安藤 健/Takeshi Ando

早大理工、阪大保健の教員経て、パナソニックロボ推進室総括。ヒトと機械の関係、Well-beingに興味有。AugLabリーダhttps://bit.ly/2YojcP1、福祉工学協議会事務局長、DIGITAL X連載中 https://bit.ly/2BFzx80。個人の意見です

自慢のメンバー達とWell-beingについて考えることが大事なのかもしれない

4回に渡る「Well-being×Technology」に関するオンラインセミナーが終わりました。事前登録2500名という多くの方に興味を持っていただけたこと、そしてそんなイベントの準…

技術とロボットの特異点から見るヒトと技術と社会の関係

先日のWebセミナー「2030年テクノロジーと生きる私たちのWell-being」のアーカイブが公開されたとのことです。90分と長めですが、良ければ是非。 今回はこのセミナーでも…

「利他」と「するのサポート」でコミュニティ型のWell-beingを。

前回記事で紹介させてもらった「2030年 テクノロジーと生きる私たちのWell-being」という4回シリーズのWEBセミナーの第1回が終わりました。 もう少し具体例を混ぜた意見…

Well-being×テクノロジーの渾身のパネルを4回やります!

完全に告知になりますがリーダを務めさせて貰っている「Aug Lab」において、「2030年 テクノロジーと生きるわたしたちのWell-being」をテーマに4回に渡り、ウェブセミナー…

プロジェクトを作るときに意識する入口3Pと出口3P

最近、『何考えて仕事してるんですか?』と聞かれることが増えてきた。私が考えているのは、「周りのメンバーや自分が面白く仕事ができているのか?」「そのためにはどうし…

偏愛と結び付いた圧倒的当事者意識でWell-beingに向けた研究テーマを探す

テクノロジーを使ってヒトのスキルや感性を引き出し、拡張することでWell-beingに貢献することを目指している「Aug Lab」では、アイデア創出を目的としたワークショップを…