パラレルワールドジャーニー オンラインワークショップ

パラレルワールドジャーニーオンラインワークショップ
~同時存在している世界と繋がり今を豊かに生きるために~

ライブ録画の動画視聴でご受講頂けます。

パラレルワールドへの旅

パラレルワールドは今の時間軸に平行して存在している世界や領域。今まで体験してきたシャーマニズムの探求から平行に広がっている世界を味わってきました。そして、その世界は今という瞬間にリンクしていて、日々の中に溢れてくるアイデア

もっとみる
スキありがとうございます。

アカシックリーディングでできること!

アカシックリーダーのあやはなです!

今回はアカシックリーディングでできることについて、お話したいと思います。

前回の記事でアカシックリーディングとは、アカシックレコードにアカシックリーダーがアクセスして、そこにある情報を読みとること、と書きました。

では、アカシックレコードにある情報とは何か?

それは、その人個人の過去生、未来、地球に生まれて来た使命等なのですが、

注目したいのは「未来」

もっとみる

人は空で繋がっている(断言)

遅ればせながら、映画「天気の子」を観た。
いやー、すごい。
すごい映画だった。
新海監督って、只者ではないな。
あ、監督してとかどうとかでなく、もう人間としてね、只者ではないと思う。

「今から晴れるよ。」という台詞、観る前から知っていたくらい有名だけど、いざ観終わってみて、一番心に残っているのは「人は空で繋がっている」という穂高の言葉だった。
繋がっているのかも知れない、とかでなく、断言している

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!カエ
1

11.まやかしの中にある日常

夏の初めの昼下がりの休日。
わたしは夫と中学生の息子のために、遅めの昼食を作っている。
何気ない家族の日常。
その「何気なさ」を守るために
わたしは随分普通?の人間らしくなってきたなと、少し自分を笑った。

何気なく出会ったオトコ。
子犬のように震えていた夫は、
世界を諦めの眼差しで見つめていたわたしに、

「結婚して欲しい」

と言った。
夫は、親とも疎遠で、友人も少なかった。
今まで恋人がいた

もっとみる
出逢いに感謝いたします!

やばいことは起きない!

パラレルワールド

この世はパラレルワールドだという。細かいことは説明すると長くなってしまうので今日は過去の自分、今の自分、未来の自分は同じ次元で存在しているということだけに焦点を当てたいと思う。

時間とは時系列並んでいるのではなく瞬間瞬間に全ての時代の自分、起きる全ての可能性が含まれているという。

自分が発信する理由

私はとても生きづらい子供時代、青春時代を過ごしていた。とにかく感受性と共

もっとみる

サイドBの自分も尊いと思った話。

今朝は、胡桃パン(バターロールにクルミが埋め込まれたパン)をどれくらいハイカロリーで食べれるか選手権を行いました。
はい、拍手~。

えぇっと、胡桃パン+バター+ハチミツ+アーモンドすりごま+スライスチーズの圧勝でした。
飲み物は、砂糖なしのロイヤルミルクティーとしました。
はい、お疲れ様でした~。
(脳内ナレーションは、モンスターエンジン西森)

絶対あかんやつやなぁと思う朝食。
『甘美な背徳感

もっとみる
スキして下さってありがとうございます!
5

決断できなかった男 ④

渡米して数年が経った。

時代の寵児となった俺は億万長者になった。豪邸に住み、ハリウッドスターやプロスポーツ選手とのパーティーに参加した。皆が俺の喰いっぷりを見たいと言い、俺は彼らの期待に応えるため派手なパフォーマンスをして食べ続けた。
毎日、ゴージャスな暮らし。こんなのはサラリーマン時代には考えられなかったことだ。毎日が忙しく、だが充実した日々を送っていた。ただ、だだっ広い家へ帰ると誰も出迎えて

もっとみる
ありがとうございます〜♪
4

只今より自作小説『決断できなかった男』④を公開します。まさかの展開に突入しておりますが、主人公の行く末を見守って頂けたらと思います。残り2話!

ありがとうございます〜♪
3

宇宙にお任せしたら自由になる

僕自身も価値観がどんどん変化していて、今までのものを手放さざるを得ないというか、努力しているというより自然の流れに身を委ねることで、新しい価値観や感覚を日々インストールしています。
イメージすることで現実を引き寄せるとか、努力することで達成するとか、そういう価値観は過去のものになってしまい、自分の思い通りにすることをやめて、全て宇宙にお任せするという感覚が、徐々に腑に落ちてきています。

移住を考

もっとみる

【痛みは生きている証し】

母が中学生の時、機銃掃射を受けました。何か一つでも事がズレたら、あるいはたった1秒の違いで、私は今ここにおりません。

終戦直前のある朝、母が友人と2人で学校へ行くと、爆撃されて跡形もないのです。仕方なく帰ってくる途中のことでした。

ブーンという機械音に空を見上げると一機、迫ってきます。立ち竦み、動けません。操縦する兵士の顔がハッキリ見えたそうです。

おい、こっちだ!

声のする方を見れば、ど

もっとみる
ワーイ♬
114