FURTHER IMPUZZIBILITIES by Jim Steinmeyer

かのJim Steinmeyer氏のセルフワーキングかつインタラクティブなマジックを掲載したシリーズの第二弾。2006年初版発行。

しばらく本シリーズを追っていなかったのですが、2020年7月時点ではImpuzzibilitiesシリーズは以下の8作が発表されているようです。タイトルの形容詞、英語の勉強になりますね。

①Impuzzibilities
②Further Impuzzibilit

もっとみる
最高!シェアもよろしくお願いいたします!
1

beautiful people

昨日はお友達でマジシャン・Mr.HEROさんのオンライン飲み会に参加

1曲歌ってねと言われてたから、カーペンターズのClose to youを

部屋で弾き語りました

全国・海外からも総勢50名が参加され、HEROさんの人脈の広さが伺えます

しかも。マジシャンたちはとてもネットやzoomにお強いようで、

役割分担してサクサクと会を盛り上げ

参加者をリスペクトして、かつ楽しませていました

もっとみる

超初心者の私が、MTGアリーナを勧める理由

初めましてこんにちわ。

たこつさんです。

4月中旬からMTGアリーナを始めて、約2か月半程経ちましたが、ずっと飽きずにやっております。 ← そりゃそうだ

▼感想▼

兎に角面白いの一言。

元々MTGは大好きで、高校生の頃「エクソダス」「ウルザズサーガ」から一気に飛んで、社会人になり「アモンケット」~「ドミナリア」と2回も華麗に復帰しているわけで、面白い以外の言葉は出て来ません。

2回とも

もっとみる

僕は魔法が使える

僕は魔法が使える。万事において万能な訳じゃない。
 まあ、しかし、他人がおいそれと成しえない事を、それなりに達成できるぐらいには使える。つまり、そこそこ万能だ。
 断っておくと、これはフィクションでも異世界でもない。童貞を暗喩している言葉でもない。現実の話だ。
 ファンタジーのロールプレイング・ゲームみたいに、瀕死の重傷を負った怪我人をたちどころに回復させたりは出来ない。およそ人が成しえぬことを解

もっとみる
(´・Д・)」 あざっす!
14

○頭のOSをバージョンアップさせるためのマジックワード
・なぜだろう
・どう思う?
・どうしたらいい?
・要するに?
・例えばどういうこと?
・楽しむためには?
・なんのため?
・そもそもどういうこと?
・もし〜どうする?どうなる?
・本当だろうか?

あなたの「スキ」は世界を変えられる。
1

マジックの営業先が増えた、ということ。

ご無沙汰しております。

大阪ではコロナ禍も何となく終息に向かっている気配で(まだ油断はしていませんが)、都会や飲食店の人手も随分戻ってきた感があります。

私も少しずつマジックの活動を再開し始め、また何故かこのタイミングで営業先が増えており、有難いやら困惑するやらです。

とりあえず今日は、私みさわみきがテーブルホッピングをさせていただいている協力店のご紹介から。

『青いナポリ イン・ザ・パー

もっとみる
\(゚∀゚)/

ギャンブル漫画の先駈け!100万$キッドを君は知っているか?

一般的に浸透しているギャンブル漫画といえば、カイジ、嘘喰い、賭ケグルイあたりでしょうか?

最近はポーカーがブームになりつつあり、カジノが身近に感じてる人もいると思います。

そこで30年くらい前に、まさかの少年誌で連載された100万$キッドを紹介したいと思います。

主人公の二階堂ひろしは、二階堂財閥の三男坊でギャンブルが強い少年。
その父は、長男、次男、ひろしに一億ずつ与え、有意義に使った者を

もっとみる
もっと愛されるように。
6