yasuhiro

旅行が好きです。一人旅・登山・まち歩き・飲食店巡り・温泉・写真、、、色んなことに興味があります。 よろしくお願いします。

yasuhiro

旅行が好きです。一人旅・登山・まち歩き・飲食店巡り・温泉・写真、、、色んなことに興味があります。 よろしくお願いします。

    最近の記事

    雪山はじめました

    「雪山に登るのに最低限必要な装備は何ですか?」 ショップの店員さんにお聞きして、チェーンアイゼンとゲイターを購入しました。 今までは、雪におおわれた山を遠目に見て歯がゆい思いをしてたけど、これでそんな思いとはオサラバダ! 12/31 入道ヶ岳 天気が悪かったけど、どうしても年内に雪山にチャレンジしたくて、入道ヶ岳へ。 よく知ってる山でも、雪があると印象がガラッと変わって面白い。 ガスガス+強風で山頂では長居できず。 でも、険しい山に挑む登山家気分を味わえた。 1/9 竜

    スキ
    3
      • 神の住む山「大台ヶ原」

        山の数え方は、1座、2座と言います。これは、山は神が座る場所だという考えからきているそうです。正直、山に登っていて「神」を感じる瞬間はほとんどありません。でも、大台ヶ原に登ると「山は神が座る場所」ということを実感します。 大台ヶ原に登るのは、これが2度目です。 仕事終わりに直行し、登山口の駐車場で車中泊をします。 200台近く停めれる大きな駐車場ですが、23時に着いた時点で既に10数台の車が停まっていました。 山頂で日の出を見たかったのですが、ヘッドランプを持っていない

        スキ
        6
        • 蒸気と硫黄、活火山を感じる「焼岳」

          東海圏から日帰りで登れる日本アルプスはどこか。 「乗鞍岳、燕岳、木曽駒ヶ岳、御嶽山」は既に登りました。あと、思いつくのは、「西穂高岳、焼岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳」。 今回は、友達と二人での登山です。標高が低めな山がいいだろうと思い、焼岳を選びました。 登山経験の薄い友達をリードできればと思っての焼岳でしたが、予想に反してなかなかハードな登山となりました。 ルートは、上高地の登山口から登ります。 アカンダナ駐車場に車を停め、バスで上高地まで向かいます。 前日の天気予報で

          スキ
          7
          • 「御嶽山」登山② 雨上がり

            御嶽登山2日目は雨音で目を覚ました。 雨に加え、霧で視界は真っ白。山頂まで行きたいけれど、この天気では厳しそう。 いかに五の池小屋の居心地が良くとも、いつまでも居座るわけにはいきません。 頂上を目指すか、下山か。タイムリミットは9時。ギリギリまで粘っていると、 雨がピタッと止み、霧がサーッと引きはじめ、五の池の全貌が急に現れました。 これは頂上を目指すしかない!と思い、荷物をまとめ先に進みます。 すると、 五の池小屋のすぐ後ろに大きな池が出現! こちらは三の池です。 昨日

            スキ
            5

            「御嶽山」登山①五の池小屋に泊まろう

            御嶽山って面白い形をしてますよね。 横に長い台形で、標高も高いから遠くからでも良く目立ちます。 数年前までは特に気に留めてませんでしたが、登山を始めてからは、その広い山頂がどうなっているのか、気になって仕方がありませんでした。 御嶽山はテント泊がNG。そのかわり、雲の上のリゾート「五の池小屋」というステキな小屋を見つけました。今回は、1泊2日で御嶽山に挑みます。 前日はいつも通り車中泊。 御嶽山が綺麗に見える長野県木曽町で泊まります。 ちなみに、町1番のビュースポットから

            スキ
            14

            テント泊デビュー「木曽駒ヶ岳」

            テントを買いました。軽くてコンパクトなモンベルのテントです。 寝袋・マット・枕・クッカー、そのほかのアイテムに、それらが全部はいる40Lのリュックも買いました。 これで準備はオッケーなはず。 目的地は、「木曽駒ヶ岳」 昨年、夏の千畳敷カールの写真を見て、その美しさに感動してから今年は絶対に登りたいと思っていました。 あと、標高2900mのうち2600mまではロープウェイで登ることができるので、テント泊初心者にオススメという情報も決め手になりました。 木曽駒ヶ岳はマイカー規

            スキ
            34

            最初の一人旅 2泊3日「和歌山」一周

            人生最初の一人旅は、大学4年の卒業間近でした。もともと一人旅に興味があったものの、学生時代の僕は、「寂しさ」や「怖さ」、「恥ずかしさ」が邪魔をして、実行に移すことをためらっていました。しかし、僕には学生時代にどうしても行っておきたい場所が一つありました。 「喫茶ビートル」 和歌山県田辺市にある小さな喫茶店です。 店の名物は、20分かけてじっくり焼き上げる、つやつやまんまるなホットケーキ。SNSでたまたま流れてきた写真をみて、心をグッとつかまれました。 店の開店時間は、19

            スキ
            37

            奈良県「天川村」 渓谷と登山と温泉街と

            水曜日。週の真ん中に1日、お休みがとれました。GoogleMapとにらめっこの末、奈良の「みたらい渓谷」へ行き先を決めました。 火曜の夜に出発し、車中泊地で渓谷入口の「観音峰山登山口駐車場」へ向かいましたが、時刻が0時を過ぎた頃、睡魔に襲われ、目的地手前の道の駅で眠りました。 翌朝 夜は暗くて気づきませんでしたが、かなり立派な道の駅です。朝の6時から開店準備をされていました。気になりますが、開店を待たず、渓流入口へ向かいます。 綺麗な吊橋。気持ちが上がりますが、まずは

            スキ
            9

            GW② 「剣山」 気分は雪山登山

            石鎚スカイラインの封鎖が解除されたのが午後12時。 そこから剣山の登山口に向かい、見ノ越駐車場に到着したのが19時でした。 早朝から動き出すため車内でさっと夕食を済まし、明日に備えます。 翌朝 起きたら一面真っ白なんじゃないかと怯えていましたが、見事な晴天!! 5時半から登山を開始しました。登山口は神社の境内の横にあるようです。 天気もいい、気温も涼しい、最高の登山日和ですが、登りはじめて10分 登山道に雪が出現します。こんな序盤でこれ!? 30分後 完全な

            スキ
            5

            GW① 大雪の「石鎚山」

            GWは石鎚山と剣山に登る 半年以上前からの計画です。コロナ禍ということで悩みましたが、登山以外の行程カットし、決行しました。 仕事終わり、初日の宿泊地、瀬戸大橋の与島PAまで車を走らせます。 旅費を抑えるためした道を通りました。GWのワクワクで感覚が麻痺してましたが、今思うと馬鹿なことしてますね。 翌朝。 初めて見る瀬戸大橋。いよいよ四国に足を踏み入れます。 四国の道は平坦で走りやすくて、どこまでも続く山脈は見ていて飽きないです。平地のドライブをしばらく楽しみ、い

            スキ
            10

            雨の「赤目四十八滝」

            三重県名張市が誇る一大観光スポット「赤目四十八滝」 「四十八」と言われる程にたくさんの滝がある渓谷は、空気も水も澄んでいて、とても心地好いです。 桜の春、深緑の夏、紅葉の秋、氷瀑の冬に、四季折々のイルミネーションと、時期により見所が様々ですが、個人的には雨の四十八滝がお気に入りです。 滝の入口ではサンショウウオがお出迎え。 四十八滝は日本有数のオオサンショウウオの生息地。 水槽で飼育もされていて、まじかで観察ができます。 サンショウウオって魅力的なフォルムをしてい

            スキ
            3

            「鴨川」を駆ける

            「鴨川マラソン」 この魅力的なワードを見つけたとき、思わずエントリーをしていました。 走ることは好きです。 陸上競技に熱中した学生時代。社会人になってからも、趣味として走ることを続けています。 京都も好きです。 森見登美彦さんの小説を高校時代に初めて読んだときから、京都は僕にとって特別な場所になりました。 森見さんの描く京都は、可愛さと怪しさと面白おかしくさがごちゃまぜになっていて、とても魅力に溢れています。 その雰囲気を直に感じたくて、京都には定期的に足を運ん

            2021初登山「便石山」

            登山が好きです。 社会人になって、始めて登った山が三重の「御在所岳」 そこから少しずつ登山にハマって、鈴鹿セブンマウンテンをはじめとし、奈良の大台ヶ原、北アルプスの乗鞍岳、燕岳などなど、いろんな山にチャレンジしてきました! でも今は雪山シーズンなので、経験も装備も足りていない僕は、登山欲を押さえながら春を待っていました。 そんなとき、ふと思い出したのが去年登った「便石山」 「便石山」は、三重県紀北町にある、標高611mの山です。 ここなら、雪の心配はない。しかも山

            三重県熊野市「楯ヶ崎」から眺める180°オーシャンビュー

            年が明けてから、急に海が見たくなりました。 ご時勢的に県外に出かけるのは抵抗がある。三重県内で海がキレイところといえば、志摩か熊野が思い当たるのですが、今回は入り組んだ海岸より、視界いっぱいに広がる水平線が見たくて、熊野の旅を決めました。 熊野は何度か行ったことがあり、中でも「鬼ヶ城」から見る海は僕のお気に入りのスポットです。でも、せっかくなら行ったことのない場所で、できるだけ人が少ないところがよくて、今回見つけたのが熊野市甫母町の「楯ヶ崎」です。 せっかく旅行に行くのな

            スキ
            2

            ご挨拶

            はじめまして。 名前は「やすひろ」といいます。 趣味は旅行です。 基本は一人旅で、社会人になってからの2年間、色々なところに行きました。 旅行の計画を立てている時間がとても好きで、今も次の行き先を考えているのですが、ふと、「せっかく旅行に行って、色々な経験をして、写真を撮っているのに、それをカタチに残さないのはもったいない」、と思いnoteに記録をしていくことを決めました。 一人旅をしていて、唯一辛いことは「経験を誰かと共有できない」ことです。拙い文章ではありますが、僕の

            スキ
            4