宮澤崇史

高校卒業後、イタリアのチームに所属しロードレーサーとしての経験を積む。オリンピック出場や 日本チャンピオン、アジアチャンピオンなど実績を重ね、34歳の時に自転車競技連合における最もカテゴリの高いプロチームに所属。18年間の海外レース活動を経て、2014年に引退。
    • 粋なレースコラム <cycle road race>

      • 12本

      独断と偏見に満ち溢れた極私的な自転車コラム

      • 2本
+1

監督からよりも、周りの選手と話し、感じた方が受け入れやすい

夏合宿  Team UKYO 、マトリックスとたまたま同じタイミングで同じ宿だったので、一緒にトレーニングへ 合宿中に気づいた事「監督から言われるよりも、周りの選手に言われ…

選択

ルーティーン このnoteを更新し続けてきたが、家族の入院で書くことを怠ってしまった 毎日書き続けることは難しい しかし、書けない時書く気になれない時もある 選手で走…

怪我のリスクを避ける

怪我のリスクを減らす方法の1つに、なるべく背中から落車をすることを選手時代心掛けてきた。 背骨が折れたら大事故な事はもちろんあるが スピードが出ている状態で転ぶと…

挑戦

自転車に乗り始めた時 そう、あの時の感動は忘れる事ができない そして、初めてレースに出た時自分がどんな気持ちで走ったか鮮明に覚えている 今日、中学生がベルマーレの…

成長とは

選手である上で苦しむのは当たり前 でも、どこで苦しむかが最も大切 トレーニングはとことん苦しむべきである レースは終盤のレースを決する時が1番の苦しみどころ そのた…

チャンスとは?

チャンスとは? チャンスとは、チャンスをチャンスと感じれる人 そして、チャンスを掴める準備ができている人のみが手に入れる事ができる これってチャンスだったんだ! …