流されてもいい

流されてもいい

こんにちは。maruねえです。 オリンピックも始まりましたね。小さいころからひとつの目標を目指してひたすら取り組む姿はすごいことですし、それで勇気づけをもらう人もたくさんいることと思います。しかし、同時に夢が特にあるわけでなく、「将来こんな仕事に就きたい」などと思い描くことが、いまひとつしっくりこない人も多いのではないでしょうか。卒業を控え、“就職しなくてはいけない”から色々な企業に応募してみるが、あまりしっくりこないまま決まったところへ入社し「どうも思っていたものと違う」

1
この仕事に向いてないんじゃないか?と思ったら

この仕事に向いてないんじゃないか?と思ったら

新卒の方と話していてよく聞くのは、“自分はこの仕事に向いていないんじゃないか?”との悩みです。 こういう風に悩むのは、その仕事に向いている証、とまでは言えないまでも、最低条件を満たしていると言えます。 こういった悩みは、仕事に真摯に向き合うからこそ浮かび上がってくるものです。もし仕事に対していい加減な気持ちしかないのなら、葛藤なんてしません。悩んでいる時点で、真摯に仕事と向き合うことができているわけですし、自分のできていない部分を見つめることもできているというわけです。こ

6
「チームの中で自分が果たすべき役割」。ーー入社10年目の今感じる、アライドだからこそ築けたエンジニアとしてのキャリア

「チームの中で自分が果たすべき役割」。ーー入社10年目の今感じる、アライドだからこそ築けたエンジニアとしてのキャリア

アライドアーキテクツ10年目。ベトナム子会社2社のCTO 兼 バックエンドエンジニアの岩間亮さん。 プログラミングの専門学校に通うも、エンジニアを職業とすること諦めファーストキャリアを営業職からスタートさせた岩間さんが、なぜまたエンジニアへとしてのキャリアを歩み始め、アライドアーキテクツと出会い、現在のCTOに行き着いたのか。 そしてアライドアーキテクツでこれから何を成し遂げていきたいのか。 岩間さんのこれまでの歩みと、これからの想いについてお話を伺いました。 ※この記

8
40代の転職。キャリアアップを成功させるには?おすすめのサイト6選

40代の転職。キャリアアップを成功させるには?おすすめのサイト6選

こんにちは、転職できるくんの川辺です。 40代になり、20代や30代とは異なったキャリア観を持つようになってきた、という人も多いかもしれません。 20代はがむしゃらに目の前の仕事に取り組み、30代では自分のキャリアを少しでも確立するため、理想と現実を行き来していた、という人も多いはず。 そして40代になり、30代よりももう少し腰を据えてキャリアを見ることができていると思います。 キャリアを確固たるものにしなければならない、またやりがいや将来性が乏しいと感じている人もい

4
なぜ?って問わなくなったら死ねる

なぜ?って問わなくなったら死ねる

【文字がしんどい方はこちらの音声でどうぞ】 こんばんは、ナノマグナムです。 僕には三浪して今大学3階生の友達がいる。 その友達が受けている講義の確か「キャリア形成」という名前の講義だったと思うのですが、そこで今自己分析とか自己PRの練習みたいなことをしているらしい。 そいつ自身はそれが難しいみたいで、最近通話した時に悩んでいました。 どういうところが難しいん?と僕が聞くと、「なんかペラペラなんやよな」と言われました。 深掘りしていくと、例えば彼が好きなものは何かと聞か

3
夫婦別姓って実現するの?

夫婦別姓って実現するの?

先月に最高裁が2005年同様に、夫婦別姓に関して現在の制度(夫婦同姓)は憲法違反とはいえない、との判断を下しました。 それを受けて、公明党は選択的夫婦別姓の制度導入 を衆院選公約に明記すると発表してにわかに騒がしくなってきました。 なぜ、こんなに制度が変わるのが遅いのでしょうか? 現状を変えたくないバイアスが働いているんでしょうかね? 今日はそんな夫婦別姓に関して *日本の選択的夫婦別姓のあゆみと現状 *世界はどんな制度を取っているか? *女性の声を聞いてみよう と

5
「honaはレベルが1あがった!」を積み上げよう

「honaはレベルが1あがった!」を積み上げよう

おはようございます。honaです~ 今日お話ししたいのは、「honaはレベルが1あがった!」と感じた事について。 先週のある日のこと。普段、子供2人を保育園に預けていまして、送迎は夫とほぼ半分ずつ担当しています。 基本は、私が送り、夫がお迎えです。 世間では、夫が送る方が多いようなので、珍しいパターンですかね?^^ (そうそううちの夫もまぁ変わり者で笑、こういうそれこそデンマーク人の男性のような考え方を持ってます。バリバリ日本人ですが。こちらはまた別の機会に^^) 会社

私がやりたい、「農業」「キャリア」②

私がやりたい、「農業」「キャリア」②

こんにちは! 梅雨が昨日で明けて本格的な夏がやってきましたね! 夏は季節の中で得意でない方ですが、その時期に楽しめることにどんどんトライしてきたいですね✨ 先週に引き続き第2弾! 私がやりたいこと2つ目「キャリア」について、 今回は書いていきたいと思います。 = キャリア編 = 知らない選択肢農業編でも話をしたが、もう一度私の生い立ちの話をしたい。 鹿児島のとある田舎で生まれた私は、ある程度の自然に囲まれて育った。 両親は医療従事者で、小さい頃から医療業界の話をしてく

20
わーい!花金だあああ〜!!

わーい!花金だあああ〜!!

今週は今までに無いくらい 忙しくて充実していた。 そして今日は猛暑日で汗が止まらなかった。 バイトから帰ってきてクタクタで 昼寝をしただけで汗をかいてしまった。 忙しいってマイナスな印象があったけど、 今週は自分今一生懸命生きてんなあ〜〜 っていう充実さがとても幸せに感じた。 側で支えてもらっている方々のおかげもある。 ちょっと前までは、正直人と関わるのが とてもだるい時期だった。波がある。 自分が無理してまで関係を続ける友人関係を思い切って断ち、もっともっと色んな人

24
note続けてます!/昨日のできごと

note続けてます!/昨日のできごと

こんにちは~honaです。 note、ちょっとずつ投稿できてきました~。ふう~。 とにかく毎日更新することを自分に課して実行する。 それをできる限りしんどくならないよう、日々に仕組みをしかけてオートマチックに。 そんな事を考えながら更新を続けております。 たまにスキして頂けたりもして、嬉しいものですね。 それに、note書かなきゃな~何書こうかな・・・と考えて、じゃあこのテーマにしようかなと決めて書き出すと、 意外と自分の中から言葉が出てくる、出てくる。そんな事も経験し