ルフトハンザ

いしさんの今日のAmazonPrime - Gate to Heaven(2004)

■あらすじ■
ドイツのフランクフルト空港。パイロットを夢みて密入国を試み捕まったロシア人青年アレクセイは、空港でエンジニアとして働くダックの手引きで不法入国者の収容所から脱出し、彼の下で空港の地下迷宮で暮らしながら働くことに。そこにはほかにもワケありの多種多様な不法入国者たちがいた。仕事はきついが、ベルトコンベアーで移動したり豪華な機内食の余りで食事をしたり。アレクセイは仲間たちと愉快な時間を過ご

もっとみる

まだ2機しかないルフトハンザのロゴの飛行機のうちの1機がただ今ハンブルグに駐機中です✈️
紺と濃い黄色のもいいですけど、濃紺に白のも私は好きです。

#LH #ルフトハンザ #デザイン #ロゴ

嬉しいです。ありがとうございます。
40

ポルトガル旅行 ポルトガルへの航路編

ポルトガル旅行の概要はこちらをご覧ください。
ポルトガルに着かねばポルトガル旅行は始まらぬ、という訳で関空からリスボンまでの旅路の記録です。

まずはミュンヘンまで

今回の旅はANAのマイレージでスターアライアンスを駆使した航路になってます。行きはルフトハンザドイツ航空。という訳でまずは 9:30発 LH745で経由地ミュンヘンまで。

この日の関空は空いてました。朝早かったからかな。お土産売っ

もっとみる

旅は道連れ

彼女はこう僕に声をかけた

「荷物見つかりました?」

「あ、はい。この後の便で届くみたいなんで、待つことにしました。」

「そうなんだ。よかった。私は行方不明・・・。どうしよう・・・」

どうやら、彼女の荷物は見当たらない・・・。なんか気の毒だなぁ~

と思わずにはいられなかった。

「僕に何かできることってありますか?」

とっさに言ってみたものの・・・

「あ、ごめんね。変に気を遣わせちゃっ

もっとみる

機内食

と言っても利用した航空会社は限られてくるのであまり参考にはならないかもしれない。

だが、ひとつ全ての航空会社に言える機内食について言っておこう。それは

日本発の機内食は外国発よりも美味しい。

まず

こちらは関西空港からシャルル・ド・ゴール空港までの便。エールフランスである。(ちなみにベジタリアン食を依頼した)

こちらも同様に関西からシャルル・ド・ゴール空港までの便。KLMである。

そし

もっとみる

【航空ニュース解説】国際線フライト数世界ランキングが発表されました

2018年国際線フライト数世界ランキングが発表されました。
1 クアラルンプール-シンガポール(3万187便)
2 香港-台北(桃園)(2万8447便)
3 ジャカルタ-シンガポール(2万7046便)
4 香港-上海(浦東)(2万678便)
5 ジャカルタ-クアラルンプール(1万9741便)
6 関西-ソウル(仁川)(1万9711便)
7 ニューヨーク(ラガーディア)-トロント(1万7038便)
もっとみる

エジプト生まれの捨て猫きょうだいは、いかにして日本にやって来たか

砂漠の国、というイメージが強いエジプトという国だが、首都のカイロは、街のど真ん中をナイル川が流れ、場所によっては街路樹がうっそうとしげり、緑と水にあふれた大都会である。

だから、野良猫もたくさん生活している。不妊・去勢などがひろまっていないということもあるのだが、街を歩くといたるところにいる。

野良猫たちとの出会いは、それはそれで、街歩きの楽しみでもあるのだが、猫をめでる、とか、そういう気楽な

もっとみる
どうもありがとうございます~
17

女性こそビジネスクラス! #6 女性パイロットの割合 欧州1位の航空会社『ルフトハンザドイツ航空』

ビジネスクラスに搭乗すると見渡す限り男性ばかり…。女性の社会進出が当たり前になったはずなのに、悲しいかなこれが現実。でも泣き言だけでは何も変わらない!

本企画では女性の活躍が実体のあるものとして拡大していくために、ビジネスクラスという観点からアプローチ。今回は、女性パイロットの割合が欧州で1位の航空会社『ルフトハンザドイツ航空』のビジネスクラスに迫ります。

<こだわり料理とお酒で仕事脳をオフ>

もっとみる
今日もありがとうございます♪
4