ミチオ・カク

対称性がもたらす統一:Michio Kaku: The God Equation "The Quest for a Theory of Everything"

対称性がもたらす統一:Michio Kaku: The God Equation "The Quest for a Theory of Everything"

今年の4冊目の洋書、カク・ミチオの新著を読み終えた。タイトルと表紙を見て少しスピリチュアルっぽい内容かと思ったらそんなことはなく、また、超弦理論に関する詳しい解説書かと思いきや、そんなこともなく、ニュートンの古典力学から電磁気学、相対論、量子論、標準模型、と歴史をたどって最新の超弦理論までコンパクトにまとめられた理論物理学全体の入門書で、万人におススメできる。 私達人類は、私たちの生きるこの世界がどのようにあるのか、この世界はどのようにして生まれたのか、追い求めてきた。理論

スキ
11
2019年10月18日

2019年10月18日

カルダシェフスケール カルダシェフスケール(タイプ0からタイプⅥ):文明の発達の度合い タイプ0 故郷の惑星を未掌握。現在の地球のレベルはタイプ0.73 タイプⅠ 故郷の惑星を掌握。地球の黄金時代はここを目指すところから始まる タイプⅡ 故郷の恒星系(地球の場合は太陽系)を掌握・・・この辺がフェデレーション加盟星系の中心と思われる タイプⅢ 銀河系全域を掌握・・・フェデレーションのトップクラスはこのレベルか? タイプⅣ 宇宙全体を掌握・・・創造主や宇宙皇帝のような

スキ
116
来年の事を言えば鬼が笑う

来年の事を言えば鬼が笑う

 未来を語ることはある種の滑稽さを秘めている。未来を語る前に、まずはこのことを認めたい。つまり、この記事は未来を語る自分というものを自虐するものとなっている。  結論として「私は未来予測をしたいのではない。未来への欲望を語りたいのだ」ということが伝われば良いと思っている。 もう外れた(かもしれない)未来予測  未来予測は中々当たらないものである。専門家ですらそうなのだから、いわんや素人をや。まずはこのことを紹介していければと思う。ミチオ・カク『2100年の科学ライフ』(

スキ
21
ミチオ・カク博士の特別インタビュー(後編)
「地球外生命は存在する」

ミチオ・カク博士の特別インタビュー(後編) 「地球外生命は存在する」

世界的に高名な理論物理学者であり、科学の伝道師としても人気を誇るミチオ・カク博士の新刊は「宇宙への人類の進出」がテーマだ。邦訳『人類、宇宙に住む』(小社刊、4月25日発売)の刊行にあたり実現した、カク博士への特別インタビューの後編をお届けする。 取材・写真撮影=大野和基 ――前回のインタビューでAIは宇宙探査を加速させると仰っていましたが、宇宙探査をさらに加速させるには他に何が必要でしょうか。  まず必要なことは宇宙旅行のコストを下げることです。現在、1ポンド(約450

スキ
2
ミチオ・カク博士の特別インタビュー(前編)
「今世紀中に人類は、火星に住むようになる!」

ミチオ・カク博士の特別インタビュー(前編) 「今世紀中に人類は、火星に住むようになる!」

世界的に高名な理論物理学者であり、科学の伝道師としても人気を誇るミチオ・カク博士の新刊は「宇宙への人類の進出」がテーマだ。邦訳『人類、宇宙に住む』(小社刊、4月25日発売)の刊行にあたり実現した、カク博士への特別インタビューを2回にわたりお届けする。 取材・写真撮影=大野和基 ――新刊の原書タイトルは“The Future of Humanity(人類の未来)”で、今までお書きになった本とくらべると壮大なテーマですね。この本を書こうと思ったきっかけは何ですか。  地球上

スキ
10
ミチオ・カク博士が米海軍のUFOビデオについて語る「これはゲームチェンジャーだ!」

ミチオ・カク博士が米海軍のUFOビデオについて語る「これはゲームチェンジャーだ!」

9月19日に各紙で報じられた、米海軍が未確認航空現象の映像を本物だと認めたというニュースに関して、翌20日のFOXニュースに出演した物理学者のミチオ・カク博士がETディスクロージャーを後押しするような、非常に興味深い見解を示していました。以下に要約して紹介ます。 司会のタッカー・カールソン:この米海軍の発表でどんな変化があったのですか?これまでと何が違うのでしょう? ミチオ・カク:私たちは今、時代の転換点を目撃しているのです。これまではUFOの存在を信じる人々がその証明責

スキ
24