アジア就職

人生戦略としてのアジア就職 ー キャリア・シフト

本の紹介者:よし

こんな人に読んで欲しい
・自分のキャリアが現在不明確な人
・アジアに興味のある人
・人生戦略を改めて再考したい人

1.自分のキャリアが戦略的であり、かつ明確になっているか?

 もし今「自分のキャリアが戦略的であり、かつ明確になっていますか?」と質問された場合、どれ程の方が「YES」と答えられるでしょうか?大抵の方が口ごもってしまうかもしれません。「YES」と答えられる人は

もっとみる

驚くべき日本人の平均給与の推移

こんばんは、3月はオンラインセミナーの嵐でコンテンツ準備により連日寝不足の自由なキャリア研究家namiです。

体張ってオンラインセミナーもやっておりますので、興味のある方はぜひご参加くださいませ(なぜか体育会系アピール)!

本日は、ちょっとシビアなお話を(いつも真面目ですが)。

日本人の給与って、この30年間で変わってないって、気付いてました?!

国税庁のHPに行って調べればすぐにわかるの

もっとみる

欧米とはどこのことか? パート2

こんばんは

コロナでピリピリしているこのご時世ですが、

花粉症のため新宿の交差点で派手にくしゃみをし、

すれ違いざまに観光客らしき”欧米人”に「bless you!」と言われて、

なんだかテンションが上がった自由なキャリア研究家namiです。

今日のテーマ。

”欧米”とはどこのことか?!

昨日、日本と海外を分けることの弊害をお話ししました。

ちょうど1年ほど前にも、このテーマで記事

もっとみる

海外生活マレーシア 2月8日

現在のプロジェクトは24時間体制のシフト。

そして2月は夜勤の月となっている。

夜9時から朝6時まで働いている。オフィスは現在住んでいるコンドミニアムから徒歩4分なので余裕。

この日も早朝6時すぎに帰宅した。スポーツウェアに着替えてコンドミニアムにあるジムへ行く。週の半分はジムで汗を流す。

基本怠け者なので、ジムのトレーニングも追い込むようなことをせずに適当に筋トレと30分のランニングマシ

もっとみる
応援ありがとうございます!ハゲになります、じゃない励みになります!
3

学歴もない僕がフィリピンで教育起業をした理由は、理想の未来が見えたから。

「田舎にある語学学校の経営者が何を言っているのだ」という話になってしまうわけですが、これにはちょっとしたわけがあります。改めて自分振り返った時に一体なんのプロ(専門家)なのだろう。という疑問が湧いてきたわけです。

ちなみにこれは現在ビジネスをやられている方にも何かヒントになるかもしれません。売れない理由を嘆くのではなくて、売れるためにどうやって挑戦をしていったのか、そんなお話になっています。

もっとみる
ありきたりですが、ありがとうございます!
4

【タイで働く】新卒で海外就職を決意した20代のリアル ~自分の物差しで生きていく~

こんな人向け…
・将来は海外で働くことや、グローバルなキャリアに興味がある
・まだ明確にはわからないが、視野を広げるために海外インターンを経験してみたい

【プロフィール】

山口県出身/早稲田大学法学部卒。学生時代にWantedly、Adecco Thailandでそれぞれ約半年間のインターンシップを経験。その後新卒海外就職を実現し、2019年4月、学生時代にインターンを行った人材紹介会社のAd

もっとみる
本当に嬉しいです( ^ω^ )/
36

「やりたいことを仕事にする」 が本当に人生の幸せ? 【それよりも、〇〇を明らかにしよう】

Ryota (@ryota0406) です。

普段は主に海外キャリアや転職についてブログで発信しているのですが、
noteでは海外ネタに限らず、自分の思うことを気ままに、かつ赤裸々に書いていきます。

「やりたいことが見つからない」

これ、よく聞く言葉ですね。

一方で、今の時代は働き方やキャリアの選択肢も増えてきて、
・「やりたいことを仕事にしよう!」
・「そのために、まずはやりたいことを見

もっとみる

2007年。初めて来た頃のインド就職事情

2007年にインドを目指して働きに来る日本人はどれぐらいいたのだろう?

外務省統計を見ると、インドの在留邦人数は当時約2300人。南インドのバンガロールでは300人ほどだったと聞いていた。その多くがトヨタやデンソー、大手商社などの現地日系メーカーの駐在員だったと思われる。

ちなみにその10年後、2017年の統計では在留邦人数は9000人を超えている。バンガロールはデリー首都圏に次いで2番目に邦

もっとみる

海外就職を目指す上で、現状不足している情報は何か考えてみた

「海外に出たい?じゃあ早く来れば?」
「いや、わかってるんだけど。。」

これ、海外在住者の先輩に聞いたら、結局はこういう結論に至ることが多い。当然、僕も「来たいなら来ればいい。結局決めるのはあなた自身だから」というスタンスに変わりはない。
相談者もわかってるんだけど、なかなか具体的なアクションに移れない。
ただ ”来いよ” と言うだけでなく、何があれば上手く背中を押すことができて、どんなボトルネ

もっとみる

これから海外で勝負する日本人に必要なこと 〜ローカルトップ層にアクセスせよ〜

「縮小する一方の日本を出て、これから急成長するアジアに出ていくべきだ」

こういった危機感を持っている日本人は多い。
実際にいち早く行動に移した人もいれば、これからこの波に乗っていく人もいると思う。ただ、

「海外、東南アジアに出ればそれでいいのか?」

というと、疑問を感じる。
あくまで個人の所感レベルではあるが、実際に数年東南アジアに身を置いてきた一日本人として、今後日本人がこの地で闘っていく

もっとみる