古代ギリシャ

奥深い表現。古代ギリシャの美#2

アンサス(anthus)は、ギリシャ語で「花」です。

アンスリウム=アンサス(花)+リウム(尾)という意味になります。

他にも、花の名前にはギリシャ語由来のものがあります。

アストランティア…星(Astéri)

アネモネ…春の風が吹くと咲くから、風(Anemos)

デルフィニウム…イルカ(Delphis)

でもアンスリウムは、英語でも「テイルフラワー」ですし、和名も「大うちわ」とかです

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!!
7

ともにギリシャ悲劇を読む

序.

 本稿はギリシャ悲劇に興味をもっているけれども,まだ読んでいないという方のために書きました.私は,この原稿を執筆時点で〈ネオ高等遊民読書会サークル〉に参加をしておりますが,そこでギリシャ悲劇に取組むことになっています.

 大好きなギリシャのこととはいえ,悲劇というのは自分の関心の外にあったので「読んだふり」をしてきたのですが,とあるきっかけからギリシャ悲劇への関心が高まったのです.そのき

もっとみる
ニッチな分野にご関心を持っていただけたことが嬉しいです。
12

再生の「美」。古代ギリシャの美#1

発見されて、今年でちょうど200年!

「ミロのヴィーナス」です!

古代ギリシャの美を現代に伝えてくれる名作です。

1820年にギリシャ人の農民が発見しました。

その農民は、最初ミロのヴィーナスを隠そうとしたそうです。

でも、無事にオスマン帝国のお役人に見つかりました。

隠したかった地元民の気持ちもわかる気がします。

ヨーロッパじゃない

特に有名なのはヘレニズム文化です。

かの有名

もっとみる
ありがたき幸せです!(写真:菊)
17

「スマトラ島」「紀元前300年代」「古代ギリシャ・エジプトのアレキサンドロス大王」

ミナンカバウ人の故郷
 スマトラ(金の国)のスリマハラジョデラジョ(栄光の王の王)はアレキサンダ-大王の第三子で、マラピ山の山頂に碇を降ろし国造り伝説がある。こういうのいっぱいあった、寺院に片鱗

いやぁ。どううもありがとうございます。
3

ゴルディオスの結び目

少し前に「ソロモンの結び目」を紹介しました。
今日は「結び目」つながりで、古代ギリシアの伝説を。

現在のトルコ北西部に、かつてフリュギアという国がありました。あるとき人々が王様を選ぼうとしていると、神様のお告げがくだりました。それは、「未来の王は荷車に乗って来る」というものでした。

人々が、これは一体どういう意味だろうと首をひねっていると、そこへ妻と子供を荷車にのせたゴルディオスという貧乏な農

もっとみる
ありがとうございます!
3

ホメロスの神は本当に神なのか

はじめに 

空を見上げると星が広がっていますね。都会だと周りが明るいのでなかなか見えないかもしれませんが、山梨に住む友人はペルセウス座流星群をこの前見たとおしえてくれました。ところで「ペルセウス」はギリシア神話の登場する英雄の名前です。彼はダナエーという人間の女性の子どもなのですが、そのダナエーのところへゼウス(ギリシアの神さまたちの中で一番強い神)が黄金の雨に変身して訪れて夜をともにしたことに

もっとみる
ありがとうございます!
17

ドビュッシーに寄せて―夏の風の神

アポロンに仕える芸術の女神、ムーサは9人いるが、哲学者プラトンに「10番目のムーサ」と言わしめた女性がいるらしい。

古代ギリシャ時代の女流詩人、サッポーである。

彼女は生前から名の通った詩人だった。政治的なものとは関わりのない、自己完結する恋愛ものを主体としていた。その詩は「頽廃的」であるとされた。

キリスト教が広まるうちに、サッポーの詩は反勢力的と解され、その多くは消失した。学術に長けてい

もっとみる
嬉しいです、今後ともよろしくお願いいたします✨
9

ナポリ国立考古学博物館にて

ナポリには世界屈指の素晴らしい考古学博物館があります。
ここではポンペイ、エルコラーノで発掘された古代の彫刻や工芸品にフレスコ画、モザイク画、有名なファルネーゼコレクション、そしてエジプトの古美術などが展示されています。

特に専門的な知識などを記述するつもりはないので、一旅行者の備忘録と考えて読んでください。

初めてナポリを訪れた際は、下調べ不足で、こちらを訪れることはなく、物凄く勿体ないこと

もっとみる

斎藤憲「古典からCOVID-19の世界を見渡す」を読んで

新型コロナウィルスの関係する記事で溢れかえる状況に辟易とされているだろうか? ジャレド・ダイヤモンド『銃・病原菌・鉄』が再注目され,かねてより感染症の大規模な流行への警鐘を鳴らしていたアタリ氏が「予言者」としてもてはやされているといった状況だ.そしてまた文学において,カミュ『ペスト』が売れているというのも,現在の状況説明を文学から学ぼうとする,もしくは解決を見出そうとする試み(願い)の一つなのかも

もっとみる
ニッチな分野にご関心を持っていただけたことが嬉しいです。
10

パルテノン神殿で、靖国神社を釣る。

パルテノン神殿のこの 写真 を見てこの投稿に「スキ」する人には、昨日の靖国神社の写真を付けた投稿の 文章 も読んで、あの投稿に「スキ」してほしいなぁ。

まぁはっきり言って、当然ながら、この 2つに関係はないんだけれども。

3日前、8月11日の投稿で書いたけれど(今日の投稿の最後にリンクを貼っときます)、1983年4月から1984年2月にかけてバックパック担いで海外一人旅に出ていた。10ヶ月弱だ

もっとみる
ありがとうございます。
2