ヤギワタル

制作会社勤務からライターを経てイラストレーター/イラストレーターとして仕事をしていく上で考えていることや、生活していく上で考えていることなどを書いています。言葉や歴史、学習なども良く出るトピックです。https://www.instagram.com/yagiwataru/

ヤギワタル

制作会社勤務からライターを経てイラストレーター/イラストレーターとして仕事をしていく上で考えていることや、生活していく上で考えていることなどを書いています。言葉や歴史、学習なども良く出るトピックです。https://www.instagram.com/yagiwataru/

    マガジン

    • 考えるヒビ

      考えたことを書くマガジンです

    • おとぎ話シリーズ

      何かを物語風に語るシリーズです。

    • コラム街

      • 92本

      ここはコラムしかない場所、「コラム街」。 コラムコラムコラム……どこを見てもコラムしかありません。なぜでしょう?  企画力をみがく講座「企画でメシを食っていく」で、 受講生に出た課題は、ずばりコラムを書くこと。 サーフィン、日本語、旅、プロダクトデザイン、アニメについて…… 個性的なコラムがたくさん生まれました。 連載の第1回目だけを提出するという課題でしたが、「1つ書いただけじゃもったいない!」ということで、みんなでこの「街」をつくりました。 だから、ここにはコラムしかないのです。 コラムの良さは、サクッと読めること、連載の途中から読んでも大丈夫なこと。 ここにあるコラムはすべて800文字以内。どれから読んでも「読んで良かった」と思えるコラムがこの街にはあります。

    • 年表を眺めながら

    • 絵本プロジェクト2018

      絵本講座に通っている成果をこちらで更新していきます。絵本のラフやブラッシュアップしていく過程を公開予定です。

    最近の記事

    考えたことを書いてしまうリスク

    ここ半年くらい、noteになにも書いていない。1年前2年前に書いた記事がごく稀にいいねされることもあって、読んでくれている人がいるなあと思ってはいたのだが、じゃあ新たに何か書くか、という気にはならなかった。 noteにはだいたい、その時点で考えたことを書いていたのだが、本来ゆらゆらと漂っているはずの「考え」は、文字に落とし込んでしまうと固まってしまう。気体ならば誰にも伝わらないのだが、固体になると伝達が可能になる。誰かに伝わってしまう。 自分がむかし書いたものをいま読むと、

    スキ
    30
      • 「嫌い」でつくれる結びつきは弱い

        ぼくがまだ会社員だったときのこと。仕事終わりで同僚や先輩や上司と飲みに行ったりラーメンを食べに行ったりすると、そこでは決まって仕事関連の愚痴が話題としてでてきた。同僚と一緒のときは先輩や上司に対する愚痴、上司と一緒のときは取引先に対する愚痴。 その場にいる人同士で結託するためには、なにか共通の敵をつくらねばならない。誰もそんなことを明言はしなかったが、人間の本能に刻み込まれているかのように、その場にいない人に対する悪口は、その場にいる人たちの仲間意識を高めてくれる。 同僚や

        スキ
        16
        • キャンセルしてどうのこうの

          ここ1,2年で急に「キャンセル・カルチャー」という言葉を聞くようになった。消費者としての力を駆使して企業の行動を良い方向に促したいということらしい(※1)。 ぼくも「消費者が世界を変える」みたいなことを書いたことがあるのでこれに近いものを考えてはいたんだけど、企業に対して「心を入れ替えろ」とか「行動を変えろ」ということは全く考えたことがなかった。人の心が入れ替わるには非常に時間がかかるし、1回の「キャンセル」では全然変わらない。 女性にふられた男性が、じゃあ心を入れ替えて

          スキ
          13
          • 毎日書こうとして気づくこと

            毎日文章を書こうとして気づいたのだが、毎日書くのは驚くほど難しい。 書くことがないというより、書いてもまとまらない。書き散らかすだけ散らかした原稿を今日も保存した。 着地させなければ…と考えてしまうから書けないのだろうか。飛び立ったままどこかへ消えていく文章なら書けるかもしれない。 テレビや新聞やSNSや書籍などのメディアを見ていろいろ思っているはずなのに、文章としてある程度のまとまりのある文章を書こうとするとまとまらない。実は深く考えていないことがバレてしまう。ツイッター

            スキ
            13

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 考えるヒビ

            • 55本

            考えたことを書くマガジンです

          • おとぎ話シリーズ

            • 0本

            何かを物語風に語るシリーズです。

          • コラム街

            • 92本

            ここはコラムしかない場所、「コラム街」。 コラムコラムコラム……どこを見てもコラムしかありません。なぜでしょう?  企画力をみがく講座「企画でメシを食っていく」で、 受講生に出た課題は、ずばりコラムを書くこと。 サーフィン、日本語、旅、プロダクトデザイン、アニメについて…… 個性的なコラムがたくさん生まれました。 連載の第1回目だけを提出するという課題でしたが、「1つ書いただけじゃもったいない!」ということで、みんなでこの「街」をつくりました。 だから、ここにはコラムしかないのです。 コラムの良さは、サクッと読めること、連載の途中から読んでも大丈夫なこと。 ここにあるコラムはすべて800文字以内。どれから読んでも「読んで良かった」と思えるコラムがこの街にはあります。

          • 年表を眺めながら

            • 6本
          • 絵本プロジェクト2018

            • 2本

            絵本講座に通っている成果をこちらで更新していきます。絵本のラフやブラッシュアップしていく過程を公開予定です。

          • 色数を絞って描くシリーズ

            • 19本

            フルカラーの無限の可能性を無視し、色数を絞って描きます。色数を絞ることにどんな意味があるのか、まだ手探りのマガジンです。

          • 比喩学

            • 0本
          • 授業中に描くタイプのイラスト

            • 2本
          • 言葉とイラスト

            • 2本

            イラストは言葉とセットになってはじめて効果を発揮する!かもしれない…。ということを検証するマガジンです。

          • 考えるヒビ

            • 55本

            考えたことを書くマガジンです

          • おとぎ話シリーズ

            • 0本

            何かを物語風に語るシリーズです。

          • コラム街

            • 92本

            ここはコラムしかない場所、「コラム街」。 コラムコラムコラム……どこを見てもコラムしかありません。なぜでしょう?  企画力をみがく講座「企画でメシを食っていく」で、 受講生に出た課題は、ずばりコラムを書くこと。 サーフィン、日本語、旅、プロダクトデザイン、アニメについて…… 個性的なコラムがたくさん生まれました。 連載の第1回目だけを提出するという課題でしたが、「1つ書いただけじゃもったいない!」ということで、みんなでこの「街」をつくりました。 だから、ここにはコラムしかないのです。 コラムの良さは、サクッと読めること、連載の途中から読んでも大丈夫なこと。 ここにあるコラムはすべて800文字以内。どれから読んでも「読んで良かった」と思えるコラムがこの街にはあります。

          • 年表を眺めながら

            • 6本
          • 絵本プロジェクト2018

            • 2本

            絵本講座に通っている成果をこちらで更新していきます。絵本のラフやブラッシュアップしていく過程を公開予定です。

          • 色数を絞って描くシリーズ

            • 19本

            フルカラーの無限の可能性を無視し、色数を絞って描きます。色数を絞ることにどんな意味があるのか、まだ手探りのマガジンです。

          • 比喩学

            • 0本
          • 授業中に描くタイプのイラスト

            • 2本
          • 言葉とイラスト

            • 2本

            イラストは言葉とセットになってはじめて効果を発揮する!かもしれない…。ということを検証するマガジンです。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 未来を予測できる時代のほうが異常

              ビジネス関連の情報を見ていると時々「VUCA(ブーカ)の時代」という言葉が出てくる。現代は「これから先に何が起きるかわからない」「不確実な時代だ」ということで使われている。 ぼくはこの言葉を見ると「今までに、これから先に何が起きるかわかっていた時代なんてあったのか?」と聞きたくなる。 *** そもそも、過去は現在から振り返って見た瞬間に、それが必然だったと感じ、原因と結果の因果をつかって説明できてしまう。だから、すべてが予測可能だったかのような錯覚に陥る。 2015年の

              スキ
              12
              • キター!と叫びながら衰退していくジャンル

                なにかをつくる人がそれを職業にできるのは誰かがそれにお金を払っているからだが、その金を目当てに創作者は無限に増えていくため、お金を払って鑑賞している人は「誰にお金を払うか?」を峻別しないと、すぐに財政破綻してしまう。 そこで鑑賞者としてはとりあえず一旦なにかを鑑賞してみて、それが良いものだったら次もその人の作品を見てみることにする、みたいな選択をする。しかしここで問題なのは、つくる人がいつも「前と同じようなもの」をつくるとは限らないということだ。同じものをつくるよりもむしろ

                スキ
                30
                • ボールに反応してゴールを見失う

                  ニュースを見ているとうっかり反応しそうになる。大抵のニュースは、新しさが重要なので調べきれていない段階で報じられ、調べきれていない素材をみて人はそれを良いとか悪いとか言う。いちいち反応してしまう様は、サッカーのPKでゴールを守るキーパーのようである。その反応が的外れのものだろうが的を射たものだろうが、反応しているという点では変わらない。 テレビは子供と大人が一緒になって観ると良いと言われる。子供の理解力ではとうてい理解できないことでも、大人が解説することによって子供の理解力

                  スキ
                  18
                  • 知識を得る悲しさとクマ

                    論理思考を勉強している。 ストーリーテリングやUXデザインなどの影響で、最近は「論理」よりも「感情」を重視する傾向があるみたいだけど、さまざまな場面で議論が噛み合わない様子を見るかぎり、議論している人の「論理思考力の欠如」がその根本問題なのではないかとぼくは目をつけている。そんなわけで、すくなくとも自分の論理思考力だけは鍛えておこうと思って何冊か本をパラパラとめくっている(めくっているだけで読んでいないという説もある)。 感情優位の世界だと議論するのかなり厳しい 世の中が感

                    スキ
                    26
                    • アイデアに価値はないと言われる国で

                      (注意) うっかり書き散らかしちゃって推敲もしていないので4000字くらいあります!読む気が失せたよという方は、スクロールして最後の「いいね」ボタンだけ押してください。よろしくお願いします。 アイデアは組み合わせにすぎないという悪しき価値観 アイデアは何かと何かの組み合わせであるとはなんちゃらヤングがアイデアのハウツー本に書いているらしく、その本の影響を受けた人が日本にはたくさんいる。そんなところから「こども×刑事」みたいな発想の映画がつくられたりする。「こどもなのに刑事!

                      スキ
                      120
                      • 最後まで辿り着いても読み終えてはいない

                        自分の書いた文章は自分だけはひととおり最初から最後まで読み終えているものだが、読む人がそれを書いたとおりの順序で読んでくれるとは限らない。最初だけ読んでそれから先は読まないとか、最初と最後だけ読んで読まないとか、人それぞれである。 そのことに気づいたのは自分がネット上で他人の書いた文章を読むようになってからだ。 あるリンクをクリックして文章が書かれたページを開くのに、文章をじっくり読むことはほとんどなく、大半を読み飛ばしている。スクロールするほうに意識の半分を取られ、「最後

                        スキ
                        23
                        • 冷静になると文章を書けなくなる

                          むかしから文章をつらつらボツボツと書いているが、ばばっと書ける時と全然書けない時がある。いま思いついただけだけど、スラスラ書けるときは怒りに身を任せて書いている。 「むかつくわ〜」と思うことを書いているとスラスラつらつらと書けるのだが、冷静になってしまうと「これを書く意味は?」とか「これを私が言う権利は?」とか「論理的になってますか?」とか考え始めて、「意味はありません」や「権利もありません」「論理的でもありません」という結論に達して書けなくなるし、あとから思い直して消したり

                          スキ
                          28
                          • 書くでも描くでも

                            なにか大それたことを書きあげたいような気がして書けなくなる。書かないでいるといつの間にか時が過ぎていく。書くでも描くでも同じことが言える。 東村アキコさんのマンガ『かくかくしかじか』(全5巻)を読んだ。東村アキコさん本人の実際の体験をもとにしたマンガで、高校時代から通い始めた絵画教室の先生と東村さんの関係が描かれている。 『かくかくしかじか』は一貫してモノローグで描かれている。同じく東村さんのマンガ『東京タラレバ娘』にも主人公の女性たちが急に物思いにふけるシーンがあるが、『

                            スキ
                            13
                            • 積み上げていくこと

                              Twitterのタイムラインを眺めていると、毎日イラストをアップしたりnoteを更新したり英語の勉強をしている人がいる。こういう毎日の努力の積み重ねが、本当に数年後に大きな差を生むんだよなあと思いつつ毎日を慣性の法則だけで生きている自分がいる。 毎日の努力は小さくても、積み上がると大きくなっていく。20代では差がついてなくても、30代40代で大きく差が開いてしまう。時間の流れは本当に残酷だ。 積み上がる行為と積み上がらない行為は何が違うのかという話もある。 毎日少しずつ進歩

                              スキ
                              29
                              • 気合ないとどうにもなりませんですの問題

                                何かをやる上では、気合が重要だと最近強く感じている。 ぼくはイラストレーターとして仕事をしているが、そこには常に「締め切り」が横たわっている。その締め切りに間に合わせるのも、あと一個良いアイデアを出すのも、もう少し良いイラストを描くにも、最後には気合が必要とされている(とぼくは感じる)。気合という言葉を聞くと「ダー!」という掛け声や恫喝的な印象を感じるかもしれないが、要するに「気持ち」の問題である。「やる気」と言い換えても良い。 世の中にはいろいろと「ハウツー(how t

                                スキ
                                27
                                • 2020年に作ったgifアニメーション群

                                  2020年につくったgifアニメーションの一部です。 全部載せようと思ったのですが、なぜかバグってしまうので一部にしました…。 gifアニメはPhotoshopでつくっています。AfterEffectsだとgifにするのにPhotoshopを経由しなきゃならず、gifが良いのに…と思ってAEを閉じてしまっています。数枚並べるだけでも動いているように感じるのが人間の目の不思議なところだなと思います。 ▼タバコ吸う人 ▼ライオンを乗りこなすおじさん Photoshopのパペ

                                  スキ
                                  20
                                  • おすすめばかり見て萎んでいく世界

                                    何年か前から、Amazonに限らず、インターネットを使っているとほとんどどこでも「おすすめ」が表示されるようになった。それはぼくの行動がアルゴリズム的に傾向を見出されているということで、要するにぼくの行動と似た行動をたくさんの人がとっているということだろう。 消費する立場からだけで物事を考えると、おすすめ機能は便利である。忙しく時間が流れすぎていく日々で、探している時間はもったいない。だったらおすすめに従ったほうが手っ取り早く時間も節約できるではないかと。 人は何のために

                                    スキ
                                    29