大熊町

#光の研究 vol.2光の生まれるところ

先月から、 #光の研究 と題して、光を様々な角度から探究する活動を続けています。きっかけについては、先日のnoteエントリーでも書いているので、必要があればご高覧ください。

さて、今日はその続きということで、そもそも光はどんなところから生まれてきているのかに関心をもっていたところ、友人から福島第一原子力発電所を訪問できるツアーがあるときいたので、早速参加してきました。

ガイガーカウンター

もっとみる

トリチウム 地下水 福島第1原子力発電所 日本 福島県 双葉郡 大熊町 20201116

 2011.03.11、地震発生時の津波によって福島第1原子力発電所が事故を起こしています。
 福島第1原子力発電所の廃炉作業が進行しています。

https://www.tepco.co.jp/decommission/progress/about/
福島第一各号機の状況 - 廃炉プロジェクト|廃炉作業の状況|東京電力ホールディングス株式会社
1号機
2012年4月19日付で廃止。
2011年3

もっとみる
Благодарю вас!
1

宮城県女川原発で宮城県知事

  世論調査、県民6割が再稼動反対

    宮城県女川町、石巻(いしのまき)市に立地するの東北電力女川原発の再稼働を村井嘉浩知事が容認同意する見通しです。県議会で、女川町商工会が提出した「2号機の再稼働を求める請願」が自民、公明党の賛成多数で採択されました。この採択を幸いに、村井知事は同意の方向です。        女川原発は1~3号機まであり、2011年の東日本大震災発生で2号機建屋に浸水し、

もっとみる
いつもありがとうございます。
4

2020年6月福島取材⑩/休校

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

詳細な取材レポートをあげたいところですが、如何せん個展準備と絵本制作で忙しくてそこまで手が回らない。そんなわけで、もう4ヶ月前ですが、写真だけでも掲載しようと思います。

・・・・・

今回は、県道35号(山麓線)から常磐道を大熊IC付近で横切り町なか

もっとみる
サンクス!
9

わたしは物書きになろうと思った話

※全文無料で読める。

2014年09月22日に自分の雑誌を創刊して2020年同日を過ぎ、6年間を満了した。ここまで来れて皆様に御礼申し上げる。6年間を記念した何かを書きたい。09月22日は、150年前の幕末に会津城が戊辰戦争で開かれた日でもある。

わたしがライターになったのは2013年の2月ぐらいだった。初めての記事は、原発避難している自分の家について語るという随筆だった。

代表の赤坂憲雄さ

もっとみる
まこと感謝です。良き日を。
9

出版物ご案内

1、いくつかの出版社から寄稿や編著など
旧(社)ふくしま会議、致知出版、月曜社、ミリオン出版、東邦出版、現代書館、会津民俗研究会、文化庁支援LMN、大熊町、福島県立博物館、Amazon http://u0u0.net/xVw5 ※市販されているものが大半。

 ※民俗学者柳田国男の弟子山口弥一郎により創立された会津民俗研究会の主催(第二代会長滝沢洋之)で会員として講演したとき。福島県立博物館 20

もっとみる
感謝。励みになります。良き日を。
1

2020年6月福島取材⑨/あくまでも帰還困難区域

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

県道251号を西へ向かい常磐道をくぐり抜け、2つ目の道を左折、大野幼稚園手前の諏訪神社を目指す。

(空気は澄んで美しい。それだけに…)

(広い空、美しい山々)

抜けるような青空の下、歩を進めると、黒いフレコンバッグが見えてきた。この日は日曜日だが

もっとみる
ありがとうございまんもすw
12

2020年6月福島取材⑧/抜けるような青空なれど

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

大野駅から役場方面へ向かって歩く。駅には大川原地区の大熊町役場まで約5km、徒歩70分と書かれていた。別にトレッキングコースというわけでもハイキングコースでもない。バリケードで制限された道のりを抜け、さらに誰も住まない町なかを通り過ぎるだけだ。ここを7

もっとみる
ありがとうございます。
13

2020年6月福島取材⑦/本来は降りてはいけない駅

「有料」とありますが、基本的に全て無料で読めます。今後の取材、制作活動のために、カンパできる方はよろしくお願いします。

〜〜〜〜〜

<続き>

前日、6月6日の双葉では、さほど暑くもなかったものの、この時期の紫外線はかなり強く、僕は全身真っ赤に日焼けしてしまった。双葉郡は日差しを遮るものがほとんどなく、全身に紫外線が降り注ぐ。僕は生まれつき皮膚が弱く、ホテルでシャワーを浴びたときは強烈に沁みた

もっとみる
いいネ!
13