卓球研究家 星名勇太

twitterでは収まらない、卓球に関する僕の考えを書いていきます。 =卓球×(数学+歴史+哲学) インターハイ出場→早稲田大学卓球部→お笑い芸人→現在【コナミ卓球スクール西葛西店コーチ】。 卓球歴22年。 バック粒カットマン。
固定された記事

9-11,9-11,9-11のストレート負けがいかに惜しくないか、計算してみた。【卓球のための数学】

格上の選手と試合をするときに 9-11 9-11 9-11 のように、「ストレート負けではあるけれど、点数的には悪くない」ことってありますよね。 こういう試合をすると 「結構…

好調や不調に原因はありません。たまたまです。│ダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』を卓球にフル活用しよう!⑧

私たちは原因追究思考が大好きなので、実際にまったくでたらめに起きたことのランダム性を評価するときに、重大なミスを犯しやすい。 【第10章 少数の法則】 〜統計に関す…

試合では、出だしでいきなり本気を出すべきだということが分かりました。│ダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』を卓球に…

証拠が徐々に積み重なっていくようなケースでは、第一印象で抱いた感情で解釈が左右されやすい。 【第7章 結論に飛びつくマシン】 〜自分が見たものがすべて〜 人間は、…

驚いたときは、卓球の成長チャンスです。│ダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』を卓球にフル活用しよう!⑥

驚くという能力は私たちの心の活動では重要な要素であり、驚き自体が、自分の世界をどう理解し何を予想しているかを端的に表す。 【第6章 基準、驚き、因果関係】 〜シス…

ポジティブなときは考えない方が、ネガティブなときは考えた方が、上手くいきます。│ダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー…

実験者は、正確性を表す指標として「直感指数」を計算した。すると、検査前に楽しいことを考えてもらった被験者は、指数が二倍も向上した。さらに衝撃的なのは、悲しいこと…

言葉や仕草で、相手の意識は操作できます。│ダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』を卓球にフル活用しよう!④

たとえば、「食べる」という単語を見たり聞いたりした後は、単語の穴埋め問題で“SO□P”と出されたときに、SOAP(石けん)よりSOUP(スープ)と答える確率が高まる。言うまで…