ふるさと納税 市町村が受けた寄附の“10%超”がサイトへの手数料等に 東海3県独自調査で判明
ふるさと納税

ふるさと納税 市町村が受けた寄附の“10%超”がサイトへの手数料等に 東海3県独自調査で判明

 ふるさと納税で寄付を受けた額の10%超を、自治体がポータルサイトの運営業者に手数料等として支払っていたことが判明。東海3県全市町村でのことだが、今後全国的な調査が必要になってこよう。
 ふるさと納税がらみで新規参入業者が続々と出ているということは、手数料水準がまだ高いということの現れといえる。
 ふるさと納税で控除対象となる寄付金は、元来国や自治体に入る所得税や住民税だったわけだから、手数料は(公益性の範囲内の)実費相当に留めるべきだろう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!嬉しいです。
東京財団政策研究所主席研究員を兼務。近著『入門|財政学』日本評論社刊/ 東洋経済ONLINE「岐路に立つ日本の財政」http://j.mp/TYKOLTD / Yahoo!ニュース個人「経済財政の核心に迫る」http://j.mp/Ytdoi