人生の知恵

仕事で大事なことは「やりがい」

目先の金より、やりがいを求めて。 プロ野球の炭谷捕手。 巨人から楽天に金銭トレードされました。 本人の意向に球団が応えたそうですね。 FAで移籍しても、なかなか出場機会に恵まれない・・・ だったら、自分が活躍できる場所に移りたいということでしょう。 人間、お金も大事なのですが、自分を必要としているところで仕事をすること、自分の能力を活かせること、成長のチャンスがあることもとても大事です。 サラリーマンのリストラも、ある意味チャンスかもしれません。 業績が低迷している会社

動物園からサバンナへ

生態系の違いが無くなりつつある・・・ 今朝は、経営者モーニングセミナーに参加。 現在会社員の人をお連れしました。 ここで気づいたこと。 他にもサラリーマンが来ている! サラリーマン、特に大企業勤務者は、滅多に経営者ばかりが集まるところにはいません。 逆もまた真なりで、サラリーマンが多い買いには経営者は行きません。 棲み分けができています。 でも、社会環境が変化して、副業OKになったり、リストラが当たり前になり。 サラリーマンも、「このままではいけない!」と思う人が増え

スキ
2
再生

中国古典に学ぶ人生の知恵:囊中の錐

才能ある人物は、どんなところでも頭角を現します。 人の評判が伝わりやすい現代社会でも、優れた才能や良い行いは取り上げられますよね。 一方で、広告宣伝で有名になる現実もあります。 人の評判というのは、おおむね間違いがありませんね。

良い人になろう

色んなことがうまくいかない時には、ついつい悲観的になって愚痴ばかりこぼしたり、モノの見方が否定的になってしまいそうになる。オバマ元大統領らの言葉は、そんな気持ちに警鐘を鳴らしてくれる。 皮肉屋が世の中を良くすることは決してない。そのとおりだ。ダメなところを探すのも、できない理由を挙げて言い訳するのも、とても簡単なことだ。だけど、なにか新しい挑戦をしようと思うなら、そう簡単に諦めてしまうわけにはいかない。 人の役に立つために懸命に働くこと、そして、人に親切にすること。自分が

スキ
3

#102 人生行き詰まったら、お湯に浸かるべし。

水、は古来日本の神社仏閣の中でも神聖なものである。 参拝する前に、手を水で洗うという行為は、”お清め”の1つである。 このように、日本的文化から「お水」を解釈すると、身を清める効果があるということになる。 私は、こないだ、モヤモヤしたことがあり、気分で銭湯に行った。携帯という呪縛からも解き放たれて、1人静かにお湯に浸かり、水風呂にもおびえながら浸かった。そうすると次の日には、何かが”落ちた”ように、なんだかリセットされた気になったのだ。ただの水であるが、温泉や銭湯のお湯

スキ
6

「志は高く、身は低く」

■タイトル 下坐に生きる (Chichi‐select) ■著者 神渡良平 素晴らしい本に出会えました。 第一章の三上和志氏と津田卯一氏のエピソードは特に印象的。 「誰も人を責める事はできない。責めるどころか詫びなければならない。いがみ合う世の中を作ってしまっていることに対して…」 生きるとは何なのか深く考えさせられました。 貴方は志をもって日々生きていますか? 出来ない事を並べて言い訳していないですか? 上に上にではなく、歳を取るほど下に下に🙏 「志は高く

スキ
11

本当の価値は、頭で理解することでは無い

この写真は、砂糖でしょうか、塩でしょうか? 砂糖は甘く、塩は塩辛い。 頭では、そういうことはわかっています。 でも、現実に応用できることが大事です。 実際に舐めてみると、砂糖か塩かがわかります。 体験しないとわからないことは、世の中にはたくさんあります。 本で読んだり、検索して得た知識は貴重です。 でも、それがそのまま現実の問題解決に直結するとは限りません。 やってみないとわからないこと、理屈と現実の違いに戸惑うことも、たくさんあります。 理屈を知ることと、体験するこ

スキ
2

現場現物を確認することの大切さ

岐阜城に行ってきました。 あいにくの雨で、視界はさっぱり。 天守閣から岐阜市内を一望することはできませんでした。 写真は天守閣近くから撮影したのですが、それでもガスに囲まれて見えにくいですね。 岐阜城といえば、斎藤道三と織田信長が居城とした、天下の名城。 標高329Mの金華山の山頂に築かれた、難攻不落の白として知られています。 でも、調べてみると戦国時代に5回も落城しているのですよね。 難攻不落と言われながら、どうしてこんなことになっているのか? 不思議でなりませんでした

スキ
2

誕生日は、チャレンジの日!

誕生日は、チャレンジの日! 私は、50歳の誕生日に、パナソニックを退職すると決断した。 56歳の誕生日に、減量を決断して4ケ月で20kg減らした。 57歳の誕生日には、日本一明るい経済新聞の竹原編集長とコラボセミナーを実現する。 節目の時こそ、大きく飛躍しよう。 日本一明るい経済新聞様とのコラボセミナー 「松下幸之助に学ぶ コロナ不況に強い会社づくり」セミナー 7月30日(木)17:30〜19:00 ZOOMにて開催 お申し込みは、こちら https://www.reser

再生

明智光秀に学ぶD X時代の仕事術

明智光秀は、デジタルトランスフォーメーション時代に必要なスキルを持った優れた人物でした。 動画講座の目次をご紹介します。