都市生活者の系譜 ―佐野元春私論

29
記事

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論 あとがき

この「都市生活者の系譜 ―佐野元春私論」は、僕が仕事でドイツに住んでいたころに書いた。帰国したのが2002年4月だったが、その直前まで書いていて、…

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論(28) まごころがつかめるその時まで

消された夢の行方 前回でこの論考はひとまず終わっているのだが、最後に『SOMEDAY』という曲について少し話をさせて欲しい。 佐野元春の先鋭的なファン…

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論(27) 都市生活者の系譜

都市生活者の系譜 結局、佐野元春が長い時間をかけて築き上げたもの、勝ち取ったものとはいったい何だろう。そして僕がアーティストとしての佐野を追い…

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論(26) 太陽

ジャムバンドの影響 アルバム「THE SUN」は前作「Stones and Eggs」から5年ぶりのオリジナル・アルバムとなった。2001年から始まり、断続的に2003年ま…

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論(25) ヒナギクはせつなげに風の中

コピー・コントロールをめぐる問題 この時期、日本の、いや世界の音楽業界を揺るがしていた大きな問題があった。それはCDの違法コピーだ。 それまでも…

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論(24) 変容する世界

光―The Light レコーディングが思うように進まなかった2001年の9月、アメリカで乗っ取られた旅客機がニューヨークのワールド・トレード・センターに衝…

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論(23) 正史と裏面史

アニバーサリー・イヤー 翌2000年は佐野にとってデビュー20周年のアニバーサリー・イヤーになった。まず1月に2枚組のアルバム「The 20th Anniversary E…

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論(22) 時代と切り結ぶ意志

時代と切り結ぶ意志 引き続きアルバム「Stones and Eggs」について考えてみよう。 このアルバムが、トータルにバランスの取れた会心の名作か、佐野自…

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論(21) ホットスポット

ありがとう 1999年3月、赤坂ブリッツでひとつのライブが行われた。「driving for 21st, monkey」と名づけられたそのショーは、佐野元春がファンクラブ…

都市生活者の系譜 ―佐野元春私論(20) ロックンロールの成熟

奇妙な相似 1997年にリリースされたアルバム「THE BARN」は、アメリカン・ルーツの強い影響を受けたアーシーなサウンド・プロダクションと、表現者とし…