タイムマネジメント研修

当たり前は変わる。手帳は変わらない。
+1

当たり前は変わる。手帳は変わらない。

今年も残すところ2か月半となった。 あっという間の1年というのは例年どおりではあるが、昨年からの一大事で価値観や当たり前が一変したのではないだろうか。 僕の仕事は対面しかできないと思い込んでいた。むしろ、それ以外の選択肢を思い浮かびもしなかったが、半ば強制的にやらざるを得なくなったZoomも、今では当たり前のようにオンラインセミナーで使っている。 場所を選ばないので県外企業からの相談にも対応できるようになった。もはや在宅ワークも当たり前。ちなみに、在宅ワークの制度の有無

スキ
5
時間の使い方の能力が飛躍的に向上するトレーニング3選

時間の使い方の能力が飛躍的に向上するトレーニング3選

僕がタイムマネジメントと出会ったのが30代。 フラリと入った書店で手に取ったのが、たまたまタイムマネジメントの本。これと出会っていなかったらと思うとゾッとする。 元々、要領の良い方ではないので、身につくのに長い時間がかかった。 タイムマネジメントの技術は早く覚えて、長く使うと効果が出るので、なるべくわかりやすく講座という形にしてお伝えしてはいるが、自分が意識してやっていることの中で、能力向上に効果的な3つの方法を紹介します。 (1)終わりの時刻を決める 退社時刻や就

金曜日の午後にタスク整理をする理由

金曜日の午後にタスク整理をする理由

僕は毎週金曜日の午後にタスク整理をしている。 これで土日に心から休む(好きな)ことができる。 まず、抱えているタスクを全て書き出し、塊のプロジェクト型タスクは分解し、どの日に処理するのかを決めておくことで「今ココ」に集中できる。 これを大人の時間割と呼んでいる。 以前の僕は、常に仕事から追われているような気がして休日を楽しむことなんてできなかった。遊んでいても旅行に行っても野球をしていても、どこか頭の隅にやらなければならないタスクのことが残っていて、夜中に汗びっしょり

スキ
5
人生が変わるサウナの魅力

人生が変わるサウナの魅力

ここ3年ほどだろうか。サウナにはまっている。たぶん年間100回は行っている。 いや、30代の頃から行ったことはあるのだ。泊まるホテルの大浴場にサウナがあれば、入ったりもしていた。 しかし、今考えてみるとサウナの魅力は味わえていなかった。 きっかけはテレビ番組。サウナ好きの芸能人が楽しみ方を解説するというものだった。 サウナにも正しい入り方があったことを知った僕は、自宅近くの温泉にあるサウナで、そのとおりの入り方をしてみたら・・・ するとどうだろう。これまで味わったこ

スキ
2
時間はコントロールできない。行動はコントロールできる。

時間はコントロールできない。行動はコントロールできる。

コントロールできること、できないこと 自分で頑張ったら変わること、どうやっても変わらないこと この違いはしっかりと認識する必要がある。 天気や自然災害、寿命はコントロールできない。誰もがわかっていることだからカサを持ち歩く、防災グッズを準備する、健康寿命を延ばすために運動をするといった対策をする。対策するかどうか、何の対策を選ぶかはコントロールできる。 タイムマネジメントはどうだろう。頑張って24時間を27時間にするということではない。自分の行動の選択を主体的にコント

スキ
2
使える時間は何時間?

使える時間は何時間?

自分が自由に使える時間は、1日や1週間に何時間あるのか。 ここでの「自由」とは、プライベートだけではなく、仕事の選択ができる部分を含む。 可処分時間(使える時間)がどれぐらいあるのかを把握しないまま、片っ端から手をつけても、終わるかどうかはギャンブルのようなものだ。 なので、スケジューリングの目的の1つは、この可処分時間を把握することにある、と思っている。 24時間という総枠は決まっている。最初に引くのは睡眠時間。僕は最低6時間~7時間の睡眠を確保している。 次は「

スキ
1
新しい仕事が発生した!さてどうする?

新しい仕事が発生した!さてどうする?

僕の場合、やりたいことが日々増えるということはそんなにない。 ある程度、出揃っているからだと思う。 だけどやらなければならないことは日々発生する。 自分1人で生きているわけではないからであって、これは組織に所属している会社員の方であれば尚更そうだろう。 経営者や上司、取引先から色々と指示や依頼をされますもんね。 経験上、新しい仕事が発生した時に条件反射で手をつけると混乱するとわかっている。 今日やるべきタスクとしてリストアップした仕事と、新しい仕事のどちらを優先す

スキ
4
デジタルとアナログの使い分け

デジタルとアナログの使い分け

ウォーキングなど軽く体を動かしている時に、ふとしたアイデアを思いつくことが多い僕は、忘れないよう携帯電話のメモ機能に入力をしている。 運動中にメモ帳を持つことは難しいので緊急避難的な使い方ではあるが、紙と違ってどこかに紛失することもないし、どの端末からも確認できる。 一方で、メモに「書く」という作業の大切さも理解している。 同じメモ帳を4つ買ってきて、事務所の机、車の中、自宅の机、カバンの中に配置している。 うまく説明できないのだが、手を動かして紙に書くと脳の奥底に入

スキ
4
「ノコギリを研ぐ」時間を習慣化する

「ノコギリを研ぐ」時間を習慣化する

習慣とは、その行動を長期間そして継続して行うということなので価値(成果)に転換しやすくなる。 生産性や効率が求められる時代だが、ある程度の時間が必要なのはこれからも変わらない。週1回の練習で甲子園に出場するなんて、かなり厳しい。 タイムマネジメントにおいて習慣化すべきは「手を止めて考える時間」 つまり、作戦会議を定期的に行うこと。 刃が欠けたノコギリで木を切っても時間ばかりかかるだけだが、手を止めて研ぐことでスピードも上がる。 習慣化のために必要なのは、時刻(いつ)

スキ
1
「自由」を定義してみた

「自由」を定義してみた

自由になりたい!独立したら自由になれるのではないかと思い、13年前に開業したが、数年間はそれまでと変わらない息苦しい毎日を送っていた。 「忙しいのはありがたいことだ」と自分を誤魔化しながら。 開業6、7年目ぐらいだったと思うが「自由」を求めて独立したことを思い出し、恐る恐るだったが動き始めた。 無人島で生活しても楽しくないわけで、まずは自分が求める「自由」というツカミどころのない状態を定義する必要がある。 そこで3つの自由に分類してみた。 1つ目は「時間の自由」

スキ
2