アニメビジネス

映画やアニメの原作使用料について、よくある誤解(コンテンツビジネス・ラボ)

週1回ペースで更新のポッドキャスト番組「コンテンツビジネス・ラボ」です。

劇場版『鬼滅の刃』の大ヒットに対し、原作使用料が少ないんじゃないの?という報道がチラホラありますが、この辺りはいつも誤解されがちなので、「映画やアニメの原作使用料」についてトークを展開してみました。
原作使用料が少なく見えても、原作は二次使用料(印税)の部分もかなり大きいので、トータル的には決して少なくはないというのが通例

もっとみる
スキありがとうございます!
7

貴社のためのポジショニング戦略~競合を排除し、ニッチな市場を開拓するための方法~



改めまして。

ビジネスアニメーター兼

シナリオコピーライターの檀浦です

今回はビジネスでは必要不可欠な要素

『ポジショニング』とUSP「独自のセールスポイント」を確立して

競合と熾烈な争いをせずに利益を上げたい人のための記事です。

何故競合よりも質のよいサービス・商品を売っているのに

奴の会社ばかりにお客が流れるのか・・それは上手くポジショニングをとれていない可能性があります。

もっとみる

2019年にTVアニメ制作が大幅減少、理由を考える

[2019年、TVアニメ制作が前年比大幅減]

2020年11月に日本動画協会が刊行した「アニメ産業レポート2020」によると、19年のTVアニメの制作本数は18年に較べて大幅に減少しました。
19年の制作タイトル数は314本、前年の350本より36本減少です。15年の361本、16年352本から3年連続の減少でもあります。

TVアニメシリーズは各話1分程度や30分枠まで長さは様々で、必ずしもタ

もっとみる
ありがとうございます!大感謝です!
37

2020年のエンタメコンテンツを振り返る~サブスク時代の劇場論など~(コンテンツビジネス・ラボ)

週1回ペースで更新のポッドキャスト番組「コンテンツビジネス・ラボ」です。

今回は、前回の「2020年のアニメを振り返る」を受けて、2020年の全般的なエンターテイメントのコンテンツについて、トークを展開しています。
「愛の不時着」「梨泰院クラス」「100日後に死ぬワニ」「STAND BY ME ドラえもん 2」「アップルVSエピックゲームズ」等々……、ヒットした作品や話題になったニュースが、今年

もっとみる
スキありがとうございます!
2

2020年のアニメを振り返る~今年は豊作でした~(コンテンツビジネス・ラボ)

週1回ペースで更新のポッドキャスト番組「コンテンツビジネス・ラボ」です。

今回は、ガジェット通信が実施した「アニメ流行語大賞2020」を手がかりに、2020年のアニメを振り返ってみます。
今年もアニメ業界は様々なニュースやトピックがありましたが、劇場版『鬼滅の刃』の記録的なヒットもあり、豊作でした!

ここでお聞き頂けます!

下記プラットフォーム等にて、無料でお聞き頂けますので、宜しければ、「

もっとみる
スキありがとうございます!
4

半沢直樹をアニメで作ることは可能か?近くて遠いドラマとアニメ(コンテンツビジネス・ラボ)

週1回ペースで更新のポッドキャスト番組「コンテンツビジネス・ラボ」です。

今回は今年を代表するドラマ「半沢直樹」について、アニメ化は可能かどうかを検証をしています。
実写ドラマや映画をベースにした作品の成功例は少ないですが、「半沢直樹」を通して、その背景に迫ります。

ここでお聞き頂けます!

下記プラットフォーム等にて、無料でお聞き頂けますので、宜しければ、「登録(購読)」をして頂けますと嬉し

もっとみる
スキありがとうございます!
7

ソニーのクランチロール買収、アニメ業界に何が起きるのか。

■日本アニメで買収総額1222億円

日本アニメの海外人気の高まりが近年指摘されますが、これと共にビジネス規模も急激に大きくなっています。ソニーと米国の通信会社AT&Tが12月10日に発表した、ソニーのグループ会社ファニメーション・グローバルによる米国のアニメ動画配信企業クランチロールのAT&Tからの買収は、これを象徴する出来事です。
買収総額は11億7500万ドル(約1222億円)。大型M&Aと

もっとみる
ありがとうございます!大感謝です!
50

芸能人の声優起用を斬る!(コンテンツビジネス・ラボ)

週1回ペースで更新のポッドキャスト番組「コンテンツビジネス・ラボ」です。

今回は「芸能人の声優起用」についてトークを展開しています。
アニメ作品における芸能人の声優起用について、事ある毎に賛否両論が出てきます。
メリット・デメリット共にある中で、番組でも検証してみました。

ここでお聞き頂けます!

下記プラットフォーム等にて、無料でお聞き頂けますので、宜しければ、「登録(購読)」をして頂けます

もっとみる
スキありがとうございます!
3

二次創作を許容すべき空気感と文化(コンテンツビジネス・ラボ)

週1回ペースで更新のポッドキャスト番組「コンテンツビジネス・ラボ」です。

今回は「二次創作を許容すべき空気感と文化」についてトークを展開しています。
「ファン活動としての二次創作を許容しなければならない空気感と文化を破壊したい」というはてな匿名ダイアリーが、先日話題になりました。
コミケのない初めての年末年始ということもあり、改めて同人文化を考えてみます。

ここでお聞き頂けます!

下記プラッ

もっとみる
スキありがとうございます!
1

まるで日本アニメ! 次々と生まれる海外産「ANIME」の注目作!

■2Dアニメでも話題作が次々現れる中国映画

2020年11月7日に全国公開となった中国産の劇場アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』が、映画ファン、アニメファン、アニメ関係者で話題を呼んでいます。もともと昨年秋に中国語音声・日本語字幕が小規模公開しており、作品の完成度がアニメ関係者やファンの間で高く評価されました。
これを受けて人気の声優を起用、日本アーティストの主題歌をつけ

もっとみる
ありがとうございます!大感謝です!
116