アクロニウム

「テックウェア」という得体の知れない存在について

これまでの記事にて、さんざん「テックウェア 」について述べてきておいて何だが、「テックウェア 」というカテゴリーそのものに対する何とも言えない座りの悪さ、違和感が拭い難く存在していた。当noteでは「テックウェア」という分かるようでわからんカテゴリーの実像について自身の所見をまとめていく。以下の内容は拙稿「テックウェア導入マニュアル」を補完するものなので、気になった方はそちらも読んでいただけると幸

もっとみる
スキありがとうございます!
7

INPUTの記事

小島秀夫、ナイキ、Asusに共通するものとは?アクロニムの生々しい未来のビジョン。

スニーカーのデザインから『デスストランディング』の非常識なフィット感まで、機能的なギアを作るためのブランドのアプローチについて、Errolson Hughが語っています。
1994年にAcronymに命を吹き込んだ時から、Errolson HughとMichaela Sachenbacherは製品に妥協することな

もっとみる

Hypebeast の記事の翻訳

今回のチャリティーイベントで提供されるアイテムについて、エロルソン氏が貴重な話をしていたので、自分用に翻訳。

https://hypebeast.com/2020/9/errolson-hugh-acronym-nothing-knew-hbx-suprmarket-archive-giveaway-jackets-shoes-zine

Errolson HughがHBXのACRONYM×No

もっとみる

HBXの寄付イベントについて

アクロニウムのファンが騒然となったエロルソン氏のサインと新川洋司氏が描いたエロルソン氏の似顔絵が記載された、J1A-GTKPのスペックシート!あとJ1E-GT!これは、欲しい!スペックシートだけでもいいから欲しい!J1A-GTKPは買うから!なんなら、カラーコピーでもいいからください、エロルソン!てかもうこれ印刷して壁にかざればいいんじゃないか!?

でもやっぱり欲しい。どうしたら、これが貰えるん

もっとみる

テックウェア導入マニュアル

ツイッターでテックウェアに関するつぶやきをしたところ非常に反応が多くて驚いた。アウトドア系ファッションの流行も息が長く、テック系ファッションも次第に認知されつつあるのだろう。あとアクロニウムのデザイナーと何かと絡んでたコジプロの影響もあるんだろうか。

その一方で、コーディネートの要素と考えると、テックウェアは選ぶのに難儀する人も多い。アイテムそのものにアクが強く(ただしこれは誤解されている側面が

もっとみる
スキありがとうございます!
12

About J45M-BW

■J45M-BWって何?

エロルソン氏のインスタから引用
“This deadstock/vintage Bundeswehr Feldaprka (original production circa: 1982-1990) has been modified by ACRONYM for the POOL aoyama, in August, 2014. Reaction and perfor

もっとみる

About Errolson Hugh

◾️人物
名前:Errolson Hugh
誕生日:1971年9月22日
出身地:カナダ、マニトバ州南部にある都市ウィニペグ出身

年齢:48歳(2019年現在)
身長:5.8フィート(176センチ)  
   アクロニウムはMサイズ着用
星座:おとめ座
両親は中国系ジャマイカ人

SNS

https://vimeo.com/acrnm
Vimeoのプロフィール画面には『LET ME TELL

もっとみる

テックウェアブランドBIG3(アクロニウム・ヴェイランス・SISP)のフラグシップモデルの現物比較

タイトルに挙げたacronym(アクロニウム)とVEILANCE(ヴェイランス)そしてストーンアイランドシャドウプロジェクト(以下SISP)は、所謂「テックウェア」ブランドの先頭に立つ存在、テックウェアBIG3である。それぞれのブランドの立ち位置を一言で言うと「ACRONYMはサイボーグニンジャになりたい人向けで、VEILANCEは異様に強いモブキャラになりたい人向け、そしてSISPはサイバーパン

もっとみる
スキありがとうございます!
42

0003 キコ・コスタディノフ:アイトア・スループとアクロニウムの系譜 3

 自分のためのメモを書き出すだけと言いつつ、いざ公開するとなるとそう無責任にもなれず、再度リサーチし、記事として固めてしまう。それもまた自分の「臆病」な性格の現れなんだと認識し、今後はより純度の高い意味不明な文章もアウトプットしていけるようこの活動を続ける次第である。

キコ・コスタディノフ:アイトア・スループとアクロニウムの系譜 3

 前回はキコ・コスタディノフが1年間インターンし、服作りの基

もっとみる
ありがとうございます!がんばります!
20