ロッキングオン

音楽文がサービス終了する話

音楽文がサービス終了する話

私は、この音楽文に音楽に関する投稿を応募し、ほぼ全部載せていただいた。 2019年8月に初めて載せてもらった。 ただ、その話は非常に重たく暗い話になったので、次からは名前を変えて投稿した。 それからは、主にフレデリックのことを書いていた。 2年ほどの投稿歴で12作品。 私は音楽用語も知らないし、楽器についても詳しくない。 ライブも全然行っていない。 ただひたすらに、つらつらと、フレデリックの曲についてだったり、配信ライブだったりについて書いていた。 自分はTwit

スキ
2
【雑感】さよなら90年代サブカルチャー

【雑感】さよなら90年代サブカルチャー

2020年の東京オリンピックが終わった。結果的に金メダル27個、総メダル数58個を獲得し、スポーツという面では成功したと思う。部分的にしか見れなかったが、感動する場面も多々あった。男子サッカーは4位と非常に残念な結果だが、決勝トーナメント1回戦のニュージーランド戦のPK戦は、若い選手達の落ち着きに、日本のサッカーの成長を見て取れ誇らしく思う。柔道73kg級の大野将平の優勝後のインタビューも、重圧とコロナ禍で開催する五輪の中のアスリートというものを真摯に表現していた。協議を全体

スキ
3
「印象操作」が世界を作る怖さ──小山田圭吾「いじめ事件」の本質

「印象操作」が世界を作る怖さ──小山田圭吾「いじめ事件」の本質

小林賢太郎の五輪開会式演出の話を書き終わろうとしていたとき、「こんな記事が出て来ました。」というメッセージが届いた。 リンクURLをクリックすると、百万年書房の北尾修一氏が書いた「いじめ紀行を再読して考えたこと 01-イントロダクション」という記事が出てきた。 「いじめ紀行 小山田圭吾の回」(雑誌『Quick Japan』vol.3:太田出版発行)について、私から一言。 という書き出しで始まるこの記事は、「2021年07月31日 夕方公開終了」とあるので、あと数日でネット

スキ
13
幻の未来
再生

幻の未来

自分で曲を書こうと思ったきっかけは、oasis というバンドで、日本でも人気のあるバンドなので聴いた事がある人も多いだろう。彼らのアルバムを聴き、自分でも曲を書いてみたいと思ったのである。初めはうまくいかなかったが、書き続けていると、今では自分でイメージした曲が書けるようになった。wonderwallやdon’t look back in anger、champagne supernova、masterplan などの名曲を一度でいいから書いてみたいものだ。  それにしても…oasisのように世界中でアルバムが売れると、どのくらいお金が入ってくるのだろうとちょっと考えてしまう(笑) #オリジナル曲 #名曲 #趣味 #洋楽 #世界 #オリジナル曲動画 #ロッキングオン

小山田よぉ、謝るにしたってこれはないって。なぜ批判されているか、まだわかってないんだろ?ん?

小山田よぉ、謝るにしたってこれはないって。なぜ批判されているか、まだわかってないんだろ?ん?

個人的に思うこともあり、先ほど別の記事を1本配信したばかりなのだが、更にもう1つ上げることにする。 東京五輪が大騒ぎだ。しかも懸念されている新型コロナウイルスに絡むものではなく、そこで流される楽曲を作った小山田圭吾が、学生時代に障害者の友達をいじめていたことをインタビュー記事で「自慢げに」語っていたことが、改めて問題視されているのだ。 現在、スポーツだけでなく音楽、海外とジャンルを問わず批判記事が乱れ飛び、随所で大炎上状態になっている。 ★フリッパーズ・ギターが好きになれ

スキ
17
Goodbye my lover
再生

Goodbye my lover

OasisのメンバーがBeatlesのことをよく名前に出していたので自分も聴いてみることにした。自分の中でビートルズは「みんなが親しみやすい曲を沢山書いてきたバンド」ぐらいのイメージしかなかった。しかし、そんな底の浅いバンドではなかったのである。   アルバムごとにサウンドが変化するのだが、それがどれも革新的で新しかったこと。そしてそれがわかりやすく普通の人にも聞けることだろう。どれもこれも曲の水準が高い。もうこんなバンド出てこないかも知れない。当時の若者に大きな影響を及ぼしたって、それは確かにそうかも知れない。今聞いても全く古臭くないのだから。   中々上手く説明できないが、なぜビートルズの評価が高いのか?聴いてみて分かったのが、ビートルズに関する書籍は沢山あるので、興味ある人は読んでみてはどうだろうか?   個人的に一番好きなアルバムはwhite albumです。 #オリジナル曲 #オリジナル曲動画 #Beatles #革新的 #バンド #趣味 #アルバム #暮らし #ロッキングオン

ロッキングオンとサウンドストリートがバイブルだった

ロッキングオンとサウンドストリートがバイブルだった

いわゆる洋楽を聴き始めた最初のキッカケは中学生のころ、NHKで不定期にやってた「ヤングミュージックショー」でピンクフロイドやELPのステージを見たことかな?当時はネットはもちろん、MTVもベストヒットUSAもない頃だからとにかく新鮮でした。 で、NHKのラジオでヤングジョッキーという番組を知り、そこでとにかく早口で喋りまくるDJが渋谷陽一という人であることを知り、その斬新な切り口の解説に魅せられ、その人が編集長をしているロッキングオンという雑誌があることを知ったのだけど、何

スキ
3
ボウイ訃報から5日後。渋谷陽一のワールドロックナウ

ボウイ訃報から5日後。渋谷陽一のワールドロックナウ

2016年1月10日、69歳で逝去したデヴィッド・ボウイの追悼特集。 渋谷さんのラジオを聴くのは本当に久しぶりで、古いCDラジカセを引っ張り出して時間前にNHKFMに合わせてスタンバイ。 空の「カセットテープ」もあるので学生時代の頃のように録音しようかな、とも思った。 でも。 オンエアの23時になるのが怖かった。 1月11日の夕方にあのニュースを聞いて以来、ボウイの曲が一切聴けなくなった。 新譜★は亡くなる前にタイトル曲とラザルスをYOUTUBEで視聴していたが でも全曲

スキ
3
なぜ市井の野球好きが、プロ野球の名鑑作りに参加できたのか?

なぜ市井の野球好きが、プロ野球の名鑑作りに参加できたのか?

こんにちは。信州上田の野球好き、Shibakawaです。 いつも当noteをご愛顧いただき、大変ありがとうございます。 東京で桜の開花が発表され、プロ野球の開幕も迫るなか、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?  このたび縁あって、現在発売中のSlugger特別編集『プロ野球オール写真選手名鑑2021』(日本スポーツ企画出版社)の製作に参加させていただくことができました。 僕の担当は楽天選手(新人除く)のプロフィール寸評の叩き台の作成です。その叩き台に編集部が修正を加え

スキ
3
有料
100
ロッキング・オンを読み漁る

ロッキング・オンを読み漁る

ロッキング・オンの時代・高校2年生〜音楽の嗜好〜 高2はクラス替えがあった。 正直、人見知りなので せっかく慣れたクラスメイトと別れるのは切なかった。 クラスメイトと離れるのが切ないのか 新しいクラメイトに慣れないといけないのが切ないのか微妙だったけど クラス替えは あった。 10クラスあるので 1年のクラスの子と(仲の良かった子)と同じクラスになるのは 絶望的だった。 やはりと言うか 仲の良かった子とはクラスが分かれた。 この頃は、洋楽にどっぷり浸かっていた。 音楽

スキ
1