バンド小説

聖夜に逢いたくて・・・【5分で読める短編小説(ショートショート)】

数年前から街がイルミネーションに彩られ、クリスマスムード一色に染まりだすと、ひとりの女性を思い出す。

「お疲れ〜!」

TAKUYAの合図で、いつもの様に打ち上げが始まった。

「ウメー!やっぱりライブ終わりの生は最高だなSEIYA!」

「マジでこのためにバンドやってるって言っても過言じゃないな」

「間違いないね!」

下北沢の居酒屋が僕ら『パーフェクト・グルーヴ』、通称・パーグルの溜まり場

もっとみる
ありがとうございますo(*^▽^*)o
37

『咲かずに枯れて』第一章1-5

登場人物                  

テト:音楽好きの高校2年生。バンドに憧れている

レイ:テトの中学生からの唯一の友達。ギターをやっている。

ツキ:テト達とは別の高校に通う高校1年生。ドラムをやっている。

ケイ:???

第一章〜1-5始動

『ベースやってますケイです。こんにちは笑』

『え?あ。初めまして!テトです。』

突然レイが連れてきたベースに困惑するテトであるがツキは

もっとみる

『咲かずに枯れて』第一章1-4

登場人物                  

テト:音楽好きの高校2年生。バンドに憧れている

レイ:テトの中学生からの唯一の友達。ギターをやっている。

ツキ:テト達とは別の高校に通う高校1年生。ドラムをやっている。

第一章〜カフェ・ドール 1-4

『は。はじめまして。テトです!』

『レイでーす!』

テトは自分の緊張とは裏腹に初対面での会話に少しだけ慣れているレイがとても羨ましかった。

もっとみる

『咲かずに枯れて』第一章1-3

登場人物                  

テト:音楽好きの高校2年生。バンドに憧れている

レイ:テトの中学生からの唯一の友達。ギターをやっている。

ツキ:テト達とは別の高校に通う高校1年生。ドラムをやっている。

第一章〜ツキ 1-3

『おお。連絡来てる。』

『って、私?え?女の子!!!??』

『ツキちゃんなんだ…』

テトはびっくりしながらも不満げな顔でツキからのメールを眺めてい

もっとみる

『咲かずに枯れて』第一章1-2

登場人物                  

テト:音楽好きの高校2年生。バンドに憧れている

レイ:テトの中学生からの唯一の友達。ギターをやっている。

ツキ:????

第一章〜抹茶パフェ 1-2

出会いや別れも、ふと一呼吸する瞬間の様にそれはいつも突然やってくる。

その出会いや別れに価値があるのかは未来を生きなきゃ分からない。今はまだ知らない。

もしかしたら人生に置いて最も大事な出会

もっとみる

『咲かずに枯れて』第一章1-1

登場人物                  

テト:音楽好きの高校2年生。バンドに憧れている

レイ:テトの中学生からの唯一の友達。ギターをやっている。

ツキ:????

第一章〜なんとなく 1-1

テトはもがき苦しんだ

生きる意味と執着していた物が剥がれる寂しさ

テトは生きる意味を失った

愛が消えるのは一瞬だ。

友情なんて物は存在しない。

時は遡る事5年前の2050年

そう。全

もっとみる

【小説】放課後爆音少女 あとがき

この「放課後爆音少女」という小説は、私、伊集院香織が
「みるきーうぇい」というバンドをやってきて感じたことを書き留めた、半自伝小説です。

悔しかったことも、悲しかったことも、嫉妬に狂ったあの日のことも、それを上書きしてくれた人がいたことも。全部本当にあったことです。

小さい頃から、ずっと小説を書いてみたくて、小説家は私の一つの夢でした。でもなかなか勇気が出なくて、やれ時間がないとか、やれバンド

もっとみる

【小説】放課後爆音少女 第九話「水色の月」

ミルキーウェイの初ライブ前日。私たちはライブ前最後の練習のために、スタジオ「クレイジーバード」で練習に励んでいた。
桜井くんが、ドラムとベースのリズムに注文をつける。

「健太、最後の曲は、少しテンポを緩めてほしい。ちょっと走ってる。あと、中原のベースは逆にもうちょっと勢いがあってもいい。」

二人はすぐに頷く。じゃあもう一度、と桜井くんが言い、テンポの確認をする。
ドラムとベースのリズムが噛み合

もっとみる

【小説】放課後爆音少女 第八話「紫のアジサイ」

六月に入り、少しずつ梅雨の気配が近づいてきた。
三回目のスタジオ練習のために、私は桜井くんと学校からスタジオまでの道のりを歩いていたが、ジメジメとした気候のせいで、ただ歩いているだけで額に汗が滲んでくる。

しかも、ギターが重い。ギターを背負っていると、一歩一歩、歩くごとにギターの重みが肩にのしかかり、筋肉が強張るのを感じる。
でも、私は不思議と、重いギターを背負ってスタジオに向かうこの時間が嫌い

もっとみる

【小説】放課後爆音少女 第七話「栗色の髪」

影山先輩と愛子の後ろ姿を、私は呆然と眺めていた。
影山先輩の綺麗な茶色の髪。そして愛子の栗色に透ける髪。
お似合いだと感じたし、そう感じた自分が腹立だしい。

肩まで伸びた愛子の髪は、初夏の風に吹かれて、サラサラと靡いている。
陽の光に照らされると透けて見える愛子の髪は、より一層茶色く、艶めいて見える。
女の私から見ても、触ってみたくなる髪。
私の髪は生まれつきの癖毛で、度重なるヘアアイロンに耐え

もっとみる