シビックパワーバトル オープンガバメント推進協議会2019

2020年1月19日、千葉市のホテルグリーンタワー幕張にてシビックパワーバトル オープンガバメント推進協議会2019が開催された。

オープンガバメント推進協議会
一般会員として大津市、桑名市、郡山市、武雄市、千葉市、奈良市、日南市、浜松市、福岡市、三重県、室蘭市の地方公共団体、また特別会員として民間団体を含む6つの団体で構成される組織である。同評議会は年に1回、情報共有や、新たな知見の発見を目的

もっとみる

ソビデ第13回「データペルソナ。川崎シビックパワーバトル2019」

ソーシャルビジネスをデザインする、略して、ソビデ。不定期連載、13回目は、川崎市ビックパワーバトル2019のお話です。2018年は、川崎を南北に分けて、自慢しあう、文字通りのバトルだったのですが、2019年は、課題解決型にシフトして、データペルソナとデータジャーニーマップを使うことがポイントになりました。

株式会社ニューロマジック、イノベーション担当執行役員の藤本です。ニューロマジックでは、イノ

もっとみる
ありがとうございます。
10

北杜市のデータ利活用研修

今日は、シビックテックラボとして、いつもお世話になっている地域活性化センターさんのご協力で北杜市さんのデータ利活用研修に行ってきました。

今日のアジェンダはこの4つ。
特に、手を動かしたいということで、総合計画+総合戦略から見た目標設定と課題の作成とデータ利活用、そして、Tipsという形で誰でも参加しやすいクイズ方式でのデータ作成の肝をお話しています。

データ利活用社会は、すぐそばにきています

もっとみる

いつもの家具が小さな工夫でバリアフリーに。IKEAイスラエルのThisAbles プロジェクト。

今日は来月2月1日に日本科学未来館でのイベントに来日する、デザイナーのマリアーナ・ベンダビッドさんが関わっているIKEA イスラエルのThis Ablesプロジェクトについて紹介します。

▶︎ThisAbles プロジェクトってなあに?

IKEAイスラエル発のプロジェクトで、障害のある人たちが家具を使いやすくするため、補助器具の3Dプリント用データをオープンにして無料公開しているプロジェクト。

もっとみる

KAWASAKI QUEST 2019

シビックパワーバトル2019参戦にあたって、個人的に情報ひっぱってきたソースサイトのご案内。

オープンデータLv1の私にできることと言えばチーム内外のスペシャリストたちが提案してくれる有効ソースを必死にたどることくらいだけども笑
オープンデータがそもそも何なのかもよく分からず、なので、とりあえずいろんなところからデータを引っ張ってみたので下記参照。

1.JMAP~地域医療情報システム~

Ex

もっとみる
しゅき(*´ω`*)
4

川崎シビックパワーバトル2019

2019.12.15(日)半年前から参加していた勉強会の発表会的な位置づけとして「川崎シビックパワーバトル2019」に参加+観覧してきましたので、自分の記録として、報告を!m(__)m

写真多めとプレゼンターでもあったので、ほかの人の内容が抜ける可能性+このnote自体が長いと思うので、時間がある方はあとでじっくり見る系でも全然OK!

https://cpb.openkawasaki.org/

もっとみる
やっほー!!
22

三田のラーメンを見える化していってます。

それをオープンデータというのか?という疑問もありつつですが。

美味しい不味い、は主観なので食べた人に判断をお任せするとして、ラーメン食べたい。って時にこのページが役に立てば、と思います。

もっとみる
スキ、ありがとうございます。
2

2019年に知っておくべきオープンデータソース70選

ほとんどの人は、ビッグデータの収集は大変な仕事だと考えていますが、そうでもないと思います。実際にはオープンデータソースがたくさんあり、誰でも利用できます。ここでは、政府機関、医療・健康、 金融・経済、ビジネス・企業、ジャーナリズム・メディア、不動産・観光、文化・教育などに関するオープンデータソースを70選まとめました。

一、政府機関

1.日本総務省統計局: 日本総務省統計局、統計研究研修所の共

もっとみる

オープンデータについて考えてみたけど、結局データベース化しか思いつかなかった

先日、#こんな社会だったらいいなのコンテストでオープンデータについて語ってみました。

夜中の勢いで書いてみた翌日に見返してみたところ、完全に他責状態で投げっぱなしでしたので、今回は具体的にどうなっていればオープンデータが利活用されるのか、具体策を提示するお話になります。

はじめに

最終ゴールは、データクレンジングが限りなく0となる状態です。データアナリストがデータ分析する工数の9割がデータク

もっとみる
ありがとうございます!
6

オープンデータについて考えてみる、というよりも提言

久しぶりに書きます&与太話です。

公私問わず、普段からデータを取り扱う機会が多い僕ですが、一番時間を奪われている作業があります。
それは、データクレンジング。
(データ界隈の方々はたぶんものすごく頷いていると思います。たぶん。。。)

データクレンジングを行わなければいけない原因についてはここでは多くは語らないでおきます。
ただ、データ界隈の人材として一言物申したいのは、「データクレンジングが発

もっとみる
Thanks :)
8