ストロボ撮影

図解!プロのフォトグラファーが絶対に覚えておくべき2つのライティング(人物編)

少々扇動的なタイトルですみません。これまで11年間フォトグラファーとして活動してきた中である確信に至っているライティングについて書いていきます。

モデルやタレントなどの人物撮影で使われるライティングには定形があります。いわゆるお決まりというやつです。

なぜでしょうか。

自分のライティングのテクニックで、他のカメラマンとは一味違った表現を見せてやるぜ!と意気込む気持ちもわかります。特に初心者は

もっとみる
またお立ち寄りください!

noteデビューの日

前々から気になってはいたもののなかなか手を出す機会がなかったので後回しになっていましたが、今回ある目的のために触手を伸ばした次第であります。

写真家なのでジャンルはそのまま写真やカメラ

なかでもストロボ撮影が得意で物撮りは10年ほどやってます。

最近ポートレートも始めましたが、その理由としては、ストロボをバッテリータイプに変更したので機動性が上がったということ。

コンセント必のモノブロック

もっとみる
励みになります!
3

背景の露出と、被写体の露出

シャッタースピードで背景の露出を決め

f値とISOで被写体の露出を決める。

この被写体ってのが、人物だと説明しやすい。

けど、撮影の基本が分かってないと、上手く伝わらない!?

他人に教えるって難しい。

もっとみる
スキありがとうございます!初心者ですが、よろしくお願いします!
2

プチトマトの収穫

ベランダ菜園のプチトマトを、娘が収穫しました。

艶艶、張りがある。

ピチピチでした。

この撮影は、、

こんな感じ。

そして直当ても試しました。

直当ててって、検証でやってみる時がありますが、今回はアリ!?

かも。
夏の日差し感が出せたかな!?

と、思えました。

もっとみる
スキありがとうございます!初心者ですが、よろしくお願いします!

こんなのがあり、ストロボ1灯で撮ってみた。

被写体はUSJで買ったポップコーンバケツ。

なーんとなく撮りました。

なかなか良い作りでした。

どこにフォーカスを合わせるか、ファインダーを覗きながら構図を作るのが楽しかったです。

ストロボを使っていますが、使っている感を極力出さずに撮影。

マシな映りになったかな。

もっとみる
スキありがとうございます!初心者ですが、よろしくお願いします!
1

味噌汁が美味しかった

なーんか昨夜は不意に、味噌汁が撮りたくなって何枚か撮っていました。

ストロボを使い、天井バウンスで撮影。

光は柔らかめ、発色良くするために、ストロボの光を乗せた感じで。

マシに撮れたので家族に見せると上手いと褒められた。

シンプルに美味しそうに綺麗に撮ってみたのでした。

もっとみる
スキありがとうございます!初心者ですが、よろしくお願いします!
4

ボトルを撮影していました。

麒麟のウイスキー【陸】です。

なかなか美味しいウイスキーで、終売になった富士山麓と同じくらい好きなウイスキー。

と言うか似てます。

アルコール度数は50度と、しっかりとした味。

僕はソーダ割でしか飲めないので、ハイボールです。

なんせ美味しいウイスキーです。

しかも安いです😊

もっとみる
スキありがとうございます!初心者ですが、よろしくお願いします!
5

X-Pro2とストロボで撮る

JPEG撮って出し
フィルムシミュレーションで3種類、
同時撮影。

フィルムシミュレーションBLKです。

ストロボはProfoto A1
ソフトボックスは60×90

レンズはCanon
EF 24-70mm f/2.8L II USM

光を使った撮影って面白いです。

もっとみる
スキありがとうございます!初心者ですが、よろしくお願いします!
6