事なかれ主義

日本という国が緩慢な自殺を続ける理由

日本はなぜなかなか変わろうとしないのか? 

これは僕にとって、最大の疑問の一つです。きっと高齢者が多いと頭が固くなり、新しい発想が出てこなくなるからだろう…。過去にはそんなふうに考えていました。あるいは年齢と共に変化することが怖くなるからかも知れません。何れにせよ、日本国民の平均年齢が上がってきたせいだと考えていたのですね。

そして確かに、日本の平均年齢は現在48.36才で世界ランキング1位と

もっとみる
嬉しいです😃シェアして頂けると最高です!
38

空気を読んだり、波風を立てないなんてクソ食らえ!!!

こんにちは、看護師Aです。

みなさんの周りには、言葉では言わず『この状況で直前にこの話をしていたんだから、伝わってるのが当然でしょ?』と信じて疑わない人っていますか?

私はその人と仲が良い訳でも考え方が似てるわけでも付き合いが長いわけでもないので、何を考えているかなんてわかりませんし、行動の予測は出来ません。

ある程度考えることは出来ても、それは私の中での推理でしかありませんし、ましてやその

もっとみる

漫画家ユニット【もりしげ】の「おしかけメイドの白雪さん」が連載【終了】したわけ

《注意》
この案件は現在、漫画家ユニット【もりしげ】側の嘘が発覚して信憑性が疑われる情報です。
【もりしげ】騒動の資料としてタイトルを修正した上で記事を残しておりますがこの記事に書いてある内容を鵜呑みにしないようお願いします。
【もりしげ】の嘘はこちらの記事を参照。

以下、記事作成日である8月10日に掲載した時の内容

善行をして酷い仕打ちを受ける美しい国ニッポンの美しい姿ですね!

これで国が

もっとみる

田舎の仕事さがし-12-

嘘を嘘と見抜く力を養うのは簡単ではありません。

「事なかれ主義は一種の悪習」

どんなにいいお給料の提示があるものでも、なかなかいい条件で求人しているところは少ないです。求人票とは明らかに待遇が悪い、お給料は低く、労働環境も悪い時は、自分の精神が病んでしまう前に公的機関に相談するのがおすすめです。

自分も一度相談に行っておけばよかったと思います。ただ、日本企業はどちらかというと「事なかれ主義」

もっとみる

前例がないと誰もやらない。
と冒険しない周囲を嘆く祖父江 慎氏(先日の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』)。「こういうのは今までない」と否定されるとか。挙句の果てに「普通にしてください」という指示に「大丈夫なんだろうか」と首を傾げる。ブックデザインの場でなぜと呆れる。

【これは意外!】「転職」を意識する社員は、実力がのびる社員?!

あなたは、ご自身の転職について考えたことがありますか?

これについては、賛否両論あります。

「一度きりの人生だし、自分と合わない会社は辞めて当然!」

「転職で環境を変え、スキルアップしていくのは良いこと。」

こんな肯定的な意見がある一方で、

「せっかく育ててくれた会社を簡単に辞めるなんて、恩を仇で返すようなものだ!」

「一つの会社で頑張り続ける忍耐が大事なんだ!」

と、否定的な意見も

もっとみる

【有給取得の義務化!】今こそ、管理職の腕の見せ所!

厚生労働省のPRページに、こんな見出しが踊っていました

春から始まる年次有給休暇取得の義務化――「休めない」「休まない」を変えるヒント

今年の4月から有給休暇の取得が義務化されます。

日本人の有給取得率は50%前後だそうで、政府が掲げる70%には遠く及んでいないのだとか。

人手不足がますます進む昨今。

みなさん、

「休みたくても休めない」

というのが本音なのでないでしょうか。

仕事

もっとみる

【出世頭がこっそり教える!】無駄に見えても、心がけ一つで実用的なスキルに変わる職場の雑用・5選《前半》

若いうちは、

上司先輩から様々な雑用を押し付けられるものです。

「なんで俺が、こんな無駄なことやらなきゃならないんだよ!」

と腹立たしくもなりますね。

ただ、そんな受身な姿勢では、

非常に勿体無い!!

実は、少しだけ視点を変えるだけで、

無駄だと思える雑用もあなたの成長の糧になるのです。

では、その糧となる雑用、

具体的にはどんなものがあるのでしょうか?

今回は

「無駄に見え

もっとみる

【若手に告ぐ】若手社員は、先輩たちを「頭が古い」と頭の片隅で認識しておくべき!?

「若さの武器は、失敗が許されること」

昔から声高に叫ばれているこの言葉。

失敗という経験を経て、社員は育つもの。

そして、その失敗をフォローするのが、先輩や上司の務め。

よって、中堅・ベテラン社員は、若い人たちに対して、失敗を恐れずもっと思い切って仕事をして欲しいと願うものです。

ところが、失敗するほど思い切った仕事をする若手社員は、この数年、激減しているようです。

彼らは、先輩や上司

もっとみる

人生を「ワクワク」に捧げる男 WEB編集者 相宮 康人

一般向けのライティング講座で、マッチングサイトのランキングTOP10に入るWEB編集者でもあり、人生でやりたいことに「世界3大宗教の始まりの地を歩く」の目標を掲げ、先日達成した相宮 康人さんにお話をお伺いしました。

プロフィール
出身地:岐阜県
活動地域:東京
経歴:岐阜県青少年育成県民会議の助成金を得て渡米
ニューヨーク・ブルックリンのギャラリーで修行
ニューヨーク、上海などで活躍中の画家・田

もっとみる
うれしいです
112