見出し画像

次世代風力発電機を開発する「機械設計エンジニア:100kW風車」の仕事紹介!

皆さんこんにちは🙋‍♀️株式会社チャレナジーの採用担当です。
前回は、「品質保証(リーダー/リーダー候補)」ポジションについて掲載しました。

今回は、「機械設計エンジニア100kW風車」ポジションについて、具体的な業務イメージを、質問形式で紹介したいと思います!

まず、「チャレナジーはどんな会社?」と思う方は、先に会社紹介記事をご覧ください。


Q1. どのような募集背景でしょうか?

チャレナジーは、垂直軸型マグナス式風力発電機(以下、マグナス風車)の10kW機を皮切りに、大型化の第一歩として、100kW機を2025年中に建設する目標を掲げており、そのための仲間を募集しています。

「風力発電にイノベーションを起こし、全人類に安心安全なエネルギーを供給する」というビジョンを達成するため、マグナス風車の100kW機械設計エンジニアポジションは重要な位置づけです。

マグナス風車の100kW機プロジェクト初期メンバーとして、世界の社会課題を解決し、次世代にも必要とされる革新的な技術や製品をご自身の手で実現することができる、チャレンジングなポジションです!

Q.2 具体的な仕事は?

マグナス風車100kW機のコンセプトを具現化するため、新たな機構の設計と評価を実施いただきます。

大型円筒翼の構造設計、円筒翼のベアリング機構や駆動システムの設計、円筒翼を支持する支持アームの構造設計、強度や振動の解析、部品メーカーやサプライチェーン等との協議などを想定しています。

Q.3 どのような経験者を求めていますか?

「風車の設計経験」がなくても問題ありません。航空機、造船、クレーン車等の作業機械、タービン等の大型機械の機械設計に携わった経験をお持ちの方を求めています。

また、未経験の領域に挑戦することを楽しめる方を求めています。
「風力発電にイノベーションを起こし、全人類に安心安全なエネルギーを供給する」というビジョンに共感し、妥協せずに取り組まれる方、革新的な技術開発のために自ら新たな知見を学び、課題を突破することにやりがいを感じられる方の応募をお持ちしています。

Q.4 魅力とは?

マグナス風車の100kW機は、まだ誰も見たことのない風力発電機です。

この100kW機を実現することで、過酷な環境でも安定的にエネルギーを生み出し、これまで風力エネルギーを活かしきれなかった島嶼地域や新興国などの未電化地域等に、地産地消の再生可能エネルギーという新たな選択肢を提供できます。

脱炭素という世界的な課題を、ものづくりの力で解決できます。
まだ誰も見たことのない風力発電機だからこそ、既存の風力発電機に関わったことのない方でも、スペシャリストとしてのスキルを活かせる点も魅力的です。


最後に

2022年の冬も厳しい電力需要に対応するため、政府は全国の家庭や企業に向けて無理のない範囲での節電を求めています。

エネルギーの安定供給が脅かされている今だからこそ、
日本にあった大型の風車を開発し、エネルギーの安定供給を目指していかなければいけません。

今、求めているポジションは、その先駆けとなるポジションです。
是非、エネルギーの「新しい景色」を、一緒に作りましょう。
当社に興味を持っていただけましたら、お気軽にご連絡ください。カジュアル面談も大歓迎です。

会社説明及び全ての求人は、下記の当社HPよりご覧いただけます。

また、エンゲージにも掲載しておりますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

この記事が参加している募集

入社エントリ

仕事について話そう

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!