緑の円と小さな花の大ぶりピアス/イヤリング 一点もの

マットな落ち着いたグリーンの大ぶりな円に、白い小粒な花の組合せが、個性的でありながら可憐さも加わった仕上がりになっています。

※※※※※※※※※※※※※※コーディネート※※※※※※※※※※※※※※

セットアップやハンサムスタイルに合わせて、カジュアルダウン。
コンサバスタイルに合わせて、脱コンサバに。
シンプルな装いに合わせて、ピアス/イヤリングを主役に。
フレアワンピースやスカートに合わせて

もっとみる
嬉しいです。
2

それでも願うことって大事ですよね、ね?

こんばんは。

本日の復活販売は飾り結びのイヤーカフ でした

↑「ひとあしこつり・佇」(minne、Creema、BASE、iichi、STORES)

シンプルデザインでコンスタントにアクセスをいただいている「ひとあしこつり」シリーズの中でもさらに輪をかけてたくさんの方がご覧になっているのがこのえんじ色

特に今年は鮮やかな赤よりはえんじ色のアイテムの方が手に取りやすいのかなという印象を持って

もっとみる
パーフェクトだウォルター。
6

問いの記録_2020年5月

ゴールを目指したものづくりが苦手で、その時々に応じて自分なりの答えを探しながらつくる傾向なので、月に一度だけオープンするオンラインショップに合わせて、この一カ月に心に留めた問いを記録します。

▼ほぼ毎日更新 instagram

▼月に一度の期間限定オンラインショップ(~6/4まで)

みなさんは何を思うでしょう。






「自分ごと」と「人のため」の共存とは?

お客様と一緒につ

もっとみる
うれしい!ほかの記事も立ち寄ってみてください!
28

ブレスレットの長さは・・

ブレスレットの長さ(手首のサイズ)が比例するのは・・

ズバリ、身長です。

細いので、太いので、と気にされる方が本当に多くいらっしゃるのですが、基本となるのが”身長”

もちろんブレスレットのデザインや使用するチェーンの太さ・細さによっては内径差という面からかなり装着感も変わってまいります。
ファッション小物としてのバランスの問題、個人の装着感の好みなどもございます。

サイズ感にこだわりの強い

もっとみる
ありがとうございます。素敵な一日になりますように。
3

オーブン粘土でアクセサリーつくってみた

突然ですが!オーブン粘土って知ってます?

その名のとおり、オーブンを使って固める粘土。
柔らかい粘土を好きな形にコネコネしたあと、オーブンで焼けばカッチカチに。
紙粘土と違って、熱を加えない限り粘土が固くならないので、時間をかけて作品を創れるのも良いところ!

今回はそんなオーブン粘土を使ってアクセサリーをつくってみました~!

使った粘土はこちら▼

あらかわいらしいパッケージ・・・♡ ドイツ

もっとみる

パールの魅力。

シンプルなスタイリングが好き!
はたまた、今だとマスクとの相性
はたまた、はぁ~もうコーデ考えるのめんどくさい・・な時にも耳元にセットするだけで簡単に抜かりなくおしゃれを叶えるピアス!

ラウンドとはまた違って、スタイルにエレガントさだけを押し付ける感じにはならず
エレガントでありながらスタイリッシュ。
ちょっと攻めの姿勢がうかがえるので、アラフォー以降すべての年代の女性に是非お試しいただきたい存

もっとみる
ありがとうございます。素敵な一日になりますように。
2

海外ビンテージボタンでハンドメイドアクセサリー

こんにちは capricciosoです( ´ ▽ ` )

最近は、ご紹介している通り海外のビンテージのボタンを使ったハンドメイドアクセサリーに凝っています( ´ ▽ ` )

今回のイヤリングは、イタリアのビンテージボタンを使用!!

なんともシュールなお魚のボタンです(笑)

この大きさと重みがお気に入りポイントでした♡

大きなサイズのものは存在感が出てオシャレに見せてくれるので、シンプルな

もっとみる
お気持ち嬉しいです(^ ^)
1

フープピアスの(開き方)使い方!

フープピアスの使い方です。

商品説明で「脱着の際に引っ掛かりが起こり易いワイヤーフープピアスですが、できるだけ身に付け易く作業工程に独自にこだわるフープです。

身に付け方は少しひねって頂いて、耳たぶを通すスペースを確保。
ワイヤーとワイヤーを引っ掛け留める部分も丁寧にワイヤーを研磨し、歪みが起きるほどひねらずとも留めて頂くことができるポストの角度と、フープ式ではなく、フック式としてこだわってい

もっとみる
ありがとうございます。素敵な一日になりますように。
1

オパール難しい・・

身を持って体験したオパール難しい。

今日はオパールの安定性のお話です。

オパールは、天然石の中でも特にデリケートな石です。
かつ、オパール自体もともと水分を多く含むストーンですが。(ストーンというか性質はシリカゲルをご想像下さい。)

エチオピア産オパールは特に水分含有量高く、内部の水分が不安定な性質をもっています。

実は素材として手にしたときにも作品には不向きなハネルースで、毎回軽く実験を

もっとみる
ありがとうございます。素敵な一日になりますように。
1