体の仕組み

ATP産生の第2工程 〜クエン酸回路編〜

前回はATP産生の第1工程「解糖系」をみていきました。

解糖系はこちらhttps://note.mu/lilt/n/n546416a9690a

解糖系の簡単な流れはこちらでしたね。

では次の第2工程のクエン酸回路に行ってみましょう!

解糖系で生じたピルビン酸は酸素があることでアセチルCoAとなり、「クエン酸回路」を回していくとになります。このクエン酸回路を回す過程で2つのATPが産生します

もっとみる

体を動かすために必要なATPを生み出す仕組み(動画あり)

今回は人が体を動かすために必要なATPについてまとめていきます。

人が動けるのは何でか?

筋肉が収縮して関節が動くから!

ではどうやって筋肉が収縮するのか?

筋肉の収縮の仕組みについての詳細はまた今度まとめますが、簡単にいうと筋小胞体からCa⁺(カルシウムイオン)が放出され、アクチンに絡んでいるトロポニンと結合し、トロポニンはアクチンから離れていく。その空いた隙間にミオシンの頭(ミオシンヘ

もっとみる

身体中にあるインフラ設備そのひとつ「 毛穴」

誰が仕上げたのか?
私たちの体って、まるでインフラような仕組みが整っています。

例えば「毛穴」

私たちの住まいのキッチンの流し台。

食べ残しが付いたお皿や飲み残しの水分など

排水溝から流れて行きます。

私たちの肌にある毛穴も内側から外へ流れるような仕組みになっています。

排水溝みたい。

毛穴ってすごい。

例えば、何の力も持たない只の【穴】だとしたら
お風呂に浸かってると、

私たち

もっとみる

酸塩基平衡の乱れは身近なことなので理解すべし!

先日、学生からこんな質問がありました。

「腎機能が悪化しているケースでは呼吸が浅く早くなることがあるのはなんでですか?」

まだ一年生なのになかなかいい質問ですね。生理学の授業でおそらく出てきたのでしょう。

答えは「腎機能低下による代謝性アシドーシスを呼吸で代償しているから」です。

腎機能低下・・・?

代謝性アシドーシス・・・?    

呼吸で代償・・・?

となるので詳しくいきたいと思

もっとみる

一番飲んだ方がいい飲みもの

前回の記事で、”水”を飲むことの大切さ
ついてに少し触れたので、
今回は、なぜ大切なのか?について
より詳しく書いていきたいと思います。

ハイオクの車にレギュラー入れたらあかん

「体のほとんどは”水”でできている」

ということは、多くの方がご存知だと思います。

数値にすると、約60%だといわれています。

しかし、この事実を知ったからといって、
毎日水を飲むか?というと
実際は、お茶やジュ

もっとみる

「死なないでくださいね」

こちらに越してきてから、傾聴を主としたカウンセリングを四年ほど受けている。

パニック障害で会社をやめたとき、わたしは自分に価値がないと、社会からついに見捨てられたと心の底から絶望して、号泣し、今までで一番強い「希死念慮」を抱いた。

それをカウンセリングの場で話したとき、いつもなら黙って聞いている先生が、

「死なないでくださいね」

と、静かにひとこと発したのだ。

今思えばこの四年で、ただ一

もっとみる
Thanks a lot!
34

胸と尻・・・・だ!

どちらが・・・・好き・・・・かね!?

最近は性の多様化が謡われていますが、そもそも同性愛もロリショタも果ては獣姦まで昔から世界中にずっとあることです。

それを宗教や偏見が禁止したり、時代ではおおらかになったり、推奨されたり。

例えばコロンビアなどでは結婚前の男性がロバとSEXすることが当たり前です。男女ともに恥ずかしい話題とも思わずあっけらかんとロバとのSEXを話してくれます。

それは『野

もっとみる
(;´༎ຶٹ༎ຶ`)ありがたき幸せ
14