カナダ生活

(5)180°考え方をひっくり返された

癒しをもらった親子教室

初めての2時間のシュタイナー親子教室を体験してみて、今までに感じたことがない癒しと、その癒しが一体なんなのか知りたい!という欲求を覚えました。

単純に、空間が心地良かったのか?はたまた、パン作りや人形劇が楽しかったのか?実は自分は木の素材が好きなのか?

当初の自分は、ちんぷんかんで、短絡的なことにしか目がいかず。それでも、毎回、二週間に一度の親子教室を楽しみに通う自分

もっとみる
わ❤️ありがとう💓
3

カナダでは小学生が話し合うBlack Lives Matter

大阪なおみさんの件もそうだったが
「スポーツ選手はスポーツだけしてろ」
とか
「日本に黒人差別は関係ない」
とか
「公に(Facebookも)あまり政治の話をするのは良くないと」
か言っちゃってる日本の大人達、本当にそれでいいんかなと思う。
私も体制批判したり、学校とサシで掛け合ったりしてきたこと、一部の人たちにとっては鬱陶しいという事もちゃんと理解してるし、感じてる。
波風立つのが嫌いなひとたち

もっとみる

リッチチャイニーズガールとのデート

カナダに住んでいる時の話ですが、マッチングアプリで、中国本土から親戚に会いに来てるという女の子と会う事になりました。

待ち合わせ場所に着いたらBMWで登場したので、あ然としました。

英語はそこまで得意でなくて、勉強中と言ってましたが、何とか会話できるレベルでした。

車の中での会話で、この車はそんな大したことない普通の車だよ的な事を言ってました,笑

姉がカナダに住んでおり、家を3つほど持って

もっとみる

(4)シュタイナー校の教室

第一印象にみるシュタイナーの教室の物理的な特徴について。私が感じたことをまとめます。

プラスチックがない😲

主に木、そして竹や草でできた籠類、麻や絹やウールなどの布類、金属、石やクリスタルなどの岩石、松ぼっくりや栃の実などの木の実。

教室内に、プラスチック製品がないだけで、こんなにも雰囲気が安らぎ、そして柔らかくなるのか、と感銘を受けました。心底、落ち着くとは、こういう感じか•••、と。と

もっとみる
わ❤️ありがとう💓
5

8Note: 人生まだ始まったばかりじゃないか。

こんにちは。(と言うか、おはよう、ですけど。)

今日も最高に雨降りクーバーからお送り致します。実は更新日は昨日だったのですが、何だか書けなくてすっぽかしてしまいました。

まあ、今日は気分を取り直して行きたいと思います。早速本日の題名について解明したいのですが、その前に皆さんは人生目標とかありますか? 私はこの目標設定が大好きで、先十年位の計画を立てたがる様な人種であります。皆さんも先十年とは行

もっとみる

バンクーバーワーホリ生活も残りわずか、帰国前の準備をする

筋トレとウーバーイーツ配達員を日々のルーティンとしているマサキン(@masax420)です。

バンクーバーでのワーホリ生活も残すところあとわずかになりました。(1ヶ月ちょっと)

そろそろ帰国前の準備をしていこうと思い、リストアップすることにしました。

•携帯simカードの解約(freedom mobile)
•銀行口座の解約(CIBC銀行)
•カナダドル→日本円に両替(Transfer Wi

もっとみる

バンクーバーでウーバーイーツをするならセットでドアダッシュ(DoorDash)も使うと効率的【8月売上報告】

ウーバーイーツ8月度売り上げの続きとなります、こちらの記事はおなじくフードデリバリーの「ドアダッシュ(DoorDash)」の売り上げ結果を発表します。

ドアダッシュ8月の売り上げ

第1週目(8/3~8/9)の売り上げ額は「376.2ドル」でした。
・配達件数は44件
・稼働時間は9時間

第2週目(8/10~8/16)の売り上げ額は「391.67ドル」でした。
・配達件数は46件
・稼働時間は

もっとみる

8月度バンクーバーで稼働するウーバーイーツ配達員の売り上げ結果

有酸素運動の目的でウーバーイーツをしているマサキン(@masax420)です。

今回は8月度のウーバーイーツ1ヶ月間の売り上げを発表しようと思います。

■バンクーバーでウーバーイーツの配達員に興味がある方は、僕の紹介リンク(こちら)経由で登録すると、【220ドル以上の収入が保証】されます。(90日間で50件の配達件数が条件となります)
■バンクーバーでウーバーイーツをはじめて注文してみたい方へ

もっとみる

株式会社Irohakids設立#5〈バンクーバーでの生活①〉

この設立秘話はシリーズになっているので、ぜひ#1から読んでほしい。(ちょっと長いけどねw)

幼稚園勤務をしていた私は支援の子どもたちをクラスに多く受け持つことで、特別支援の専門になってやろう!と特別支援の研修に明け暮れる。研修を活かし日々の保育をする中、特別支援=Special careとして海外の保育園の特集を見る。好奇心が有り余っている私は、持ち前の行動力を駆使し翌週にはカナダへの保育プログ

もっとみる
私もスキです♡