熊にバター(行き場のない掌編集)

14
記事

黄色い夜(再放送)

ターミナルのひとつ手前の駅、というのが好きだ。
なにもないことがわかっていても無駄に降りたくなってしまう。

その日も、森林公園で行われたイベント取材の帰りに、夕闇迫る北池袋で降りてしまった。池袋まで、べつに歩けない距離ではない。

風はぬるく、街の光はまだぼんやりとしている。中途半端な時間ということもあって、人通りも少ない。

だいたい、日曜日の夕暮れに人は無目的に歩かないものだ。こんな時間にふ

もっとみる

「求む」やる気のない方

厚介は逡巡していた。思ってもなかった求人を発見したからだ。

厚介の特徴は「やる気のないこと」である。世間一般ではやる気のなさはあまり評判がよくない。

けれども厚介はあまり意に介してないのである。こんなに世の中にやる気が溢れているのだ。一人ぐらいやる気のない人間がいてもいいんじゃないか。

むしろ、そういう人間がいたほうがバランスが保てるってものだ。それぐらいに考えている。

以前の職場でも彼は

もっとみる
虹の味がしました!
33

トモナガさんのお仕事

トモナガさんの仕事場は山手線の中だった。

といっても、スリや痴漢などではない。そういうのは、もちろん犯罪であって仕事とは呼べない。

じゃあ電車の運転士? それとも鉄道警察隊か何か? どれもちがう。ほとんどの人は、彼の仕事をしらない。

その日も、トモナガさんは五反田駅のホームにいた。

彼は、とある社章を胸に着けた男をマークして、 男が8両目の4番ドア付近に乗ったのを確かめると自分も隣のドアか

もっとみる
虹の味がしました!
23

指の音

階段を上がって真紀の部屋に着いてピンポンを押したら、知らない男の人が出てきてびっくりした。

部屋を間違えた? でも見覚えのある真紀の傘がドアの横に立て掛けてあるし。わたしが言葉を探していると、

「あ、友達だからいいの。ゴメンいま手が離せなくて。奈緒でしょ? 上がって」
と、奥のベランダのほうから真紀の声がするので、友達だからいいというのはわたしのことなのか、男のことなのかどっちだろうと思いなが

もっとみる
雉が横切りました!
27

夜の入り口でサボテンは

「暗くなるのが早くなりましたね」

打ち合わせからの帰り道。まだ明るい時間だったので、いつもは通らない公園の脇道に入ろうとしたところでサボテンに話しかけられた。

しまった、と思った。日没前の明るさが残る時間はサボテンの活動時間なのだ。

サボテンは知人にでも偶然会ったかのように話しかけてきて、不意をつかれた僕は、うっかり「ええ」と返事をしてしまった。

「もうすぐ立冬ですからね」

サボテンはす

もっとみる

逆コンビニ強盗

コンビニのレジで店員から「手を挙げろ」と言われたことがある。仕事からの帰り道。習性のように立ち寄る近所のコンビニでのことだ。

お弁当と部屋の冷蔵庫に常備しているヨーグルトと目についたポテチの新作を手に取って、いつものようにレジに置いた。

今どき珍しいぐらい髪に何か塗りたくった男性店員が無言でお弁当を手に取り、バーコードをスキャンする代わりに僕に拳銃のようなものを向けたのだ。

一瞬、店員がレジ

もっとみる
あ、ありがとうございます!
23

ポケットには子犬を入れて

鍵、スマホ。あと、それから財布。

多くても、それくらいのものだろうという予想は、あっけなく外れた。世の中の人は、ちょっとよくわからないものをポケットに入れて持ち歩いているのだ。たとえば、知恵の輪とか。

        *

「この前、乗ってた電車が止まっちゃったんですよ。そんとき、前に座ってたカップルの男の子が、ほらって、ポケットから知恵の輪取り出して彼女に渡してて、これが解けたら電車動くよっ

もっとみる
あ、ありがとうございます!
26

冷蔵庫日和

朝、起きたらキッチンから母の泣き声が聞こえてきた。
傍では父が何やらぶつぶつ呟き、姉は見るからに温そうなビールを飲んでいる。

「どうしたのよ?」
パジャマのままのわたしが尋ねると、父が「冷蔵庫の様子が変だ。ダメかもな」と言った。

「は?」

わたしが父と冷蔵庫を交互に見ながら言うと、母がテーブルに顔をうつぶしたまま「勝手に死なさないで」と泣き声でいう。

「なんのこと言ってんのよ」若干、うんざ

もっとみる
雉が横切りました!
32

イヌリンの秘密

先生が転校生を連れてきた。背のちっちゃな女の子だ。自己紹介をしなさいって言われても、じっとうつむいてる。

仕方がないので先生が、みんなに仲良くするように、じゃあ席は、またちゃんと席替えするからとりあえずモトヤの隣、教科書も見せてあげるようにって言って授業を始めた。

え? まじ? 俺の隣かよとか思ったけど文句を言うのも面倒だし、なんか意識してるみたいでいやだったので席をくっつけて教科書も転校生に

もっとみる

拳銃の悩みについて

誰にだって人に言えない悩みはある。この国にもいろんな人がいるのだから、どんな悩みだって存在理由があるのだろう。と思う。

もう今では撤去されてしまっているのが残念だけど、とある駅前に《拳銃の悩みでお困りの方へ》と記された電話相談の看板があった。

ほとんど誰も気に留めない中で(まあ、だいたいどんな看板もそうだけど)、僕はそこを通るたびに気にしていた。

といっても、僕が法に問われるようなものを所持

もっとみる
落したのは金の斧です!
16