ロゴマークデザイン

会社の部活動のロゴ制作を終えて(ロゴ制作ストーリー~感想編~)

会社の部活動のロゴ制作を終えて(ロゴ制作ストーリー~感想編~)

みなさん、こんにちは。アクセンチュア芸術部ロゴ制作チームです。 前回までの記事で、ロゴを作ることになった経緯からロゴが決定されるまでのストーリーをご紹介しました。 これまで、予告編も含めると、計4回にわたりロゴ制作に関する記事を投稿してきましたが、今回はシリーズ最終回ということで、チームメンバーによる、ロゴ制作プロジェクトを経ての感想をお届けします。 Yukaさん ロゴチームの中では比較的部員歴が長く、これまで芸術部からの協賛の検討等にも関わったことがあったため

スキ
4
「超低床トレーラー」を導入された企業様のロゴです。

「超低床トレーラー」を導入された企業様のロゴです。

日本で先陣を切って「超低床トレーラー」を導入された企業様のロゴです。文字自体に遊び心を込め、"~innovation"までをトラックの牽引車体に見立てております。「T」と「K」の光沢感処理についても、気に入っていただけました。(^-^)

結婚相談所のロゴデザインです。

結婚相談所のロゴデザインです。

結婚相談所のロゴデザインです。「ラピスラズリの色味を深く包み込む愛の如く表現したい」というコンセプトのもと、 完成させました。イメージ通りとのことでクライアント様にも大変喜んでいただけました! (^-^)

スキ
2
YAGIのロゴ/ポートフォリオ
+3

YAGIのロゴ/ポートフォリオ

ロゴ制作(仮)で今回はYAGIのロゴを作りました。 デザインのイメージとして最初はこんな感じ 丸みを帯びたシンプルなロゴ。また人のイメージを取り入れたかったためYAGIの「I」の部分を人にしようと思いいろいろと試作。また「I」の部分はこの段階でイメージがまだ未完成。 そして一晩寝かせた結果。こんな感じになりました。あまり着飾らないロゴにしました。初期段階のイメージでは「G」の部分に線を入れていましたが取りやめ。できる限りシンプルなつくりのロゴにしました。 その後やっぱ

やきとり屋さんのロゴです。

やきとり屋さんのロゴです。

やきとり屋さんのロゴです。親しみやすいトリの絵のロゴがご希望、とのことで、手書き風のクレヨンタッチのロゴとしています。キャラクター性のあるロゴとなり、大変好評でした。(^-^)

スキ
3
スピード&激安美容室のロゴ案です。

スピード&激安美容室のロゴ案です。

スピード&激安美容室のロゴ案です。メラメラと煮えたぎる100℃の情熱をシンプルに表現したい、親しみやすさもほしい、というご要望で作成いたしました! (^-^)

スキ
1
接戦の部員投票!選ばれた芸術部ロゴとは(ロゴ制作ストーリー③)
+4

接戦の部員投票!選ばれた芸術部ロゴとは(ロゴ制作ストーリー③)

みなさん、こんにちは。アクセンチュア芸術部ロゴ制作チームです。 前回までの記事では、我々にとっての芸術部とは何かというキーワードの洗い出しや、それを具体化するデザインストーリーをご紹介しました。今回はいよいよ最終編!部員投票で最終的に1つに選ばれるまでのお話をお届けします。  <↓前回の記事はこちら↓> 投票の候補になった4つの案をご紹介まずは投票の候補となった4つの案をご紹介します!投票案内時、それぞれのデザインは、4つのパターンと共にデザイナーの制作意図・解説も展開さ

スキ
5
令翠学(運命分析学)をされている方のロゴです。

令翠学(運命分析学)をされている方のロゴです。

令翠学(運命分析学)をされている方、とのことで、そちらのロゴづくりです。 個人の運命のタイミングのアドバイスを「愛」の元にご提案されたいとのことで、 いくつかの案の中から、こちらを決定いただきました! ルビーのブリリアントカットをイメージして、メリハリのある光沢感にこだわりました。(^-^)

スキ
1
やきとり屋さんのロゴです。

やきとり屋さんのロゴです。

やきとり屋さんのロゴです。親しみやすいトリの絵のロゴがご希望、とのことで、手書き風のクレヨンタッチのロゴとしています。キャラクター性のあるロゴとなり、大変好評でした。(^-^)

スキ
1
いざ、ロゴデザインへ。山あり谷ありのデザイン選定を振りかえる(ロゴ制作ストーリー②)
+2

いざ、ロゴデザインへ。山あり谷ありのデザイン選定を振りかえる(ロゴ制作ストーリー②)

みなさん、こんにちは。 アクセンチュア芸術部ロゴ制作チームです。 ロゴ制作にあたり、コンセプトを決めるために「芸術部とは?」というテーマを掘り下げたロゴ制作チーム。 前回の記事でご紹介したとおり、オンラインで付箋を貼りながらのブレストを熱く交わし、下記の3つのコンセプトに腹落ちすることができました。 ・新しい出会いへの門扉 ・一人ひとりにとっての“芸術” ・芸術×○○で新しい価値の創出 テーマに対して様々な角度から意見を出し、粒度を合わせながら言語化するという作業は、お

スキ
14