武井 宗道

茶の湯の魅力に取り憑かれ、大学を中退し武家茶道の宗家に内弟子入門。2年後に卒業し、その1年後に独立。 流派からも離れ、ただいま1人でお茶を点てています。 茶の湯の原点を調べながら、現代ではどんな喫茶ができるかを日々考え中。 https://www.sototakei.com/

武井 宗道

茶の湯の魅力に取り憑かれ、大学を中退し武家茶道の宗家に内弟子入門。2年後に卒業し、その1年後に独立。 流派からも離れ、ただいま1人でお茶を点てています。 茶の湯の原点を調べながら、現代ではどんな喫茶ができるかを日々考え中。 https://www.sototakei.com/

    最近の記事

    固定された記事

    すべての人へ捧ぐ 喫茶のすゝめ

     武家茶道宗家の内弟子を経験し、独立して個人で茶の活動をして7年が経つ。それまで幾つも難所があったし、今そこから脱出できているかというと、未だに道は暗い。しかし、夜の真っ黒な海へ突き落とされても、どうしてもやめられなかった茶の湯。それは、他に何にもできない故に、茶をやるしかなかったのだ。  だから、伝統文化の継承や、茶道文化の伝播などは全く目的としては持っていない。そのような、よくある文化的、歴史的責任はどうでも良くて、「もしあなたの人生に茶があったら、ささやかな幸せが、ほん

    スキ
    30
      • お茶とは、私です

         茶の湯とはいったい何か、という問いを受けた遠州茶道宗家十二世家元紅心宗匠は、「お茶とは私です」とお答えになりました。私はその言葉を聞いたとき、遥か遠くの境きに達した存在にのみ許される発言に感じました。  紅心宗匠は、小堀遠州を祖とする遠州茶道宗家にお生まれになり、かの世界を巻き込んだ大戦では学徒出陣され、戦後はシベリアに抑留された過去をお持ちの方です。家元を継ぐ際には号外が出るほどに世間を賑わせ、その決意並々ならぬもので、最期まで遠州流の発展につとめられました。 
 今でも

        スキ
        37
        • みよみよの会発足〜流派に属さない自由な学び場〜

          ●みよみよの会をはじめます みよみよの会は、武井 宗道主催の「自由に茶の湯を学ぶ場所」です。 流派に属せず、点前以外のことをたくさん学ぶことができます。 経験、未経験の有無を問わずに、誰もが等しく楽しみながら茶の湯の魅力に気づいて頂けたらという思いです。  免状も、許状も、ややこしいしきたり(暗黙の了解、暗黙知)も特にありません。  流派や団体などを主とするのではなく、「自分自身」と「自分の大切な相手」を最も重んずることが最低限のルール。  互いを尊重しながら、ぜひ茶の湯を楽

          スキ
          7
          • 利休を考える〜どんな人間だったのか〜

             個人的な七月のテーマは千利休についてでした。  私はもともと遠州流に属し、小堀遠州が最も優れた人であるという通奏低音中で茶を学んだので、これまであまり利休について触れることはありませんでした。茶をされていない方にとっては意外かもしれませんが、茶道の流派はそれぞれの流祖を崇めるので、利休が革命児であり、茶の湯制定の起源であることは知りながらも、千家じゃない限り、なかなか知る機会がないのです。  今回は、10冊ほどの千利休関連の書籍を読みながら思ったことをつらつら書きます。

            スキ
            26
            • お茶とは、私です

              スキ
              37
              11か月前
              • みよみよの会発足〜流派に属さない自由な学び場〜

                スキ
                7
                • 利休を考える〜どんな人間だったのか〜

                  スキ
                  26
                  • 最近、気になる人 「利休」

                     最近、専ら利休のことを調べています。何故かというと、茶の湯に対する確固たる概念が消えつつあるからです。もともとこの世界に入ったのも、茶の湯や茶人というものに憧れていたわけではなく、美味しいものを如何にして共有するか、という思いからでした。内弟子生活をすることで「茶道とはこのようなものだ」という規格化されたイメージを身につけることができましたが、既に茶の道から外れて7年。本来は活動の寄り辺となるはずの「べき論」がなくなりました。残ったものは、元々あった食を摂取する方法への興味

                    スキ
                    18
                    • 七夕について〜飾る、食べる〜

                       本日は七夕。  「しちせき」と読みますが、日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と相まって、「たなばた」と今では呼ばれています。  七夕といえば、織女と牽牛。中国からきた星合と、乞巧奠という筆や裁縫などの技芸上達の行事が合わさって、奈良時代に日本に伝わったとされています。  五節句の一つで、陽数(奇数)が重なる日に邪気を払う行事でもあり、現在、天候不順の災害や、コロナなどの病災が訪れている日本にとっては、まさに効果を発揮する日だと言えます。  七月は、ちょうど一年の半分、夏

                      スキ
                      4
                      • 病苦の歴史 茶の湯を省みる

                         今回のコロナ禍の影響で、茶の湯の活動が非常に限定的、制約的になるのではないかという不安な日々を過ごしておりました。しかし、そもそも日本の歴史の中で、今回のような病苦に悩まされていない時代はなかったのではないかと思い、酒井シヅ著の『病が語る日本史』を手にとりました。  すると、見えてきたのは、古代から発生していた伝染病の数々。奈良時代の天然痘に始まり、マラリア、住血吸虫、ツツガ虫病、トラコーマ、風邪、インフルエンザ、コレラ、梅毒、赤痢、麻疹、結核、ペスト、スペイン風邪、最近

                        スキ
                        11
                        • 茶湯式タイムカプセル

                           茶の湯の醍醐味といえば、ずっと客人を待ち続けることが第一と言えます。  いつか、あの人を招いて、これを出そうかなあ、と妄想に妄想を重ねるときが、本当に楽しいのです。そして、絶えず、そのときのために、タイムカプセルの準備をしております。  今回は、いつか来る客人のために用意している、いくつかの秘密を載せたいと思います。 ①ジンジャービアー   ジンジャービアーは、生姜と糖分を発酵させて作るイギリスの飲み物です。ジンジャエールの原型とされています。 ビアーと名がつきますが、

                          スキ
                          13
                          • 茶人に茶道コンテンツを作ってもらう方法

                             前回のnote「企業に苦しむ個人活動家(茶の湯)の願い」の反響が普段の数倍ありました。私は人付き合いが本当に苦手であるため、毎度起こる問題の原因のほとんどは私の未熟さにあると思っていました。しかし、皆様も同じ経験があったとお寄せ頂けたことに、少しホッとしております。  しかし、「あいつらどうせわかんねえよ」と、一方的に企業の担当者を責めていても仕方がないので、もし茶道を知らない担当者が、文化人、特に茶道に関わる人と仕事を共にするときに、このように言ってくれたらやりやすいよ、

                            スキ
                            14
                            • 企業に苦しむ個人活動家(茶の湯)の願い

                               私は無名の茶の湯者(社会的には茶人と書かれることが多い)でありますが、これまで6年間活動してきて、世間一般で知られる企業や出版社から仕事の依頼を受けてきました。  しかし、私の性格ゆえなのか、ほとんどがうまくいった試しがありません(個人同士であればうまくいくことがほとんどです)。特に大企業であるほど、その担当者との齟齬に苦しみ、悩みました。どうしてうまく噛み合わないのか、毎回自問自答して煩悶しますが、未だ解決策は見えません。  今回とあることがきっかけで、今後はもう企業から

                              スキ
                              40
                              • 点前の変遷と理想

                                 点前。点法という流派もある。お点前。お点法。  茶道の稽古に通えば、まず始めに学ぶ身体の動きが、客の前で湯を点ずる方法「お点前」だ。  茶道には、歴史、思想、道具、料理、香、花、建築、など多くの要素があるが、そのような言語化された知識ではなく、非言語化された知識を点前から学ぶ。薄茶の平点前ができる頃には、ひとつひとつの動きが茶席の進行を秩序付ける拍子木の役割を担っていることも、ある程度は理解し始め(点法者がある動きをすると、客人がある動きをする)、たしかに理にかなったものだ

                                スキ
                                11
                                • 茶の湯的宇宙速度を考える 〜守破離見立て〜

                                  人工衛星はなぜ落ちてこないの? 子供からの素朴な疑問から始まる伊丹十三のエッセイ『問い詰められたパパとママの本』を読む。思想的、文学的なものかと思いきや、科学的論拠がキチンと書かれていて、なるほどとうなずいてしまう。  その中に「人工衛星はなぜ落ちてこないの?」という問いが出てくる。 伊丹十三氏の答え 問いに対する氏の答えを結論から言うと、「人工衛星は常に落ち続けている」ということである。例えば、ボールを水平に投げた時、地球の引力の影響を受けなければ、そのまま宇宙の果てまで

                                  スキ
                                  11
                                  • 紫陽花のこと 〜シーボルトの恋情、そして怒れる牧野富太郎〜

                                     紫陽花の花が盛りを迎えている。家の近くの道端には、紫色と藍色の掛け合わせが咲いていた。  紫陽花は、古くから日本人に愛されてきた。味狭藍、集真藍、四葩、七変化、手毬花など多くの名を持つこともその証拠だろう。梅雨に濡れて、さらに美しさを増す。  文化史を紐解けば、この花の神秘性についていくらでも話したいことはあるが、今回は紫陽花に関連したシーボルトと牧野富太郎について。どちらも日本の植物学上、避けては通れぬ人物であるが、この紫陽花をきっかけとして牧野はシーボルトへの怒りを炸

                                    スキ
                                    15
                                    • 雷と茶の湯 〜ロジックによるロジック破綻〜

                                       我々は茶会に行って何を見るか。亭主を物語る茶席には、庭の草木、茶室、料理、道具、抹茶など、多くの要素が散りばめられている。頭の中の会記の空欄に、進行に準じて、それらをポコポコ入れていく。物語は寄付(茶室に入る前の客人のための待合)の掛け軸で予想づけられることもあれば、最後の最後でどんでん返しがあったりと、まるでひとつの映画を見ているようだ。茶事という緻密に計算し尽くされた全自動的体験は、非常に心地よい。  そこで、我々は見る。そこに集う亭主や客人の経験や知識の差異を。つまり

                                      スキ
                                      12
                                      • ドクダミを香煎にしてみた

                                         茶事のとき、茶会のとき、寄付(客人が最初に入る待合のこと)に用意されている香煎が好きだ。温かな湯と、香りで張り詰めた場の空気も体も、優しく緩めてくれる。  香煎というのは、煎じて香る湯のことだ。あられ香煎、しそ香煎など様々あるが、亭主の工夫次第でその種類は様々。  茶の湯は基本的に冬が本番なので、寒い中来てくださった客人たちに、まずは暖を取ってもらおうと、お湯と香煎が用意されている。亭主に会う前に、まずは客同士で、外から来て高まった気持ちを温かな香煎で落ち着かせる。  そ

                                        スキ
                                        7
                                        • 無能であれ〜山上宗二記〜

                                           利休当時の茶の湯を知るべく、茶書をいろいろと読んだが、最も刺激的なものの一つが『山上宗二記』だった。  山上宗二の人生を鑑みると、この書は、秀吉に追放され逃れた地にて、それまで溜まりに溜まった思いを一気に放出させるために書かれたという一面を見る。もちろん、純粋な「数寄」への希求心も感じられるが、それ以上に自身の茶の湯が最後まで天下に認められなかったことへの憤怒や不満もそこに感じられる。前半に記された名物道具の再評価などにも、その想いが大いに表れている。  私はこの書が好き

                                          スキ
                                          9