マガジンのカバー画像

絵本ができるまで

16
一冊の絵本が出来上がるまでの記録です。絵本のページに込めた思いと情景をつらつら書いています。
運営しているクリエイター

記事一覧

絵本の裏側 15

「絵本の裏側」最終回です。
絵本を読んでくださった方も、この記事を読んでくださった方も、
どうもありがとうございました。

絵本を作る作業のなかで、自分の気持ちと向き合っていることに気が付きました。今までふんわりとしていた感情が少し明確になりました。
備忘録的で恐縮ですが、その気付きを書いて終わりにします。

お返しのかたち脱サラ&沖縄へ行ったのは、ふんわりざっくり自然を大事にしたいということから

もっとみる
ありがとうございます!

絵本の裏側 14

満ちていく水の流れにのって、来た道を戻ります。
森に入って、びっくり。

海のなかの森木々は、膝の高さくらいまですっかり水の中に浸っていました。

とぷとぷ...

森の中に静かに水の音が響いています。
木の幹から生まれた波紋が、あちらこちらで広がっています。
水の中に木が生えているんだ。

ぼくを転ばせようとしていた仕掛けも水の中。
地面にいた、とんがりの貝もきっと水の中。

溺れてしまってない

もっとみる
励みになります。感謝!

絵本の裏側 13

ぷこぷこぷこ…
あれれ、お水がやってきた。

ここは、生き物と戯れているうちにすっかり時間が経っていたようです。
顔を上げると、なんと、すぐ近くまでお水がやってきています。
男の子はピンときます。

そうか ここは うみなんだ。

ぷこぷこぷこ。

にぎやかな音をたてながら。

こぽこぽこぽこぽ。

アッという間に浅い海が広がっていきます。
ここは、海の底になるのです。

ゆるい、境目さっきまで、

もっとみる
ありがとうございます!

絵本の裏側 12

何にもいないと思った、広い、広い砂地の上。
本当はたくさんの生き物が潜んでいることが分かりました。

砂の隠れ家この砂は無数の生き物を隠していたのか。
はたまた、みんなこの砂に上手に隠れていたのか。
ここは生き物たちの隠れ家だったんだね。

生き物に囲まれてすっかり身動きが取れなくなっちゃった男の子。
考え始めます。

こんなにたくさん隠れていたということは…
潜んでいる生き物は今見ているもので全

もっとみる
ありがとうございます!

絵本の裏側 11

だだっぴろい砂地の真ん中。
じいーっとミナミコメツキガ二を見ていたら、周囲はすっかり賑やかになっていました。

じっとする、の効果生き物を観察したいとき、じっとしたもん勝ちだと勝手に思っています。
体は動かさず、影も動かさず、でもぼうっとしている訳ではなく、五感はきりっと研ぎ澄ませて、じっとします。

男の子もミナミコメツキガ二にすっかり心を奪われて、一生懸命に彼らの動きを見ていました。

すると

もっとみる
嬉しい!感謝です!

絵本の裏側 10

砂地に置かれた泥だんごのすぐそば。
地面がもぞもぞと動き出します。なんだなんだ??

誰の仕業?そこに何かがある時、
きっと、誰かや何かの理由があってそこにあるのだと思います。
とすればこの泥だんごも、なにか訳があってこの砂地にある。
それを確かめるためには、やはりじっと観察するに限ります。

この瞬間の驚きとドキドキは忘れられません。
何度見ようと遭遇するたびに嬉しくなる光景のひとつです。

もっとみる
励みになります。感謝!

絵本の裏側 9

誰もいない。何もない。
そんな場所って、ほんとうにあるのかな。

もこもこもこ男の子が立つ砂地の表面は、どこまでもなめらかです。
所によって波打つ模様があったり、小さな起伏があったり。
優しい模様が遠くまで続きます。

その、表面に。

もこもこ もこもこ。
もこもこもこ...

周りから浮いて、異様な場所がありました。

なんだろう。

よく見ると、それはたくさんの小さな泥だんごの集まり。
直径

もっとみる
ありがとうございます!

絵本の裏側 8

不思議な森を抜けました。
男の子が次に見るのはどんな景色?

もりを ぬけた。

とても とても ひろいところ。
だけど そこは うみじゃない。

とても ひろいところ一面の砂地。
見渡す限りの地面。

森の外には海が広がっているかもしれない。
そんな男の子の淡い期待は裏切られます。

薄暗くてじめじめとした雰囲気と打って代わり、
明るくて広い砂地には気持ちの良い風が吹き抜けます。
男の子はその広

もっとみる
嬉しい!感謝です!

絵本の裏側 7

男の子はふと、上を見上げてみました。
自分が大きな木に囲まれていたことに気が付きます。

怖くないかもオヒルギの根っこに注目したり、 ”とんがりの貝” を探した地面。
すばしっこい生き物を探しまわった幹。
そして、見上げた頭上の枝。
好奇心のまま見てきた断片的な景色が、繋がっていきます。

うわぁぁ...
おおきなき だったんだね。

大きな木に囲まれていても、もうあまり怖くはありません。
むしろ

もっとみる
嬉しい!感謝です!

絵本の裏側 6

"とんがりの貝" から目を上げて、もうそろそろ立ち上がろうかな。
男の子はまた、歩き出します。

気のせいかな?よっこいしょ。
腰を上げたその時です。

カサッ。

何かが動いたような。気のせいだろうか?

カササッ。

気のせいじゃないみたい。
木の幹からだ。
ぼくか動くたび、何かがサッと隠れるみたい。

ぼくが動く、なにかがサッと。
ぼくが一歩、なにかがサッと。

何が動いているんだろう?

もっとみる
ありがとうございます!

絵本の裏側 5

一歩一歩不思議な森の奥へと進んでいく男の子。
どんどん前へ進みたい気もするけれど...?

地味な世界に気づくとき不思議な森に入りたての男の子は、細心の注意を払って歩きます。
転ばないように足元ばかりを見ています。
そして、とんがりの貝を見つけます。

マングローブの地面にいる貝、たとえばイボウミニナなどの仲間は、砂粒の周りの栄養を食べながら、ゆっくりと地面を這っていきます。
やわらかい砂地には彼

もっとみる
ありがとうございます!

絵本の裏側 4

それではここから本編です。
ひと見開きずつ『ふしぎなもり』を歩いていきます。
絵本を通しで読みたいよ、という方は下のリンクをご覧ください。

はじめの一歩ほんとうはちょっとこわいけど、はいってみようとおもったんだ。

男の子が、未知なる森へ記念すべき一歩を踏み出します。
決心が鈍らないように、力強く。
でも恐れる気持ちがあって、ゆっくりしか進めません。

男の子は、前からこの森の存在を知っていまし

もっとみる
励みになります。感謝!

絵本の裏側 3

処女作完成から約半年。
なんと、コンクール事務局から手紙が届きます。

再挑戦、なのか何のことはない、過去の応募者へ宛てた次のコンクールへの案内でした。
それでもその便りによって”絵本”を思い出します。そして葛藤が生まれます。

正直しんどかった製作期間。
消化不良に終わったもやもや感。

再挑戦決心の決め手は、新しい出会いでした。

こんにちは屋我地島屋我地島(やがじじま)。そこは、私の新しい職

もっとみる
嬉しい!感謝です!

絵本の裏側 2

絵本をかこうと決めました。締め切りも目標も決めました。
さて、どんな絵本にしよう?

生き物が好きだ私は脱サラをして、沖縄に移り住んでいました。
とてもざっくり言うと、生き物が大事、ということが理由でした。

サラリーマン時代は満員電車に乗り、コンクリートのまちの中をせかせか動き回っていました。生き物のことなんてこれっぽっちも気にしないで、毎日が過ぎていきました。

脱サラしてがらりと変わりました

もっとみる
ありがとうございます!