さくらむ

中央林間うえだ鍼灸院院長。慢性疾患をよくするためにはベースにある疲労、冷え症、不眠症を改善することが何よりも大切です。子宝に恵まれるため、美しくなるため、あなたの夢を叶えるために鍼灸を利用してください。日本自律神経学会会員、日本不妊カウンセリング学会会員、日本動物愛護協会会員

さくらむ

中央林間うえだ鍼灸院院長。慢性疾患をよくするためにはベースにある疲労、冷え症、不眠症を改善することが何よりも大切です。子宝に恵まれるため、美しくなるため、あなたの夢を叶えるために鍼灸を利用してください。日本自律神経学会会員、日本不妊カウンセリング学会会員、日本動物愛護協会会員

    マガジン

    • 鍼灸

      鍼好きな方には一層、そうでない方にも鍼を好きになってもらいたい。鍼についていろいろ綴っていきます。

    • ダイエット

    • 筋トレ

      鍼灸と筋トレによって、その効果は倍増します。

    • 思うこと

      日々感じたこと、思うことを綴っていきます。

    • 東洋医学

    最近の記事

    赤帽、白帽、鍼灸院

    昔、国鉄の駅構内に、客の荷物を運ぶ、赤い帽子を被った「赤帽」と呼ばれる人たちがいました。正式の名前は「手廻り品運搬人」。 明治29年11月に山陽鉄道(現JR山陽本線)が、サービスの一環として取り入れたのが始まりだそうです。 赤帽の信頼は大きく、天皇家の荷物を運んだり、アメリカ大統領、俳優、歌手など著名人の荷物も担当したとのこと。 新幹線網が発達し、日帰りの客が増えたことや、高速道路が整備され宅配業が増えて手荷物が軽くなったことなどで、平成19年3月の岡山駅で廃止されたの

    スキ
    2
      • もともと一つ

        東洋医学は、部分も見ますが、全体を見ます。 風邪を引いて、鼻水が出てのどが痛くても、鼻だけ、のどだけ風邪を引いているわけではありません。 膝が痛いとき、膝にサポーターをしたり、湿布を貼るのは、とりあえずとしてはいいけれど、 膝の痛みの原因は、内転筋(内ももの筋肉)が使えていないからかも知れないし、中殿筋(お尻の横の筋肉)の過緊張かも知れません。 だとしたら、内転筋を使えるようにして、中殿筋の過緊張をとらねばなりません。 胃の痛みが単に食べ過ぎから来ているなら、食べる

        スキ
        1
        • 姿勢が悪いと痩せられませんか?

          姿勢が悪いと瘦せられませんか? 姿勢が悪くても痩せている人もいますから、これは一概にはいえません。 逆に、さして、姿勢が悪いわけでもないのに太っている人もいます。 もし、痩せたいと思っている人の姿勢が悪かったら、姿勢を良くすることはやってみる価値のあることだとは思います。 では、どうしたら姿勢が良くなるのか? 簡単にいえば、 ①緊張している筋肉の緊張を緩め、 ②使えていない筋肉を使えるようにする、 そして、良い姿勢を保つことを意識して生活する、です。 ①はス

          スキ
          2
          • やり過ぎ

            体から血を抜く「瀉血」という治療法があります。 病気は血が汚れているのが原因だから、その汚い血を体から出してしまえば病気は治ると、中世のヨーロッパやアメリカで盛んに行われていました。 頭が痛ければ瀉血、熱が出れば瀉血、咳が出れば瀉血、下痢でも便秘でもとにかく瀉血、とバンバン瀉血をして、出血多量(というのか?)で死んでしまった人もいるそうです。 瀉血をして、病状が悪化してしまった時点で、一旦瀉血を中止て様子を見よう、とはならなかったのでしょうか? 瀉血治療は現代でも行わ

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • 鍼灸

            • 42本

            鍼好きな方には一層、そうでない方にも鍼を好きになってもらいたい。鍼についていろいろ綴っていきます。

          • ダイエット

            • 12本
          • 筋トレ

            • 10本

            鍼灸と筋トレによって、その効果は倍増します。

          • 思うこと

            • 23本

            日々感じたこと、思うことを綴っていきます。

          • 東洋医学

            • 37本
          • 光線療法

            • 6本
          • 腰痛

            • 6本

            対症療法と、本治療法の両方が大切なのは、腰痛であっても変わりません。

          • 自律神経

            • 10本
          • うつ

            • 21本

            多くの症状とうつとの関係を考察し、綴っていきます。

          • 疲労

            • 28本
          • 鍼灸

            • 42本

            鍼好きな方には一層、そうでない方にも鍼を好きになってもらいたい。鍼についていろいろ綴っていきます。

          • ダイエット

            • 12本
          • 筋トレ

            • 10本

            鍼灸と筋トレによって、その効果は倍増します。

          • 思うこと

            • 23本

            日々感じたこと、思うことを綴っていきます。

          • 東洋医学

            • 37本
          • 光線療法

            • 6本
          • 腰痛

            • 6本

            対症療法と、本治療法の両方が大切なのは、腰痛であっても変わりません。

          • 自律神経

            • 10本
          • うつ

            • 21本

            多くの症状とうつとの関係を考察し、綴っていきます。

          • 疲労

            • 28本

          記事

          記事をすべて見る
            • 鍼灸師は長生きか?

              健康だから長生きする、という時代ではなくなっています。 昔と比べて、健康寿命と本当の寿命との間に大きな差がある今日です。 自分がいつまで健康でいられるか、いつまで生きられるかはわかりませんが、健康寿命と本当の寿命にあまり差のない人生を送れたらな、とは思っています。 鍼灸師があまりに不健康だったり、薬を飲みすぎていたり、異常に早死にというのでは、説得力がありません。 が、天命というものがありますし、生まれつき病気がちというケースもあるでしょうから、鍼灸師だからといって、腕

              スキ
              5
              • なぜ鍼灸と光線療法か?

                当院のメイン治療は鍼灸と光線療法です。 併せて、鍼灸と光線療法の効果を高めるために、補助として、いわゆるリラクゼーション的なものも行っています。 世の中、数多ある治療法の中で、なぜ鍼灸と光線療法を行っているのかといえば、 鍼灸、光線療法には、歴史もあり、実績もあり、医療として認められている、つまり一定のエビデンスもある。それでいて今の科学ではよくわからない部分もある(おそらく、すべてが解明されるなどということは永遠にない)。そして、内科的なもの、外科的なものといった枠に

                スキ
                3
                • 少し欲張れ

                   血糖値を下げるためのインスリンが分泌されない、インスリンの効きが悪いなどのことで血糖値が上がりっぱなしになる糖尿病。放っておくと、眼が見えなくなる、腎臓が機能しなくなる、手先指先が壊死するなど、とても大変なことになります。 それを回避するために必要なことは、一に食事の管理、二に運動、三に薬物の使用。 当然、食事の管理や適切な運動をやらずに、服薬だけの治療というのはありません。これは鍼灸や光線療法も同じです。 薬には副作用もあり、飲まなくていいなら、飲むべきものではあり

                  スキ
                  4
                  • 東洋医学は思ったより単純 2

                     東洋医学がやることは、「体内で崩れてしまったバランスを元に戻す」、これだけです。別の言い方をすれば、「本来もっている自然治癒力を発揮させる」です。 これは、西洋医学的な病名が何であっても、です。 ガンでも、風邪でも、不眠でも、不妊でも、冷え症でも、自律神経失調症でも、過敏性腸症候群でも、更年期障害でも、うつ病でも、腰痛でも、肩こりでも。 つまり、体内のバランスが崩れれば、どんな病気にでもなる可能性があるということです。 東洋医学の歴史の中で培われたこれまでの経験から

                    スキ
                    5
                    • 東洋医学は思ったより単純

                       東洋医学は東洋医学という割に、今一つ、今二つ、東洋人である私たち日本人になじみが薄い。 東洋医学の本は、本屋さんやネットで購入することができますが、実際に読んだことのある人はあまりいないと思います。 東洋医学の本には、一般の人向けに書かれている(であろう)ものであっても、聞いたことのない言葉がいろいろと出てきます。陰陽、五行、五臓、経絡、経穴、気、血、津液、心包、三焦、八綱、弁証、などなど。 「あなたの病気は、内因によって、肝気上逆から、肝火上炎、肝心火旺へと進み、心

                      スキ
                      1
                      • アレルギーに対する東洋医学的治療

                         パン、パスタ、うどん、ピザ、お好み焼き、だけでなく、カレーやシチューのルゥ、ギョーザやシュウマイの皮、洋菓子類(ケーキ、クッキー、ドーナツ)など、小麦や加工食品にも含まれるグルテン。 グルテンがなぜ体によくないのかといえば、グルテンは腸壁を傷つけるから。 東洋医学的臓腑でいえば、腸壁は「大腸」に、皮膚は「肺」に属し、大腸と肺は表裏の関係にあります。腸も皮膚も、体の表面を覆うように、体の外と内の間に位置し、体内を守る働きをしています。 傷ついた腸壁は、本来、吸収してはい

                        スキ
                        3
                        • ムダをなくせ

                           日本の食料自給率は、カロリーベースで37%。その一方で、未利用農地と荒廃農地は合わせて67万ヘクタール。これは耕地面積の15%に当たります。栃木県の広さが64万ヘクタールです。 栃木県よりも広い土地をほったらかしておきながら、知ってか知らずか、食料輸入率は60%という大きな矛盾を抱えています。つまり非常にムダなことをやっている。 健康のために理想とされる体重があります。 「身長×身長×22」で算出できます。 例えば身長170cmの人なら、1.7×1.7×22=63.58

                          スキ
                          2
                          • 夕張モデル

                             財政破綻してしまった夕張市、高齢化率45.6%は日本一です。ちなみに日本全体の高齢化率は25%。 財政破綻によって、市内に171あった病床数は19に、CTやMRIは0台になりました。 救急病院もなくなり、救急車によって運ばれる時間は30分だったのが、約倍の67分に。 医療体制が悪化の一途を辿る夕張市で起きたことは・・・。 夕張市で起きたことは、お年寄りがとても元気になった。 自分の健康は自分で守らなければならない、という意識がこれまでよりも、はるかに強いものになり

                            スキ
                            2
                            • 一攫千金をねらいたい

                               文化大革命のとき、「我々中国はイギリスを5年で追い越す」ということで、中国において「大躍進政策」が行われました。その一つが、8億人分の食糧を確保するため、農作物を荒らすスズメを駆除する「打麻雀運動」です。 雀を駆除してどうなったか? それまで雀が捕食していた外虫が増え、農作物は壊滅的な打撃を受けました。 この話を聞いて、そんなの当たり前の、そんなにわかりやすい、そんなアホなことが行われたのか、と思います。 しかし、当時、本当に、そんなアホなことが行われたのです。

                              • プレコンセプションケア

                                 プレコンセプションケアとは、将来の妊娠のために、健康状態をよくしておく、「妊娠前からのケア」のこと。 「〇〇のために、早めに健康になる、なっておく」の○○の部分に入るのが「妊娠」であるのが、プレコンセプションケアということです。 妊娠できない主な理由として、卵子の質が低下している、排卵がうまく行われない、卵管の問題、子宮の問題、等々があるとされています。 では、なぜそうなるのか? これははっきりとはわかりません。 卵子の質の低下や排卵障害は加齢によるものかも知れな

                                スキ
                                1
                                • 薬は誰のため

                                  薬について、ときどき聞かれます。 私自身は、現在、まったく薬を飲んでいません。塗っても、貼ってもいません。 薬はやみくもに嫌わなくてもいいと考える一方で、「薬は長期に渡って服用するものではない」という強い思いもあります。薬に頼れば、それだけ自然治癒力は低下するし、肝臓や腎臓の負担も大きくなります。また、薬の長期服用によって、だんだんと効果が弱まり、結果的に薬を増やさなければならないという悪循環も生まれます。 そもそも慢性疾患を薬で何とかしようとすることが、間違いです。

                                  スキ
                                  4
                                  • 頭痛解消

                                    頭痛は、緊張型頭痛と拡張型頭痛とに大別されます。 緊張型頭痛で緊張するのは筋肉。だから「筋緊張型頭痛」とも呼ばれます。また、筋肉が緊張することで血管が収縮するため、血管収縮型頭痛とも呼ばれ、肩こり・首コリを伴うことが多い。 解決法として、ストレッチなどで過多周辺の筋肉の緊張をゆるめ、それによって血流を促進させることが推奨されますが、ストレッチだけでは、なかなか痛みが解消しないのは、多くの人が経験しています。 一方、拡張型頭痛。拡張するのは血管。だから「血管拡張型頭痛」と

                                    スキ
                                    2