土居 丈朗(慶應義塾大学経済学部教授)

東京財団政策研究所主席研究員を兼務。近著『入門|財政学』日本評論社刊/ 東洋経済ONLINE「岐路に立つ日本の財政」http://j.mp/TYKOLTD / Yahoo!ニュース個人「経済財政の核心に迫る」http://j.mp/Ytdoi
    • 東洋経済ONLINE「岐路に立つ日本の財政」

      • 58本

      財政問題では気鋭の専門家である、慶應義塾大学経済学部教授の土居丈朗氏による、東洋経済ONLINEでの連載(隔週月曜朝)。 http://j.mp/TYKOLTD

2022年度予算案はどうなるか。岸田政権の財政運営を占う3つの焦点とは。

2022年度予算政府案を、12月24日に閣議決定を目指している岸田文雄内閣。 2022年度当初予算案での焦点は何か。それは3つある。 まずは予算規模である。当初予算での一般…

〈経済論壇から〉気候変動対策の行方は 賃金はなぜ上がらないか/新型コロナ第6波に備え

日本経済新聞朝刊に、毎月最終土曜日(12月のみその前週)の読書欄にて連載している拙評「経済論壇から」。12月の経済論壇で取り上げられた論考の中から、興味深いものを3…

2021年度はコロナ禍でも税収が過去最高に。それでも、プライマリーバランス黒字化目標を凍結するか

11月26日に、2021年度補正予算案を閣議決定した。11月19日に取りまとめた「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」を踏まえ、 一般会計の歳出が35兆9895億円となり、202…

〈経済論壇から〉成長のために何が必要か 医療と経済の両立を模索/デジタル時代の税と行政

日本経済新聞朝刊に、毎月最終土曜日の読書欄にて連載している拙評「経済論壇から」。11月の経済論壇で取り上げられた論考の中から、興味深いものを3つのテーマに絞ってご…

自民党総裁選の討論会から、現時点での政策論議についてコメント

自民党総裁選挙が、9月17日に告示され、河野太郎氏、岸田文雄氏、高市早苗氏、野田聖子氏の4候補者による立会演説会と記者会見、そして18日には討論会が行われた。 総裁…

自民党新総裁は、経済対策で活路が開けるか

自民党総裁選挙で注目を集めそうな追加の経済対策。9月29日の投開票までにどのような政策論議が行われるか。 2020年度から約30兆円もの予算が繰り越されて残っている中…