を。

とはじまるRio De La Plata という歌が宝塚にある。

タランテラというレビューのなかの歌だ。

私は宝塚歌劇を知って最高というものは1つではなくたくさんあると知った。

このレビューも最高だ。

タランテラは船に乗ったりもする毒蜘蛛で 

ラ・プラタ河も場面のひとつだ。

私はラプラタ河という聞い

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです。

スミレ色のルーティン

金曜日帰宅したら準備を整えて、始発で出かけるために目覚ましをセットする。生徒さんの入りを見て、カフェで朝ご飯して、観劇したらデパートハシゴして帰る。普段もTwitterのレポートににやけたりチケットの抽選結果に一期一憂したり、休日朝は朝ご飯たべながらカフェブレイク観て、スカステ無料の日は前日から録画予約して。

 宝塚にハマって3年ほどになり、そんなルーティンができてました。東宝(東京宝塚劇場)組

もっとみる

雪組ファントム新人公演

雪組ファントムの新人公演をスカステで観たので感想を書きたいと思います。

スカステでの放送は2019年1月24日に上演された東京の新人公演でした。あやなさん最後の新人公演だったので迷わずチケットを申し込み、ワクワクで観に行った公演にも関わらず、まったく覚えていません、、笑

でも改めて映像を観ると、会場で観た時以上にいい出来だったなと感じる公演でした。

元々、ファントムという作品は雪組で上演され

もっとみる

【感想】A Fairy Tale -青い薔薇の精-

東宝千秋楽のライブビューイング振りにオンデマンドで視聴しました。

大好きな明日海りおさん退団の哀しみで胸がいっぱいだったので
漸く、ストーリーや細部に目を向けるようになりました。
下記はネタバレを含みます。

開幕のアナウンスが宝塚観劇の楽しみのひとつ(パレードも)なのですが
明日海りおさんは、柔らかく耳障りの良い美しい声です。このアナウンスだけで涙が出てしまう。

ストーリーに関しては、手放し

もっとみる
スキありがとうございます!
3

艶紅花

それは、艶紅といった。
 宝塚の舞台で芸妓の役をさせてもらう時、必ずさしていた口紅の名だ。
 あまりに深いあかなので、舞台上では真っ黒に見えてしまうから使わないひともいた。
 でも、私にはどうしても必要な紅だった。
 黒く発色しないよう顔の地色を工夫してまで、芸妓を演じる時は決まって艶紅をさした。

 お化粧といって思い出すのは、5歳の時に出たバレエの発表会。
 お姉さんみたいなメイキャップにわく

もっとみる
有難うございます! これからも頑張ります!!
126

【宝塚】自己紹介

初観劇をファン歴と起算するならば、かなりの長さになるのだろう。

年に数回観劇するライトファンであったのだが、現在は、気付けば望海風斗様という所謂沼に嵌り、脱するどころか幸せな日々を過ごしている。

スカイステージは都合により視聴環境に無いのだけれど、タカラヅカオンデマンドで観ている。また、母親からBSとWOWOWは定期的に供給してもらっている。

基本的には、全組観劇派である。過去に好きなスター

もっとみる
スキありがとうございます!
7

私が惚れた男は

背が高くて ハンサム🎶

というわけで(どういうわけだよ!)

私の性癖に突き刺さっているキャラクター

雪組公演 ワンス・アポン・ア・タイム イン アメリカ
の朝美さん演じるキャロル について書きたい!

(ひさびさに見てずっとキャロルさんのことを考えてるレベルにはキャロルさんのことが好きだしキャロルといるマックスも好き)

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」は、1984年に公開さ

もっとみる

鈍色の用紙

タイトルとして何がいいかなと、先に設定した。

カーテンが開いていたので空が見えたからだ。

最近では文字を書く事も減り、もともと少ないボキャブラリーに一抹の不安を抱えながら見切り発車した私の前に曇り空がひろがる。

にびいろ

と出たのでタイトルに使う。

私としてはグレーのテクスチャー、もっと言えばグレーの大きなファサードに訂正もほどほどに落書きしてみたい気分だ。

鈍色の紙

もすっきりして

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです。

1789

この間世界史の授業を受けていたら「フランス革命」が出てきまして…
授業中だというのに「1789」と「ひかりふる路」の脳内劇場を観劇してしまいました。
なので最近勉強のためと言いながらずっとナンバーを聴いています。

「1789」は珍しく宝塚版よりも東宝版の方が好き。
ミュージカルファンというよりヅカヲタですので、何を観ても「やっぱり宝塚だな󾍃」となるのですが、この「1789」に関しては東宝版の方

もっとみる