Y2K☮
「信頼」があれば「本音」を言える?
見出し画像

「信頼」があれば「本音」を言える?

Y2K☮

学生時代、国際交流サークルに所属していました。

そこで繰り返し唱えられたのが「信頼があれば何でも言い合える」理論です。本音を互いに遠慮なく吐き出せる関係を普段から築いておこう、馴れ合いに堕さない議論をしようと。

たしかに相手の人間性をわかっていれば、厳しい意見を言われても「嫌いとかそういうことじゃない」と納得でき、感情的にならずに済みます。しかし一方で「仲がいいからこそ本音を口に出せない」ケースもあります。「おまえ、俺のことをそういう目で見てたのか」と思われるのが不本意だから。

DOUKI選手は単身でメキシコへ渡り、10年近くひとりで頑張った生粋のルチャドール(メキシコにおけるプロレスラー)です。一方、エル・デスペラード選手は新日本プロレスでデビュー。キャラクター上はメキシコ出身ですが、実際は2012年から2年間同地で修業しており、そこでDOUKI選手と親交を深めました。

2019年からDOUKI選手は新日本へ参戦。以降ふたりは同じユニットに所属しています。

「ちょっとメキシコにいただけでルチャドールを気取っている奴らが気に食わない」DOUKI選手はこういう趣旨のコメントを度々発信しています。対象はBUSHI選手やYOH選手など。長年のファンはその言葉に重みと説得力を感じつつ「何気にデスぺもそのひとりでは?」「仲間だから言えないの?」とモヤモヤしていました。

以前、ある選手が「プロレスラーは本音を話せよ」とインタビューで語っていました。現実社会で我々が本音しか話さずに生きるのは不可能です。確実に職を失い、友人もいなくなります。でもリングの上ではできる。そこに夢があるのです。

DOUKI選手、一時的でいいからリミッターを解除しませんか? デスぺ選手ならきっとわかってくれます。やはり「信頼」は大事ですね。一周回って理解できました。熱い試合を期待しています!!

この記事が参加している募集

スポーツ観戦記

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Y2K☮

作家として面白い本や文章を書くことでお返し致します。大切に使わせていただきます。感謝!!!

デ・ハ・本!!
Y2K☮
右でも左でもなく、善でも悪でもない一庶民。本を出すことが夢の「流しの書店員」。愛書家&プロレスマニア。スポーツ、音楽、政治等に関するコラムを毎日更新。書評も有。「読む」と「書く」で己と読者を昨日よりも幸せに!https://bookmeter.com/users/49241