クリエイター支援

利益がなくてもいい成果(仕事)はあるか?

仕事の対価として利益は必須だが、利益だけでは足りない。 これからも多くの時間を投下する仕事にお金以外の価値(成果)を求めよう。

わかりづらい会社の方針や戦略の正体

結論:一般論、正論、客観性に変わる前提条件

例えば、絵を描かないイラストレーター

絵を描く仕事と認識されている前提を変えることでイラストレーターとして別の戦い方が見える状況。 明確に何をするかは定かでは無いが「見える」状況、次に取るべきアクションがイメージ「できそう」な状況が戦略や方針の機能ではないかと。

考えないでとりあえず行動する「前提」

予定通りいかない「前提」

一義的な解釈が無い

もっとみる

noteで有料記事を買うようになって起きた、自分の課金意識の変化など。

私がnoteさんにアカウントをとったのは、ずいぶん前です。

 自分の一番古い記事が2014年4月11日付けで書かれていたので、6年前からのユーザーということに。(現在は非公開です)

 そもそも有料の記事が書けるプラットフォームということで興味を持って、試用のためにアカウント取得したのだったと思います。

 その初期にも有料の記事を買ってみるテストは自分なりに行いました。

 でも、その頃にはま

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございました。
11

シルクドソレイユ破産申請のニュースで、支援がはいったと朗報が。よかった。
私も頑張るぞー。クリエイターの皆様いかがお過ごしでしょうか。

未来の創り手を増やしたい

こんにちは、クリエイティブユニバースのカッシーこと樫本です。

2020年6月8日に35歳の誕生日を迎えました。
記念にnoteはじめてみようと思います。
特にオチとかも無い、ただ語るだけのnoteです。

フリーランス・クリエイター支援を始めて約8年。
だんだん規模が大きくなり法人化して約2年半。
企業向けにIT・クリエイティブ・マーケティングを横断したコンサルや顧問をしつつ、クリエイター・フリ

もっとみる

文化や福祉を支援する経営者や資産家は人生得する

文化や福祉を支援する経営者や資産家は人生得する

作:めたのしゃん

他者に支援する経営者や資産家は人生を得する

もっと言うと福祉や文化事業を支援する経営者や資産家は人生得する

なぜなら、お金儲けばかりの人間は

底の浅い薄っぺらい風が吹けば飛ばされる人間に見られかねないから

でも

若手や新人のクリエイターを支援する人

マイナーなクリエイターを支援する人

仕事の無いクリエイターに支援す

もっとみる
忝いです、宜しければマガジンの購入もよろしくおねがい申し上げます
6

世界最高峰のクリエイター支援サービスPatreonでパトロンになる

SWEET SOUL RECORDSに所属するアーティスト、Nao Yoshiokaのメンバーシップサービスを来たる5月22日に開始することにあたって、以前からとても気になっていたサンフランシスコ発祥のクリエイター支援サービス、Patreonを使うことになりました。

色々と国内のサービスなども見て検討したのですが、なかなか思想に合うものや機能が合うものがなく、Nao自身が日本だけではなく、世界で

もっとみる
スキ!ありがとうございます!もしよければ是非者もお願いします!
18

芸術家には成功が必要だ。パンのためだけではなく、特に自分の作品を実現するために。
 ――パブロ・ピカソ

金は儲けるために躍起になるものではなく、使うために夢中になるべきもの。富は私たちを解放するためにある。
 ――ココ・シャネル

https://note.com/ouma/n/n8b64e8265ee0

For the Sophisticated People...😉❤
12

廻る・巡る・そして笑顔は2倍になって還る🦀

入院中の僕は、このゆったりと流れる時間を利用して心のままにnoteやfacebookで文章を書いている。(明日退院なんだけどね)

 で、そうすると必然的に他の人の文章を読む機会も増えるわけで・・。

 で、退院後に少しのインターバルをおいて始まる東京長期滞在型ツアーの資金のために今僕はpolcaをやっている。

 そんな中すごくいい文章に出会った。🦀
 本人に了承など全くとっていないので、内容

もっとみる
ありがとう!これからも頑張ります!
4

なんだか社会の闇を感じています

貯金が底をついてきたので、就職活動をしています。と言ってもオジサンなので、なかなか次の就職先は見つからないでおりました。
また、転職回数もそこそこあり、エージェントからは「これはネックになるかと思います」と言われてしまいました。

なので、とりあえず、応募できるところには片っ端から応募してみて、面接に漕ぎ着けたところへ面接へ行くという日々を過ごしています。
しかし、緊張しやすいので、何度か「コミュ

もっとみる
ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
1