あまのうずね

フリーの演劇制作。東京在住。
    • 午前3時

      今の自分の生き辛さに向き合う時、過去の自分が見えてくる。それがどんなに辛い過去だとしても、先に進むためには必ず向き合わなければならない。それが今の自分も救うことになる。note「演劇制作のリアルでブラックな日々」を経て、初めて告白する試練の日々。もがき苦しみ必死で生きて来た全ての人たちに贈る。全16話。

    • 空っぽな世界

      note「演劇制作のリアルでブラックな日々」(全25話)で書けなかったことや、その後の日々、躁鬱気質を持つゆえに生きるのが困難な幼少期の思い出を書きました。全16話。

    • 演劇制作のリアルでブラックな日々

      演劇好きの余り田舎の会社員を辞めて東京の演劇制作へ。東京での演劇制作15年の日々を日記として記録しました。裏方中の裏方・誰も知らない知られていない演劇制作の仕事の赤裸々な現実を書きました。全25話。

自分を取り戻すための日記 32

2022.6.24 心臓 四半世紀前、初めて行ったロンドンでとても不思議な夢を見た。 初めてのヨーロッパ、初めてのイギリス。 秋の終わり、枯葉舞う舗道、赤く染まる大きな公…

自分を取り戻すための日記 31

2022.6.19 死にたくなるのは 死にたくなるのは退屈してるから 死にたくなるのは目の前のことに集中していないから 死にたくなるのはいま熱中できるものがないから 死にた…

自分を取り戻すための日記 30

2022.6.13 決断<後編> 前回の落ち込み&自責&自虐モード満載のnoteを書き終わり、余りにも苦しくてこのままでは眠れないと、夜中に坂口恭平さんの『躁鬱大学』を再読し…

2週間前

自分を取り戻すための日記 29

2022.6.9 決断<前編> 長い付き合いで、仕事で頻繁にパートナーシップを取っていた人から、 昨年末に「貴方はもう必要ない」と言われた。 (そのショックから前回のnote「…

2週間前

自分を取り戻すための日記 28

2022.6.5 フラッシュバック 久々に演劇制作のことを書いたら、最近思い出すことも減っていた過去の辛い経験が一瞬でフラッシュバックした。 そして、途端に眠れなくなっ…

3週間前

自分を取り戻すための日記 27

2022.6.1 再び、時給600円の世界<後編> 前回、「演劇はもはや職業にはなれない。仕事ではない」と書いた。 法律で定められている最低時給も払えない仕事はもはや仕事では…

3週間前