副業と複業

複業を始める具体的なステップ

ASHIです。

今回は、

「複業を始める具体的なステップ」

についてお伝えします。

・・・・・

前回のあらすじ

副業を始める最適なタイミングは
明確な目的をもった時です。

本業以外で初めてお金を稼ぎ出すと
「お金稼ぎ」だけを追求してしまい、

複業の目的や方向性がブレて
「お金稼ぎ」だけを追求してしまい、

・オーバーワークになり
・疲労が溜まり、気力も失い
・本業にも影響が出て

もっとみる

読者さんの人生を食い潰さない複業の始め方

ASHIです。

今回は、

「複業を始める
 ベストなタイミング」

についてお伝えします。

・・・・・

前回のあらすじ

自己管理能力のある人の3つの特徴として、

1:複業は月30時間までしか働かない
2:1日の時間を効率よく使い分ける
3:メール対応は6時間まで

これらのことがあります。

会社の名前を使わずに
個人で収入を得る経験をすると、

どうしても作業時間を増やして
もっと稼

もっとみる

本業に悪影響を及ぼさない複業をするための自己管理能力を高める3つの事例を紹介します。

ASHIです。

今回は、

「本業と複業で相乗効果を生む
 3つの自己管理方法」

についてお伝えしていきます。

・・・・・

前回のあらすじ
複業で失敗してしまう3つのパターン

1:楽して稼げるに騙される人
2:後ろ指を刺されて活動を辞めてしまう人
3:頑張りすぎてオーバーワークになってしまう人

複業はコツコツと稼いでいくものであり
ギャンブルのように一発を当てしたいと
言う人には不向き

もっとみる

複業で失敗してしまう三つのパターン (相乗効果を上手に使う人はここが違う!)

ASHIです。

今回は、

「本業と複業を
 上手にこなしていく方法」

についてお伝えします。

・・・・・

前回のおさらい

副業を始めるには5m以内のニーズを聞く

これから副業を始めるということは、
会社の名前を使わずに
個人で稼いでいくということです。

本業が専門職であるのであれば、
自分の成果物を同僚、先輩に見てもらい
そのフィードバックをもらう。

フィードバックをもらうことで

もっとみる

もし、個人で稼ぐことに抵抗があるなら”社内複業”が背中を押してくれますよ

ASHIです。

今回は、

「社内複業が個人で
 稼ぐことを促進させる」

についてお伝えします。

・・・・・

前回のおさらい

苦手なことは一切せず
無理なくできることに特化する

複業はリスクを犯さずに
好きなことや得意なことだけに
特化できることが最大のメリットです。

自分の複業を探すときに
3つの制約を基準である

・お金の制約
・時間の制約
・意思の制約

を意識するとリスクを最

もっとみる

誰でも自然と手軽に複業を始められる方法

今回は、

「複業は転職や起業と違って
 気軽にできるもの?」

についてお伝えしてきます。

・・・・・・

前回のおさらい

「複業は本業に相乗効果をもたらす」

副業・複業で得たスキルが
本業に活かされ、

・収入UPのみならず、
・会社での評価も上がって

いきます。

副業・複業は、
自分の市場価値を高める
武器になるんです。

・時間をかけてやりたいを実現できる
・個人で稼ぐ力を得られ

もっとみる

複業だけが持つ3つのメリット

今回は、

「複業がもたらす
 本業への相乗効果」

についてお伝えしていきます。

・・・・

前回のおさらい

「企業が労働者の将来を守れない」

個人は自身のスキルを上げて
市場価値を高めていかないと
生活費を稼ぐことも難しくなりました。

ただ、不況の中で、
コロナの追い討ちがかかり
転職も安易にできない状況なんです。

時代も移り変わり
安定的に年収を上げる構図が、

「転職<副業<起業

もっとみる

【ミニコラム】売上増加中☆コロナでも収入が減らない人♪♪

緊急事態宣言が延長されるみたいで、わたしが住んでる東京も、自粛が1ヶ月くらい長引きそうです。

感染が広がっていない地域でも「新しい生活様式」が広まって、今までとはちょっと違う感じで生活する感じになりそう☆

そうなると、わたしたちのビジネス(副業)も変わってきます。

例えば、

買い物の仕方が変わったり、
友達との交流の仕方が変わったり、
遊び場所が変わったり、
etc・・・

なので、新型コ

もっとみる
ありがとうございます^^各記事の最後に限定メールもご紹介しています♪
4

My Opinions: 今だから考えたい自宅開業のメリット・デメリット【後編】

こんにちは!Natsumiです

前編に引き続き、今回は自宅で開業するデメリットについて経験を踏まえて書いていこうと思います。

よろしければお付き合いくださいね。

自宅開業のデメリット1. 綺麗な部屋が必要

当たり前ですが、散らかった部屋にお客さんを招いてお仕事するのは厳しいです。

ズボラさん、散らかしさんが自宅開業する場合は、毎回しっかり掃除が必要ですが…これが結構苦痛だったりします

もっとみる

リスク分散を意識していますか?

近畿でライフプランデザイナーをしております石野です。

リスクと聞くとどんな印象を持たれますか?

リスク=危険と思いがちですが、リスク=不確実性の振れ幅ということもできます。

リスクが大きい=プラスにもマイナスにも大きく振れる可能性がある

世の中、大なり小なりどんなことにもリスクはつきものです。

資産形成のリスクは以下もご覧ください。

今回は会社員とフリーランスのリスクについて

です。

もっとみる
Kiitos!(ありがとう)
21